スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与野公園・ばら園

10月14日(金)
12日の血液内科の診療の際、好中球がかなり少なかったので、次回診療日である19日までにG-CSF・グランの皮下注射を3度やろうという事になった。今日はその注射をするためだけに病院に行かなければならない。注射だけでどの位待たされるのだろうかと思っていたが、5分位で呼び出しがありスムーズに注射と会計などの手続きが進行した。

病院の帰り道、与野公園のばら園に行こうと思っていた。田端からだと京浜東北線で赤羽まで行き埼京線の与野本町で降りればそこから歩いて15分程だという。まだ11時前だ。天気もよく暑い位だ。明日から天気は下り坂になる。与野本町駅は快速が停まるが、駅中に食料品のスーパーがあるだけで駅周辺に商店街といったものはない。駅から公園に向って10分ほど行くと寺院があり境内が広がっている。与野公園はこの寺院の裏手にある。円乗院という。与野七福神の大黒天が祀られている。

円乗院(安養山西念寺 真言宗智山派)
建久年間(1190~1199)畠山重忠によって、道場村(今は浦和市の一部)に創建されたものであるが、慶長年間(1596~1615)に当地に移建したと伝える。これより先、慶長19年(1614)、徳川二代将軍秀忠公の時、道場村に寺領15石の御朱印状を受け、常法談林(真言教学学問の道場)として隆昌を極めた。その後代々変わることなく明治4年まで続いた。延宝6年(1678)5月16日、京都仁和寺の直末寺となり、寛延2年(1749)11月談林格に昇格して、当地方新義真言宗の重鎮となった。

本堂
文永2年(1862)焼失。慶応3年(1867)再建に着手した。その時用いた杉の大柱は今なお健在である。この柱は、当時境内にその貫禄と威容を誇っていた「地蔵杉」の大木から採ったものであり、1本の木から実に67本もの柱材が採れたという。

多宝塔
弘法大師1150年御遠忌記念事業として、塔形式を考案復興することとなったのが、この大塔の由来である(昭和56年5月)。高野山金剛峯寺、根来寺に次ぐ大塔である。
1階には十二支守本尊(八仏)、薬師如来、水子地蔵尊。
2階には祖師堂と称し、弘法・興教両大師と併せて不動尊・輪蔵(大般若600巻)
3階には観音菩薩をそれぞれ安置している。インドより仏陀釋迦牟尼の真骨を頂戴し、塔中央に奉安した。

与野有002_convert_20111015004124  与野有012_convert_20111015073851
 円乗院境内・仁王門と多宝塔              仁王門(仁王尊・四天王安置)

与野有009_convert_20111015004151  与野有011_convert_20111015004243
 大黒堂                            本堂  

与野公園
埼玉県有数のサクラの名所として知られる与野公園は、ソメイヨシノやヤエザクラが春を美しく彩る。さらに5月中旬からの初夏にかけて、そして秋に約100種類、約3000株のバラたちが園内の主役となる。明治10年に開設された約51,000m2の緑の公園で、埼玉自然100選にも選ばれている桜とバラの名所である。

園内には天祖神社・与野七福神の寿老神と銭洗弁天がある。中央に噴水のある池を配置し、古めかしいイメージを与え、新しい公園の中に風情を与えている。池の横に小高い丘が作られていて、そこから公園の全景が見渡せる。丘に登る所に「富士登山五十八度・大願成就」と彫られた石碑が建っている。この丘は富士塚の名残だろうか。

与野有018_convert_20111015004508  与野有017_convert_20111015004444
 公園中央の池                        銭洗弁天

与野公園・天祖神社
祭神は天照大神。「神社明細帳」には天保12年(1841)に社殿を再建したと記されている。古くは神明社と称していたが、明治8年(1875)8月に村社になったのを機に天祖神社と改称。与野七福神の寿老神がある。

