スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月3ケ日

1月3日(火)
 正月といっても何も変わる訳でもない。ただこの機会に親戚の人が来たり、普段来ないような人の訪問があったりする。正月に家族旅行に行ったりしたこともあるが、この2,3年は昔から恒例となっていた実家で正月を過ごすことにしている。

1月1日の12時頃、歩いて5分位の所にある実家に正月の挨拶に行き、おせち料理をご馳走になっていた。おせち料理といっても今はきらびやかなセットで販売していて、それを買えば簡単だが、一応実家では自前で作る。毎年おかずが違っているので楽しみな所もある。

今年は、山陰に住んでいる義理の姉が正月休みを利用して東京見物に来たので、1月1日は姉の息子、孫、ひ孫を中心に、ついでに私の家族を含めて錦糸町のスカイツリーの見えるホテルで会食をした。私は退院したてだったので人混みに行くことはまずいと思ったし、体力的にもまだ十分に回復していなかったので、遠慮して実家の正月に行ったという訳だ。

やはりまだ体は本調子ではない。22時に寝て、6時に起きるという病院での生活の習慣で、今でも大体同じ様な時間に寝て起きる。昼寝も2時間ばかりする。寒いということもあるが、昨年は七福神めぐり、一昨年は川崎大師や成田山新勝寺への初詣などに行く元気があったが、今年はどうも気力が沸いて来ない。入院中ほとんど動いていなかったので体力が回復していないのだろう。もうしばらく療養生活が必要なのかもしれない。

正月中は歩いて5分位の実家に行った以外全く外出しなかった。炬燵に入って箱根駅伝を見ていた。これは結構視聴率が高いらしい。自分では全く動かず他の人の努力と苦闘の結晶を見るのは気分がいいのかも知れない。WOWOWで年末から年始にかけて毎日午後『男はつらいよ』のシリーズを3本放映していた。

 寅さんの映画は、筋立てが似ているので途中から見ても問題なく筋を終える。サスペンス仕立てのドラマだと最初から最後まで眼を離さず見ていないと筋がわからなくなってしまう。寅さんを見ていると少し位、見過ごしても、見始めればすぐに追いつける。パターンが同じなのだがそれが見る人に安心感を与える、そういった意味で根強い人気を保ち続けている水戸黄門と似ている点があるような気がする。

51GRR1_convert_20120105111621.jpg寅さんの映画は肩がこらず見ていることが出来る。時々出てくる寅さんの語る人生哲学的な名台詞も面白いし、寅さんの他人に対するやさしさや暖かさ、人情は今の時代に失われつつあるもので、懐かしく同時にその必要性を感じさせてくれる。日本各地の美しい風景を背景に描かれそれも映画の見所となっている。

このように正月は入院中の生活の延長線上のような、箱根駅伝や『男はつらいよ』をといった番組を見ながらごろごろとした動かないで生活をしたいたので体の活性化は少しも前進しなかった。明日は病院での血液内科の診療だ。ここでの外出を契機に少しは動き始めたいと思う。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。