スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武ゆり園

7月6日(水)
病院を出たのが13時、今日は血液内科の診療とベルケイド+デキサメタゾンの30分の点滴だったので比較的早く終った。西武球場に隣接する西武ゆり園に行ってみたかったが、なかなか機会がなかった。朝から行こうと思って外の様子を伺うと、9時ごろでも既に30度を超えていてじりじりと太陽が肌に突き刺ささるように照り付けている。その炎天下の中に踏み出していく気力はなかった。

外に出たついでにその勢いで何処かに行く外ない。昼過ぎでまだ時間があるし、外は曇りで涼しい風が吹いている。池袋から西武球場前までは飯能行きの急行を利用すれば40分位でいける。

西武球場では今日は試合のある日なのだろう。14時過ぎだというのに西武球場前駅ではかなりの人が降りて西武ドームの中に入っていく。試合前に何かイベントでもあるのだろう。係員が入場者に色々指示している。ゆり園の方に行く乗客は誰もいなかった。

ゆり園は6月半ばが一番の見頃だという。すかしゆりが満開でよく写真で紹介されている風景が見られるのはその頃で、ゆり園のホームページにあるパノラマ写真もその時期に撮ったという。しかしハイブリッドの咲く時期もまた別の情景を楽しむことが出来る。

西武ゆり園: 西武池袋線「西武球場前」駅から徒歩3分、狭山丘陵の林間2万㎡の斜面に、すかし百合種とハイブリッド種の50品種、約40万株が植栽されていて、6月上旬から7月上旬にかけて、黄桃赤白橙とカラフルな色の花が咲き乱れる。森林浴と散策も楽しめる。

すかしゆりの時期が終わりになる頃、6月半ばから7月上旬にハイブリット系の花が咲き始める。今の時期咲き変わるすかしとハイブリッドのグラデーションを楽しめる。

早咲き「すかしゆり」が見頃を過ぎ、五色の丘はハイブリッドに咲き替わってきている。遅咲き「ハイブリッド」は見頃で白・黄色・ピンクと様々な色が開花し、園内は花の芳香に包まれている。とゆり園の開花情報にあった。

西武球場駅から陸橋を渡ってすぐにゆり園に着く。閑散とした雰囲気だ。すかしゆりがピークを終え、平日だということで見物客は少ない。入場料1000円を払って中に入る。二つのコースに分かれている。山口観音の八角五重塔が遠くかいま見える。

らくらく観賞コース(約100m)-お体の不自由な方や高齢の方にも、咲き誇るゆりを一望いただけるゆるやかなコース。自然散策コース(園内一周約1000m)-森林浴を楽しみながらゆりを観賞できる。

自然散策コース入口
西武ゆり園080_convert_20110706221458  西武ゆり園083ed_convert_20110706221419

西武ゆり園006_convert_20110706220406  西武ゆり園029_convert_20110706230806

自然散策コースを進んで行く。ゆり園に入るとゆりの強い芳香が当たり一面を覆っている。すかしゆりはまだかなり残っているが、ハイブリト系に入れ替わってきている。ハイブリット系は色彩的には白、ピンク、黄色と穏やかな色が主流でゆり園全体が落ち着いた雰囲気に包まれている感じだ。すかしゆり系の朱色や濃いピンクを中心とした派手で華やかで豪華な雰囲気とはかなり違っているだろう。

ハイブリッド種(イエローウイン、アルマータ、ロンバルディア、アカプルコ、ゾゴラほか)は黄、桃赤、白、橙とカラフルな色と芳醇な香りに満ちあふれた癒しの空間を作り上げる、とパンフレットにあったが、まだかなり咲いているすかしとハイブリット系のコンビネーションはなかなか見所があった。

ハブリット種が見頃

西武ゆり園025_convert_20110706220630

西武ゆり園027_convert_20110706220702

西武ゆり園003_convert_20110706220304  西武ゆり園013_convert_20110706220438  

ゆり園の花々
西武ゆり園009_convert_20110706215727  西武ゆり園011_convert_20110707104539
 ソルボンヌ                          イエローウィン

西武ゆり園017_convert_20110706215810  西武ゆり園030_convert_20110706220120
 アカプルコ                          ゾゴラ

西武ゆり園044_convert_20110706220206  西武ゆり園059_convert_20110706220032
 アルマータ                          アマロネ       

すかし: 花は上向き(受け咲き)、芳香はなし。茶碗型で、花びらと花びらの間に隙間があり、透かして背景が見えるところから「すかしゆり(透かし百合)」と呼ばれている。下向きで咲くユリが多い中、この系統は上向きで咲く。

ハイブリッド: 下向きに咲き、素晴らしい芳香があるやまゆり系はオリエンタル・ハイブリッドと呼ばれている。日本固有のヤマユリ、カノコユリ、オトメユリ、ササユリ、タモトユリなどが交配されて作られた種類で、大きな花を咲かせるカサブランカなどが知られている。

黄色の協演
西武ゆり園061_convert_20110706221129

西武ゆり園066_convert_20110706221254

西武ゆり園047_convert_20110706220937  西武ゆり園055_convert_20110706221035

西武ゆり園063_convert_20110706221231  西武ゆり園073_convert_20110706221336

1時間ばかりかけて自然散策コースを回る、園内を1周したという感じだ。西武ドームの見える休憩場でしばらく休んだ。この休憩所から見える斜面には6月半ばにはすかしゆりが満開に咲き一面花で覆われていたのだろう。盛りは過ぎたがまだかなり花はあった。多分デキサメタゾンを点滴注射したので体調がいいのだろう。1時間ばかり歩いても全く疲労感はなかった。

ドーム方面斜面
西武ゆり園090_convert_20110706230408

西武ゆり園092_convert_20110706230440

西武ゆり園089_convert_20110706221724  西武ゆり園036_convert_20110706220731

入口ではゆりの鉢植えが売られている。一鉢2200円だが安いのか高いのかゆりは買ったことがないので見当がつかない。西武球場前駅に戻った。16時を過ぎていたので野球観戦の観客が改札口からぞろぞろと出てくる。改札口の前にはチアガールが3,4人立っていた。何をしようとしているのか分からないが、確かめないでそのまま改札口に向った。
(参考資料:西武ゆり園HP) 

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「すかしゆり」って、そういう意味だったんですか!

あまりに花色が多くてびっくりしました。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。