与野有015_convert_20111015004410  与野有070_convert_20111015005030
 天祖神社拝殿

与野公園・ばら園
昭和52年に開設されたばら園は、 約100種類、約3000株のバラたちが園内に咲き誇る。甘い香りをふりまきながら、赤やピンク色の 大輪が花開く。苗木即売会など催しも多彩な 「ばらまつり」も毎年5月に開かれ、満開時には花見客に匹敵するほどの人出で賑わう。また、平成9年には「ばらサミット」が開催され、それぞれのサミット加盟都市を代表するバラが記念植樹されている。

ほかのばら園に比べるとあまり装飾のないシンプルな感じがするが、それでも2006~08年にかけて移植や補樹、土壌の入れ替えを行なわれ、かなり整備された。「たくさんの種類のばらを展示するというよりは、ひとつひとつの花やまとまって咲く姿を楽しむような感じのばら園です」と紹介されていた。

ばら園の奥に沿って新大宮バイパスと、その上に高架橋で首都高速埼玉大宮線が走っていて、かなりの車が行き来する。気になるといえばなるが、首都高の金属色を覆い隠すように、ばら園と道路の間はケヤキと桜の林になっている。少しでも無細工な高速道路を隠そうと地元と行政はそれなりの努力をしているのだろう。

ばら園の中央付近に、アンネの日記の作者アンネ・フランクにちなんだアンネのバラ3株が植えられた。ピンクやオレンジがかった花には平和の願いが込められている。

与野有063_convert_20111015132611 与野公園・ばら園

与野有025_convert_20111015004544

与野有041_convert_20111015004807 ばら園中央の彫像「翔」

与野有054_convert_20111015004955

与野有050_convert_20111015004848

平日の昼下がり、ばら園にはほとんど人がいなかった。近所の勤め人だろうかベンチで昼食をとっていた。カメラを持った年配者が2人。アベックが一組。1時間弱いたが、後3、4人の見学者が通り過ぎただけだった。かなり咲いてはいるものの、まだバラは満開というほどでもない。満開になればもう少し見学者は増えるのだろう。

三脚一眼レフカメラを持った年配者がばら園の花壇の一画から離れない。その場所はバラサッミット出展のバラが植えられている場所だ。マダム・ヴィオレというバラの前でカメラを構えたりファインダーをのぞいたりしている。このバラは「茨城県下館市提供、剣弁高芯咲き・ボーダーローズ、15年位前に日本で開発された」と説明があった。バラサミットのバラには詳しい解説が付いている。30分以上も一種類のバラをカメラに収めようと色々工夫しているのは見上げたものだ。マダム・ヴィオレ製作者の関係者かもしれない。

5月のバラの開花時期には、「ばらまつり」が開催され、2日間イベントが行われ、バラの苗木販売や模擬店、ステージショーなどが催される。延べ15万人以上が来場するという。秋バラの時期にはこれといった催しはないようだ。ひっそりとしたばら園で心いくまでバラの香りを楽しむには秋バラの季節の方がいいようだ。

与野有027_convert_20111015004614  与野有053_convert_20111015132733
 正雪                              コンラッド・ヘンクル

与野有031_convert_20111015004719  与野有035_convert_20111015132700
   ハーモニィ                         フレグラント・レディ         

与野有038_convert_20111015004739  与野有062_convert_20111015004913
 天津乙女                           マダム・ヴィオレ

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

秋バラが咲き始めましたね。
この休みには、紅葉狩りの予定でしたが、天候不順で中止に成りました。
お昼を食べたら、谷津バラ園にでも行って見ようかな?

紅葉の季節

谷津バラ園が近くていいですね。あそこのバラは与野公園のバラ園とは違って、個々のバラが見応えがあるのと同時に、庭も整備されていて庭全体の作りがバラ園としての雰囲気を十分に味あわせてくれるものだ思いました。

既に山のほうでは紅葉が始まっているようです。あまり寒くならないうちにどこかに出かけたいものです。山の紅葉は、また別の感慨を与えてくれるものです。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。