スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももの木・釣魚会&忘年会

12月3日(土)
ももの木交流会を終え、釣魚会&忘年会に参加するメンバーは、番町教会から歩いて10分くらいの忘年会会場である中華料理店 美鳳(ビホウ)に向った。この店の最寄り駅は半蔵門駅、麹町駅、市ケ谷駅であるが、半蔵門駅が一番近く、駅から1,2分の所にある。この店の口コミ評価では「雰囲気も良い、料理も美味しい、ただ、昼時はちょっと混んでいて入店待ちの可能性もあり」とあった。

320x320_rect_1803764_convert_20111204065547.jpg P012955757_238.jpg oiuy_convert_20111204203952.jpg
 美鳳外看板              客室への入口            店内

釣魚会は中華料理店「海老専科」かこの系列の店で何時も行う。釣魚会というのは、海釣りが趣味であるニチさんが前日に釣ってきた魚を皆にご馳走したくて始めた会である。釣り仲間の海老専科の店長とのつながりだろう美鳳の経営者に頼んで釣ってきた魚を調理してもらい、宴会場所を提供してもらい、会費を取り飲み放題で魚料理を堪能するという催しだ。今回は忘年会を兼ねて行<うことになった。

今日の料理のメインはヒラメの刺身だった。ニチさんはももの木のBBSで「前日にヒラメを釣る予定にしています。解禁の日なので天気がよければたくさん釣れると思います」と書いていたが、残念ながらヒラメ釣りは荒天で中止になってしまった。マダラ、白子、イカ、キンメ、マグロがありで食材は豊富だとニチさんから説明された。

その素材を使って店でどんな料理を作ってくれるか楽しみだ。いつも刺身はニチさんがマイ包丁で造ってくれる。今回は昨日ビンチョウマグロを釣った漁師がいたのでゆすってもらったという。生マグロととれたてイカの刺身が出された。金目鯛の刺身もでた。これは珍しく初めて食べたがなかなかの味だった。イカの塩辛はニチさんが昨日釣ったばかりのイカで作ったもので、全く生臭さがなくさっぱりとした美味しさに仕上がっていた。

店が釣ってきた魚をどのように中華料理にアレンジし調理するのか興味深いところである。酒はビールと紹興酒が出た。紹興酒は何年ものかのいい酒らしく、口当たりがなめらかでまったりとして、安い紹興酒にありがちなきついアルコールのピリッとした感じが全くなく飲み易かった。もっぱら紹興酒を飲んでいた。

料理は次から次へと出てくる。刺身とイカの塩辛以外は以下の通り。1、前菜-豚肉の燻製、2、タラの唐揚野菜あんかけ、3、白子のケチャップ風味の煮付け、4、豚肉とカシューナッツの炒め物、5、金目鯛の煮付け、6、マグロのカルパッチョ、7、タラとニラのビリ辛味噌仕立て鍋、8、杏仁豆腐のデザートなどであった。

その外にも2,3出たが思い出せない。大皿をはみ出た金目鯛の煮付けの豪華さが際立って印象に残っている。どの料理も新鮮な魚を中華料理として様々なバリエーションを駆使し調理している。お土産にタラの唐揚野菜あんかけが皆に配られた。

2011_1203_180448-IMG_2236_convert_20111204194902.jpg  2011_1203_180918-IMG_2238_convert_20111204195531.jpg
 前菜・豚肉の燻製                   ビンチョウマグロの刺身

2011_1203_182006-IMG_2244_convert_20111204195508.jpg  2011_1203_182616-IMG_2246_convert_20111204195020.jpg
 マグロのカルパッチョ                 豚肉とカシューナッツの炒め物

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。