スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ職場にいた友人宅訪問

4月21日(木)
 昨日は血液内科の診療はかなり早かった。9時15分頃採血をして、9時半に口腔外科の診療を受け、10時半に血液内科の診療を受けることが出来た。診療が終るとすぐ外来治療センターに呼ばれベッドに案内された。

点滴薬は15分位で届いた。医者も結構早く来てくれて、点滴は11時半に始まり12時には終った。その後会計をし、薬を受けとって12時過ぎには病院を出られた。同じ事をやっても前回は15時近くまでかかった。同じ水曜日なのにかなり混む日とそうでない日があるのは不思議なものだ。

時間が早かったが帯状疱疹神経痛の痛みがあったので、どこかを回るという気分ではなかった。同じ職場で働いていた同僚が昨年4月定年退職している。家にいるかもしれないと思い電話してみた。運よくいたので訪ねてみる事にした。その前に駅の近くで昼食をとった。食後に医者から処方された帯状疱疹神経痛の薬リリカを飲んだ。どれ程の効果があるのか期待がふくらむ。

 元の職場の同僚のH氏とは入社時期もほぼ同じで35~6年同じ会社で働いていた。その内H氏が営業社員として7,8年浜町の本社勤めをしていた時期を除いて、流通センター業務を一緒に担ってきた間柄であった。

彼は40歳位の時から腰痛を患うようになった。仕事の関係でどうしても重いものを持ったりしなければならないので腰を痛めやすい。腰痛という持病を抱えながら仕事をこなすというのはかなり辛いことだったろう。腰痛の悪化で職場を休む事も何度かあった。1ケ月位入院していた事もあった。

私が入院すると聞いて見舞いに行くつもりだったが持病の腰痛が悪化して医者だけにはどうにか通っていたが、それ以外外出できるような状態ではなかった。そういったことで見舞いにこれなったので、退院したらこちらから訪ねると言っておいたのだ。その約束を果たすのに天気も穏やかだし、時間的にも訪問するのに丁度いい。

 彼の家は西日暮里から千代田線に乗れば30分位で着く。駅前のスーパーで飲み物とつまみを買って訪問した。昼間から飲みながら四方山話をするといういつものパターンだ。H氏は昨年4月に退職して、半年間失業保険をもらっていた。その時に職安で仕事を探したが、紹介された仕事の多くが肉体労働でどうしても腰を使わざるを得ないので無理だと判断し、事務仕事を探したが中々見つからなかった。

結局働く事をあきらめて私と同じように悠々自適の生活をしているというわけだ。今は年金の報酬比例部分を受けとって生活している。貯金もあるし、マンションのローンは既に払い終えているので、どうにかそれで生活することが出来るそうだ。

腰痛の根治を目指して様々な病院に行ったが、年齢的に手術をしてもそれ程効果が見られない、対処療法しかないと言われた。病名は腰部脊柱管狭窄症で、「神経根が圧迫されるタイプ」などで、症状の軽い場合は、「姿勢の改善」「運動」を心がけ、痛みがある場合は、「安静」を心がけながら、下記の保存療法を中心に治療を進める。

薬物療法(非ステロイド性消炎鎮痛薬や内服薬、貼付薬、塗り薬)、理学療法(温熱療法、超音波療法)、装具療法(腰部コルセットを装着)、神経ブロック(血流改善、炎症を鎮める「局所麻酔薬」を注射)

 H氏は、こういった療法を使いながら腰痛に対処している。また彼は10年ほど前、引越しの最中つまずいて顔面を床に打ちつけ、その時首をかなり強く捻ったようだ。鞭打症の状態だ。頚椎の神経が麻痺し全身の神経が機能せず体が全く動かない。声も出せない。

倒れた場所が玄関で、入口の扉が開いていたので、通りがかった人が救急車を呼んでくれて病院に運ばれた。その後頚椎の手術をした。その手術は成功し体の何処にも痺れなどの後遺症が残ることはなかった。このアクシデントで彼は2ケ月職場を休まざるを得なかった。

H氏は思わぬ所で思わぬ事故に遭遇した。また持病を抱えて思い通りの仕事が出来ない。私も持病を抱えているといえば言えなくもない。似たもの同士という訳だ。飲みながらの話はまずはお互いの病気の状態の報告からだ。その後はどうしても原発事故の話になってしまう。原発の問題点と原発事故に対する東電の対応に対する批判を互いに言い合うことになった。2時間ばかり話をしたので帰る事になった。

 気がつくと大分前から帯状疱疹神経痛の痛みは全く感じられなくなっていた。リリカという鎮痛剤がかくも神経痛の痛みに効果的だとは信じられないことだ。普通の鎮痛剤は大体痛みが和らぐことはあっても全くなくなることはない。しかしリリカは全く痛みを感じなくなる程の効果を発揮しているのだ。このような鎮痛剤を経験したことがない。リリカは薬を飲んでから徐々に効き始め2時間位で全く痛みを感じなくなる程の効果的な薬なのだ。

リリカ75mgを朝晩服用しているが、20日の15時頃H氏の家で帯状疱疹神経痛の痛みが消えて以降、一切痛みを感じることがない状態が続いている。痛みがないというのはどんなに解放された気分であるのか。体の消耗感もなくなり、痛みがひどい時にはすぐ横になりたくなったが、そういった事もなくなった。痛みは消耗感をも生み出していくものなのだ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

♪若葉が街に 急に萌えだした

東京でも多摩森林科学園のサクラ保存林は,5月上旬まで見ごろ。
http://www.ffpri-tmk.affrc.go.jp/index.htm

 東京市街地のソメイヨシノは散ってしまいましたが,葉桜もいいものです。弊ブログも,デザインを若葉に変えました。
 リリカ奏効おめでとうございます。MM患者ブログではよく目にしていたのですが,どんなものか知らなかった。
 リスキーですが同種移植の可能性は,…たぶん検討したのでしょうね。

同種移植

急に街に緑が増え始めたという感じです。公園の木々は葉を付け始め枯れ木は姿を消していきました。ハナミズキが白とピンクの花をつけ春らしさを強調しています。濃いピンクの八重桜が咲いています。花の見所は至る所に登場し始めました。

同種移植に関しては、かってタンデム移植をした時に、2回目の移植を同種移植でやったらどうかといった意見が出て、とりあえず妹と弟の血液型を調べた所、HLA型が不一致だったので自家移植にしたわけです。

バンクからの完全な他人からの移植はGVHDなどの副作用によって体にかなりの負担をかけることになり、年齢的にも難しいかもしれません。またフル移植で使用する大量抗がん剤が、どういった影響を体に与えるか想像できません。そういった意味で同種移植については踏み切ることが出来ません。

可能性としてはミニ移植としてやるという方法もあります。それも考慮に入れてこれからの治療について考えて見たいと思います。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。