スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食の贅沢とは何か

11月27日(日)
 焼肉屋で
長男が何処からか割引券を手に入れてきて、たまにはおごるからと言われたので、都合の合う日にちを決め家族が集まって焼肉を食べに行った。焼肉屋には「牛角」などに家族で行ったことはあるが今回は特別な高級牛肉を食べに行くのだという。JR代々木駅西口徒歩2分の所にある、炭火焼神戸牛「いく田」という神戸ビーフ一頭買の焼肉店である。

ここは一日平均4頭に満たない出荷数の神戸ビーフを提供する。神戸ビーフは但馬牛の最上級ランクである。甘くて、旨味の凝縮された神戸ビーフは一度食せば、誰もが虜になる最高の肉だと店の紹介にあった。

店内に入るとお洒落で高級感が漂っていて料亭のイメージだ。オレンジ色の照明が落ちついた雰囲気を作っている。喧騒から離れ、スタイリッシュな場を構成し、特別なシーンに最適な空間である。

he_convert_20111126015430.jpg  P01_convert_20111126015559.jpg

神戸牛を扱っていることで値段はかなり高い。お値打ちなコースでも6500円~10500円である。何食分かを1回で消費してしまうのはかなり気が引けるが、割引券と、めったにない息子のおごりということで、皆でコース料理を中心に頼んだが、それ以外に遠慮なく好みの物、珍しい物を頼んだ。今日のお勧めとか希少部位などは一皿だけで5~6000円とかなり値が張る。

参考にメニューと値段を書いておく。
肉盛り合せ(2~3人前): ミックス盛り6800円、いく田盛り9800円、極上盛り14800円 
超特選神戸牛: サーロイン(200g)9960円、フィレ(100g)5980円、シャトーブリアン(100g)9480円リブロース(200g)9960円、特選かルビ 2980円
神戸牛希少部位: イチボ、ゲタカルビ、ヒウチ、カイノミ、ミスジ、マルシン、ラムヘレ、カッパetc。

二度と行くことはないだろう。一生こんなに美味しい肉を食うことはないだろう。困ったことは美味しいものを一度でも食べると外のものはそれとの比較で味が評価されてしまうということだ。今まで美味しいと思って食べていた物が、それ以上美味しいものを食べると、どうしてもワンランク下がったものを食べているといった感じを抱いてしまうことは避けられない。

スーパーや肉屋で肉を買った肉を美味しく食べるには調理によってカバーする外ない。ステーキや焼肉、すき焼き肉などはそれが出来ないので少しはいい肉を買わざるを得ない。経済的制約の中で、素材と調理の関係を考えながら、日々出来るだけ美味しく食べるように頑張って行く他にない。

 ホームベーカリーでパンを焼く 
全く話は違うが、食べることにおける贅沢とは何かといったこと最近考えた。それはホームベーカリー(パン焼器)を格安で手に入れパンを自宅で作り始めたということからの思いつきである。

今のホームベーカリーは良く出来ていて、多機能で多種多様なパンの製作が可能となる。通常の食パンや、パン・ド・ミ、ソフト食パンなどは当然のことながら、フランスパンやライ麦パンなど本格ハード系パンも焼ける。さらにパネトーネ、米粉パン、あんぱん、メロンパン、ごはんパン、ケーキ、ピザ、うどん、もちなどのレパートリーが製作できる。

一番大きな利点は朝焼きたてパンを食べられるということだ。外はカリカリでサクッとして、中はふわふわに焼き上がる。朝起きたらリビング中に焼きたてパンのいい薫りが広がっていて、味は今までパンは気にいった何軒のパン屋で買っていたが、そういった店のパンに引けをとらない美味しさだった。また中に入れる材料の調製も可能だから自分好みの味に仕上げることが出来る。

朝食はパンと高校の頃から決まっていた。アメリカの小麦粉輸出拡大政策のため、学校給食にパンを導入し日本人の食生活にパン食を浸透させていった。そういった意図にまんまと迎合させられていってしまった結果なのかもしれない。仕事をしていた時には大量生産のスーパーの食パンを食べていたが、仕事を辞めてゆっくりと朝飯を食べるようなってからは、パンの味にも関心が深まり、色々食べてみて、3,4件の気に入った特定のパン屋でパンを買ってくるようになった。

そういった経過でパンの味に関心が深まっていた時に、ホームベーカリーを手に入れたので、今では1日おき位にパンを作っている。夕食の片付けが終ってしばらくしてから作り、朝食時間に合わせて焼き上がるように予約をしておく。通常のパンであれば10分もかからずセット出来る。そうして朝やっと包丁が入る位の熱い焼きたてパンを食べることが出来る。

自分で作った好みの焼きたてパンを食べることができるという事ほど贅沢な食事はないと思うようになった。比較にはならないが、高級焼肉店の高額な焼肉を食べることは確かに贅沢だ。辞書によれば「贅沢とは必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと、金銭や物を惜しまないこと」とある。

しかし焼きたてパンを食べることは金銭的に余分にかかるわけでもないし、むしろ安く済む。贅沢とか豪華とかいったことの本当の内容は人の心の中にあるのではないか。パン一つとっても全く次元の違った日常性の贅沢さといったものの意味を感じることが出来る。それこそがむしろ本当の贅沢ではないかと思うようになった。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

焼き立てパンって、本当に美味しいですよね。

若いころ私はパン屋さんで焼き立てを買うと、家に帰ってよくこっそり一人で食べたりしました。

今はパン焼き器を使っていますが、出来上がりの香りは何とも言えず食欲をそそります。でも、もうつまみ食いはしてませんよぉ!

焼きたてパン

ホームベーカリーを買ったときには、一週間に1回位は作ることもあるかなと思っていましたが、出来たてのパンを食べてみるとこれが想像していたよりもはるかに美味しく、結局最初にパン焼いてから今まで一度も店でパンを買った事がありません。

朝、ご飯を食べようと思う時以外は前日の夜にセットしておいて朝焼きたてのパンを食べることが習慣となってしまいました。色々なパンの種類があるので、気分によって選択します。

時間があるから出来るようなものですが、そういったゆとり感じることが出来るということは心の豊かさを与えてくれるような気がします。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。