スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和記念公園・コスモス

10月4日(火)
秋晴れの上天気だ。湿度が少ないのだろう。空気がからっとしてすがすがしい。気温も20度位だろう。過ごしやすい季節になったものだ。表に出て天気がよく大気が気持ちよく感じられると、心が落ち着かず、それ程血がある訳ではないが血が騒ぐといった感じになる。家でじっとしていられない気分になる。

出かけようとする気力が湧いてくるということは健康の大きなバロメーターだろう。健康とまでは行かなくても体調がそれなりによくなければ何処かに行こうという気力も生まれない。不調であれば家でぐったりとしている外ない。調子いい時を逃さず出かけることが肝要だ。

昨日は朝早く出発して、国営ひたち海浜公園でコキヤ、ヒャクニチソウ、コスモスを見に行くか、またはマザー牧場のサルビアもいいなと思っていた。しかし朝色々家の用が入って出発が11時前になってしまった。1時間以内で行ける所を物色していたら昭和記念公園のコスモスが見頃だとあったので決めた。9月17日(土)~11月3日(木・祝)の期間中が「コスモスまつり」で18品種550万本のコスモスが咲き乱れるということだ。

昭和記念公園: 園内の「原っぱ」や「コスモスの丘」には、秋の風物詩ともなるコスモスが咲き誇る。原っぱ東花畑には9月下旬に見ごろになると80万本のコスモス、ハッピーリングなどが咲き、さらに原っぱ西花畑は、10月下旬に種類も豊富でイエローキャンパス、イエローガーデン、クリムソンキャンパスなど6種類70万本が咲き誇る。また春先には「ポピーの丘」だった場所が、秋には「コスモスの丘」になり、400万本のコスモス、ドワーフセンセーションピノキオやベルサイユなどのピンクの可憐な花が風に揺れ、園内の小高い丘の上を染める。(花の名所案内)

昭和記念公園立川口

以前昭和記念公園に行った時には、西立川で下車した。この駅は公園に一番近く改札口を出て橋を渡るとすぐに公園入口となる。今回は駅から15分位歩く事になる立川口から向う事にした。何年前に行ったかの記憶もはっきりしないが立川駅の様子もすっかり変わってしまった。公園への道は歩行者用通路が途中まで完備され1本道で分かりやすかった。

昭和記念講演003_convert_20111012232101  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・05_convert_20111004223648
 立川駅                            多摩都市モノレール乗り場    

ゆめひろば
あけぼの口から入り「ゆめひろば」という広い芝生の広場を突っ切り「花みどり文化センター」を通って進んで行く。するとカーナルという全長200mの水路が現れる。今は水が入っていないが、大小5つの噴水と、園路周辺に敷きつめられた舗石が織り成す様式美は、洗練された端正で均衡を保っている。そこからふれあい広場を通り、水鳥の池を見ながら「みんなの原っぱ」に向う。
カナール:造園設計上の修景手法の一種。掘り割りされた細長い静水をたたえた直線水路。ヨーロッパの平坦部につくられた整形庭園で大いに発達した。)

昭和記念講演006_convert_20111005124658  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・08_convert_20111004223149  
 あけぼの口の「コスモスまつり」の横断幕       文化センター屋上よりゆめひろばと立川方面

昭和記念講演014_convert_20111005124254  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・15_convert_20111004223222
 立川口のカーナル                      「峯田義郎作・明日の空」の4人の若者像

原っぱ西花畑
最初の目的地は「みんなの原っぱ」の西側にある「西花畑」である。黄色一面のコスモスの花畑が特徴で、今年の黄色いコスモスは、新しい品種「サンセットイエロー」を使用しているという。昨年よりも鮮やかな黄色の花畑になっている。見頃は10月中旬~11月初旬で、数量は1品種70万本あり、黄色というより白色の感じだった。

そろそろ昼食の時間だった。渓流広場レストランに入った。メニューは薬膳カレーを始め幾つかのカレーと八王子黒やきぞばというのがあった。またご当地限定八王子ラーメンなどもあった。公園オリジナルスイーツとして、ハニードーナツやハニーソフトが売られていた。黒やきぞばを食べたがどこがオリジナルなのか、特別な味なのか分からなかった。

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・36_convert_20111004223521  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・29_convert_20111004223343

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・30_convert_20111004223558  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・13_convert_20111004225426

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・41_convert_20111004223815  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・42_convert_20111004223727    

原っぱ東花畑
次に向ったのは「みんなの原っぱ」の東側にある「東花畑」である。14品種80万本のコスモスが植えられピンクを中心として色々な品種のコスモスを楽しむことが出来る所である。この花畑は見頃9月中旬~下旬となっており、国営昭和記念公園のコスモス花畑の中で最初に見頃を迎える。このため今日の段階では一部を除いて大部分見頃を終えていた。

