スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高額療養費・外来窓口での支払いが限度額内に

5月15日(火)
 4月中は入院していたので、外来での治療がなく、窓口での新たな支払い方法を試す機会はなかった。今月2回目の診療で、実際に限度額内での支払いを行なった。事前に「限度額認定証」を提示しておく必要がある。5月7日の医療費が25300円、5月14日の医療費が23400円だったが、5月14日の支払いの時は(44400-25300=)19100円を支払えばよかった。4月からの窓口支払いの変更は次のような制度改革による。

今までは高額な治療を外来で受けたとき、病院の支払い窓口では10万円かかったら10万円、20万円かかったら20万円を一旦窓口で全額支払い、加入している医療保険組合(国民健康保険の場合は市町村の役所)への払い戻し手続きを経て、自己負担限度額をこえた分が数ヶ月遅れで返ってくる仕組みになっていた。2012年4月1日以降は、この制度が見直され、「限度額認定証」を提示することによって、窓口での支払額は高額療養費制度の自己負担限度額にとどまることになった。

自己限度額:国民健康保険の場合、一般の所得があり、1年以内に80,100円を超える支払いが3回あった場合、それ以降は44,400円が自己負担限度額だ。

 高額療養費の支払いに関して委任払い制度というものがある。私の場合、2010年10月からレナリドマイドを使用するということになって、最初1日5錠、21日間服用すると思い、100万円かかると考えていた。3割負担だとしてもその他支持療法に使用する薬を合わせると月40万円ほどかかると計算していた。実際にはレナリドマイドは1日3錠になった。

自己負担限度額を超えた金額が戻ってくるのは4ケ月先で、戻ってくればそれを回すことができるがそれまでの120万円を用意しなければならない。それが難しく相談したら委任払い制度というものがあるということだ。医療費に幾らかかろうが、月末に病院の医事課の担当者に限度額の44400円を持っていけばいいという制度だ。

 委任払い制度を適用してもらうためには、毎月区役所の国民健康保険課に行って手続きをしなくてはならなかった。その書類を病院の医事課にもって行くことが必要だった。それ以前は、健康保険課から「高額療養費が幾らありますから手続きに来てください」という通知が来るのでそれを持って、限度額以上の高額療養費を振り込んでもらうための申請手続きに区役所の健康保険課に行かなければならなかった。月一度のことだが、今回の制度改革で区役所に行く手間がなくなったのは、身体的にも気分的にも楽だ。

委任払い制度を利用していたため、今回の制度改革へのありがたみが薄いが、毎月何十万円もの額を窓口に持ってきていた患者にとっては、外来に行くごとに大金を準備する困難や、大金を持ち歩かなければならない不安や、払い戻されるまでの間のお金のやりくりに苦労がなくなるという、かなりの朗報だろう。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

役所窓口も、何重もの無駄な作業がなくなり、患者の方もお金の心配と無駄足運びがなくなり、おお助かりですね。

でも、初めから、最低限この様にすればよかったのにね。

分かりやすい説明が告示されていました。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/gairai_sinryou/dl/120110-01.pdf

No title

入院時に限度額認定書を示すと、高額療養費の限度額83100円以上支払わなくていいという事になったのが3,4年前の話だったと思いますが、外来での支払いに、この方法が適用されるまでに一体何年かかったのでしょう。今回の制度改革によって、患者はもちろんですが、病院事務や健康保険組合も随分手間が省けて楽になったことでしょう。色々制度改革が進んでいるのは、患者にとって嬉しいことですが、もう少し早く進行できないものかと思います。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。