スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北温泉 2日目

9月13日(火)
東京は連日猛暑日が続いているらしい。北温泉は標高1300mあり昼間でも涼しい。温泉に入って温まった体をさわやかな風が吹く抜けていく爽快感は何とも言いがたい。朝早く眼が覚めたので、温水プールに行った。プールには誰もおらず、ましてや通行人などは全くいない。伸び伸びと広い温泉に浸かりながら泳ぐ事も出来る。思ったより深く、80cm位はある。泳いでいてお腹を擦ることもない。

今日は那須自然研究路を回る事にした。パンフレットにウオーキングコースとして14コース紹介されていたが、このコースは北温泉バス停から出発するのでバスで移動する必要がない。弁天橋の方は明日ロープウェイ行きのバスに乗る時、弁天温泉のバス停を利用しようと思うので、今日は行かない事にした。

北温泉099_convert_20110916164948  北温泉098_convert_20110916164859

自然研究路のコースは2つに分かれる。往きは一方のコース、帰りはもう一方のコースを取ればいい。広葉樹と熊笹の中に遊歩道が作られている。深い森の中に入ったようだ。まだ緑が濃く森林浴には最高だろう。所々にベンチやテーブルが作られ休み休みゆっくりと回ればいいようになっている。距離が短く起伏もそれほどないので、気軽に歩くことができる。見晴らしは良くないがひたすら木々に囲まれた緑色の世界の中を歩き続けるといった感じだ。

北温泉084ed_convert_20110916164503  北温泉085ed_convert_20110916164647
 展望台から茶臼岳                     朝日岳

途中那須与一が少年時、遠矢の稽古に励んだ所で、遠矢の練習の矢を隠しておいた矢隠岩がある。現在は展望台が整備されている。また県の天然記念物に指定されているミネザクラが2本自生している。

北温泉092_convert_20110916164746  北温泉096_convert_20110916164818
 矢隠岩                            ミネザクラ

自然研究路のAコースとBコースが分かれる所から、丸太で作った急な階段を八幡温泉の方面に向かって下っていく。15分ばかり下ると、自然研究路のもう一つの入口に行き当たる。そこには那須高原有料道路の「那須高原自然の家」のバス停がある。道を挟んで美術館のような瀟洒な建物があり、それが「自然の家」だった。ここで食事でも出来るかなと思って向うと、ガードマンがここは小中学校生徒の研修センターなので、関係者以外は立ち入り禁止だということで中には入れなかった。

「自然の家」の周辺は八幡のつつじの群落があり、遊歩道が作られつつじ吊り橋に至る。八幡の群落はツツジとミネザクラの見所であり、ヤシオ・レンゲツツジは5月中旬~6月中旬頃まで見頃、ミネザクラの推定樹齢は約150年位といわれ、毎年、5月10日頃に花が咲く。栃木県天然記念物に指定されている。

一面に広がるつつじの群落は今は花を咲かせていないが開花時期にはさぞ素晴らしい見ものだろうと容易に想像がつく。その頃に行って見たいと思わせるほどつつじの灌木が延々と広がっている。

北温泉067_convert_20110916170357  北温泉019_convert_20110916170422
 北温泉(北湯)入口バス停より茶臼岳          ロープウエイ山頂駅と茶臼岳

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。