スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液内科の診療

1月26日(水)
検査結果
 IgM    6738(1/26)←4916(1/19)←3618(1/5)←3498(12/22) 
 IgG     458←518←441←512←538
 総蛋白   9.8←9.2←8.1←8.2 
 白血球  2700←3400(1/19)←2800(1/12)←2000(1/5)
 好中球  1940←1120←800←440
 血小板  7.6←6.7←3.7←6.5
 赤血球  276←299←273←297
 ヘモグロビン 9.2←9.8←8.9←9.6
 網赤血球  19←7←6←5←10


驚くべき数字だ。6738なんという数字だろう。もはやどのような言葉を使っても納得する理由は見つからない。サイトメガロウイルスとの関係でレナリドミドと最も有効な併用療法であるデキサメタゾンを使ってこなかったし、好中球の減少があったのでレナリドミド5カプセルを3カプセルにしていた。

しかしついに踏み切って先週の木曜日からデキサメタゾン1日40mgを4日間服用したがそれが全く奏効せず、2週間でIgMが2000近くも増加してしまった。血球との兼ね合いで薬を調節して行う通院治療では限界に来ているのではないか。

レナリドミド+デキサメタゾンの治療に関しても容量を増やせば、好中球は減少するだろうし、ステロイドの副作用も生じてくるだろう。どちらにしても、どのような治療を選択するにしても入院して治療した方がはるかに選択肢は増えてくる。副作用が強く入院治療でしか出来ないといわれたシスプラチンも候補に入れる事が出来る。提案されたのは以下の通り。

1、レナリドミド(15mg21日)+大容量デキサメタゾン(40mg1~4日、9~12日、17~20日)
2、レナリドミド(15mg21日)+MP(メルファラン+プレドニン)
3、VAD療法(ビンクリスチン+アドレアシン+デキサメタゾン)
4、レナリドミド+ボルテゾミブ(ベルケイド)
5、レナリドミド+ボルテゾミブ+シスプラチン+デキサメタゾン

入院治療であれば、1日おきに血液検査をして、白血球、赤血球、血小板の状態がわかり減少すれば、毎日でもG-CSFの注射をする事ができるし必要になれば輸血も可能だ。好中球が減少している状態で注射のため毎日のように病院通いをしていたならそちらの方が感染の恐れがある。

今日病院には10時に着いた。まず眼科で待たされた。さらに何故かIgMの値が出てくるのに2時間近くかかった。それから外来治療センターのベットが空くのを待つのに1時間、点滴に1時間、結局病院を出たのが16時になってしまった。予定していた散歩コースには行けなくなってしまった。

結局入院を決めた。ただベッドの空きを待つのでいつ入院できるかは分らない。診療が終ってから、デキサメタゾン40mgの点滴静注を1時間かけて行なった。デキサメタゾンは日曜日に服用が終ったばかりなので、まだ4日たっていなかったが何故かやることになった。そしてさらに錠剤でレナデックス(デキサメタゾン)4mgを4日間(1日40mg)処方された。少し多すぎるのではないかと思うが。

入院しても外出はかなり自由に出来るという。1月末から2月にかけて小学校の授業が幾つか入っている。医者はそれは外出で対応すればいいと言っていた。かって好中球が270だった時も平気で外を歩いていた位だから大丈夫だろう。ベルケイドでの入院の時のように気楽に周辺散策を今度はもう少し足を伸ばして楽しもうかと考えている。そうでも思わないと、薬が効かない事のみに神経が集中し、精神的にいいことはない。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。