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・49_convert_20111004223900  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・50_convert_20111004235102
 
花の丘
国営昭和記念公園のコスモスといえば「花の丘」である。3品種400万本。見頃は10月上旬~中旬となっている。都内随一の規模で丘の斜面一面にコスモスが広がる。今年は北側の斜面を、昨年までの1品種から3品種にコスモスの品種数を増やしているという。

残念ながら昭和記念公園HPのコスモスで埋め尽くされた「花の丘」の写真とはかなり違っていた。やはり10月半ばにならないと満開にはならないのだろう。10月始めの今日では咲き始めといった所だろう。それでもかなり咲いていてコスモスの咲く秋の気配を満喫することが出来た。

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・84_convert_20111004224046 花の丘中央通路

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・87_convert_20111004224512 花の丘中央通路に沿って咲くコスモス 

昭和記念講演070_convert_20111012223815 花の丘斜面のコスモス

昭和記念講演066_convert_20111012223754 花の丘よりこもれびの里を望む

昭和記念講演053_convert_20111012223728 花の丘斜面のコスモス  

花の丘の4種類のコスモス
譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・77_convert_20111004224354  1022238_convert_20111005225321.jpg
 ベルサイユ                          ドワーフセンセーションピノキオ                                                                            
譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・81_convert_20111004224629  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・79_convert_20111004224715  
 ラジアンス                         イエローガーデン     

日本庭園
花の丘から日本庭園に回ってみた。前回は紅葉の季節で日本庭園は紅葉が鮮やかに色づいていた。今回は紅葉を見るという楽しみは無いが、紅葉の時との違いをみて見るのもいいだろう。

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・97_convert_20111004225209  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・96_convert_20111004224757

譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・02_convert_20111004225057  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・04_convert_20111004225240

日本庭園に咲いていた花
譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・94_convert_20111004224828  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・01_convert_20111004225311
 曼珠沙華                           紫式部

もみじ橋付近
譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・14_convert_20111004225635  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・17_convert_20111004225501
 秋を感じさせる木々                     変わったススキ

既に昼の休憩以外3時間ばかり歩いている。日本庭園から西立川まで園内バス・パークトレインで戻ろうとも思ったが、折角ウォーキングに来たのだからもう少し歩こうとみんなの広場を抜ける渓流に沿って歩いていくと、茶色に色ずいた木々が渓流にその姿を映していた。秋の気配を余す所なく映し出している光景だった。さらに行くと変わったススキが並んでいた。穂先が風に揺れて、駝鳥が動いているようだった。

水鳥の池
譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・22_convert_20111004225724  譏ュ蜥瑚ィ伜ソオ隰帶シ・20_convert_20111004223252

西立川口まで後10分位でつく。水鳥の池の渕にレイクサイドレストランがある。池の涼しい風が歩き火照った肌に気持ちいい。もうそれ程歩くこともないし喉も乾いた。池を眺めながらビールを一杯飲むことにした。最近は酒を飲むと疲れが出てしまい歩く気がしなくなるので、ウォーキングの途中では飲まないようにしていたが、間もなくゴールに着くので大丈夫だろう。10分位涼んでいると段々寒くなってくる。気温はかなり下がっているのだろう。

JR西立川駅で丁度来た15時57分発の青梅特快に乗り16時22分には中野に着いた。そこから東中野に行き大江戸線に乗り換え落合南長崎で降り後は自転車で帰った。電車での所要時間は50分だった。特快に乗れれば中央線沿線に行くのはかなり楽だ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

函南(かんなみ)原生林・森さんぽ予定

こんばんわぁ~。(^ヘ^)v

立川に,行かれましたか。
わたしは,昨年の10月15日に行ったのですが,コスモスの丘は満開でした。てゆーか,サイトを見て満開の時に行ったのですが。^^;
ことしは,猛暑のせいか,秋の花の見ごろが,例年より1週間ほど遅いようです。

マザー牧場は,家族連れ専用な気がして,足が向きません。

秋の散策の季節

昭和記念公園のコスモスももう少し時期を遅らせていけば満開が見られたでしょう。しかしどこかに行きたいと思い立ち出かけるものだから、必ずしも満開にめぐり合えるとは限りません。花見だけでなくウォーキングも目的の一つなので、満開でなくてもそれは止むを得ないと思っています。ともかく自然の中をすがすがしい気分で歩く事に意味があるような気がします。

函南とは変わった所を選びましたね。よく見つけたと思います。色々なウォーキングの本を買って研究しているようなので、これからはそれに見習って出かけるようにしたいと思います。いつも前の日や当日の朝に決めて行き当たりばったりに行くのではなく目的を決めて行動していく方がいいとつくづく思います。

これからは気候もよく秋の散策の季節、MOTOGENさんのブログで紹介されているウォーキング関連の本も参考にしながらコースを決め出かけて行きたいと思います。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。