スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島旅行

6月2日(木)
今日の夜八丈島行きの船に乗る。東海汽船「さるびあ丸」で、竹芝桟橋22時20分発、八丈島9時20分着という便だ。もっとも船は1日この一便しかない。帰りは6月6日八丈島17時20分発、18時15分羽田着ANA830便ということが決まっている。さるびあ丸に乗船しての八丈島までの料金が8580円なのだが、ネット予約で値引きされたのかどうか分からないが2000円安くなっていた。

5月13日にY氏の所に打ち合わせにいった時に、飛行機の運賃表を見てみたら特割というのがあって4000円安くなっていたので、まだスケジュールもはっきり決まっていなかったが帰りの便だけ早々と予約をした。船だと12時間、飛行機だと55分、随分違うものだ。しかし時間があれば船旅というのはむしろ豪華なものといえる。豪華客船によるクルーズは金持ちの贅沢な旅行として知られている。連れのY氏が船旅が大好きという趣味の持ち主で往復船で行きたいと言っている位だ。

梅雨に入って八丈島は滞在期間中曇りか雨だろう。そこで泊まる民宿を八丈富士の周辺の町三根ではなく、三原山の方の中之郷にした。ここには温泉が3ケ所あり、足湯も海岸沿いにある。また見晴らしの湯のある末吉まで行き易い。観光協会の案内の中之郷には民宿が3軒載っていた。ガーデン荘という民宿にはホームページがあり内容が分かったのでそこにした。

八丈島は観光協会を通して民宿に予約をする事になっている。予約の時、宿泊費は八丈島の底土港の船着場の観光協会に支払うというシステムになってると言われた。料金を支払うと宿泊券を渡されそれを持って民宿に行くということらしい。民宿からの迎えは手配したということだ。直接民宿と話をすればよさそうなものなのだが、何故観光協会が仲介するのだろうか。

とりあえず2泊は予約して、後1泊は何処に行くか現地で決めようということにした。八丈島に行くことは決まっているがまだ行ってから何処を訪ねたり、見たり、散策したりするかは決めていない。行きの船の中でゆっくりと考えてスケジュールを立てていこうと思う。

ph01_convert_20110602115133.jpg 八丈富士方面

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

八丈島からお帰りなさい

今日までの八丈島、楽しめましたでしょうか?
お疲れ様です。まずはゆっくりお体をやすませて・・・お土産話しを楽しみとしております。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。