スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももの木交流会

8月27日(土)
定例の交流会が番町教会で行われた。毎回新しいメンバーが参加してくれる。いつものように各人が自己紹介を行なってから、参加者同士自由にお喋りする。

 自由討論の前に、イベントなどの紹介が行なわれた。運動部からは、日産スタジアム・小机フィールド(JR横浜線小机駅下車徒歩5分)で行なわれるリレーフォーライフ新横浜2011の参加呼びかけが行なわれた。

時間は9月10日(土)12時から、9月11日(日)の11時30分まで行われておりその間何時でも参加できる。開催中の行ける時間に「ももの木」の横断幕のあるテントに行けば「ももの木」メンバーが指示してくれる。体調に合わせてフィールドを歩いて、グループ参加者全員で何周回ったかをカウントする。

新横浜で行なわれているリレーフォーライフは、3年前はかなりの人で賑わっていたが、東京ではお台場で行なわれるようになり、埼玉や千葉でも開催されるようになって、新横浜への参加者が去年から大幅に減少した。そういったことでこぞって参加しようと訴えかけた。

 「いのちの授業」担当者からは、10月毎週行なわれる小学校での授業についての紹介があった。10月6(木)又は7日(金)荒川区立第六日暮里小学校、10月15日(土)足立区立渕江小学校、10月23日(日)江東区立第六砂町小学校の3校の予定が入っている。また荒川区立瑞光小学校から5年生3クラス 6年生3クラスの授業の依頼があり、11月19日の予定となっている。

最近若い話し手が何人か育ってきている。ただ皆仕事を抱えているので土日は参加可能だが平日は難しい。今回は15日と23日での話し手は若い人の中から選ぶことが出来るだろう。私に関して言えばベンダムスチンによる入院がいつになるか分からないので到底引き受けられない。授業当日入院しておらず、体調がよければ手伝いとして参加できるが話し手としては無理だ。

 ネクサスのメンバーからは来週日曜日、定例の茶話会ががんセンターの19階で行なわれる。その前に一緒に食事をしようと有志が提案し、11時30分銀座3丁目の「ひびき」で食事をする事になっている。今ネクサスの会員は1600人になっているそうだ。少し前、1000人を超えたという話を聞いたばかりなのにすごいものだ。

 自由討論で話題の中心になったのは、血液が増えてしまうという珍しい病気の人の悩みの相談といった内容だった。しばらく前に脳梗塞になり、これはたいしたことがなく済んだが、それ以降血液の増殖を抑えるために抗がん剤を服用する事になった。この薬はかなり効果的で、今まで黒ずんでいた皮膚も元に戻り体調も良くなって来た。しかし一生薬を飲み続けなければいけないといったことが精神的にかなり負担である。また医者との関係もあまりよくない。

何でも悩んでいる時に一番重要なのは、その悩みを聞いてくれる人がいるかどうかなのだ。それも病気であるという事がどういったプレッシャーを本人に与えているかを理解できる人でなければならない。彼女は家族には心配かけまいと自分の悩みについては話してはいない。患者会はそういった意味で同じような悩みを潜ってきた人ばかりだ。相談相手としては最も適している。自分の体験を語りどのように悩みを解決してきたかを話せばいいだけだ。

もちろん解決方向は人によって違うが、大きなヒントを与えることが出来るのは間違いないだろう。何人かが、自分の体験を踏まえて彼女にアドバスをした。彼女がそれをどう受け止め、自分の悩みの解決に役立ててくれるかどうか分からないが、病気は違っても現患者や患者経験者の悩みや苦労を知るということは、自分の存在を見つめ直すいい機会であったのではないか。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。