スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液内科の診療

11月9日(水)
検査結果
IgM   6376(11/9)←5870(11/2)←5934(10/26)←5466(10/19)
白血球 1700←1600←2000←3000
好中球 460←420←530←1750
ヘモグロビン 9.4←9.3←7.8←8.4
血小板 5.6←5.3←3.4←2.4


採血が終わり1時間ばかり待って血液内科の診療に呼ばれた。その時にはまだIgMの結果が出ていなかった。IgGの数値は比較的早いが、IgMの結果が出るのには1時間半位かかる。結局IgMの数値が分からないので、次のどうするかの方針も決まらず、2,3分で診療を終えた。

IgMの数値は後で電話で聞くという事にした。当然500位の上昇はあるだろうが、突然7000を超えることもないだろうから電話で済ませることにした。別に急いでいたわけではないが、医者との話の中で白血球やヘモグロビンの状態について説明されたが、ついうっかり採血の結果を書いてある「検査結果詳細情報」の用紙をコピーしてもらうのを忘れてしまった。IgMの数値を電話で聞いた際、血球の数値も確認のため報告してもらった。

IgMは毎週測っているが、この間の動きとしては500上がって、100下がり、500上がって100下がり、今回500上がっている。こういった動きの原因は分からないが、薬が全く効いていないというわけではない事は確かであるが、薬の効き目よりもがん細胞の増殖の方が強力だということだ。しかしこのままいくと、ベンダムスチンの治療へと移行する7000になるにはあと2週間位という事になる。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。