スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼科、口腔外科の診療

5月17日(木)
眼科の診療
眼科と口腔外科の外来診療の日だった。眼科ではサイトメガロウイルスが右眼に影響を与えていないかの定期検査を行っている。左眼の眼圧がこの間3とか4とかになっていてかなり低い。眼圧の基準値は10~21mmHgだ。右眼は14~5あり問題はない。

左眼の眼底検査は白内障のため出来ないので超音波検査をした。眼底に炎症を起こしているということと房水の入口がかなり狭くなっていて来ているということによって、房水の調整機能に問題が生じ眼圧を下げているということだ。そのためアトロピン点眼液を朝晩2回点眼することになった。

右眼に関してはサイトメガロウイルスの影響は全く見られない。最近視力が落ちてきている。年齢によることもあるだろうが、白内障の兆候が見られる。まだ顕在化していないが、視力の減退はその可能性がある。

矯正視力では1.0近くまで出るので、眼鏡を変えて視力が出る間はこのまま様子を見て、矯正しても視力が出なくなったらその時は別の方法を考えようということになった。今の眼鏡ではテレビでの字幕がよく見えない。2,3日前に眼鏡屋でもっと視力の出る眼鏡をあつらえた。最近は眼鏡が安いので助かる。

口腔外科の診療
入院中口内炎の治療を担当してくれた医師がアフターケアのため診療を入れてくれた。抗がん剤治療をやっている間は、白血球が下がり口内炎になる可能性が多い。また血小板が少なくなり歯茎から出血する事もある。それに対してはどうするか。日常的な口腔ケアが必要だ。ともかく早めに治療し悪化させないことが重要である。

口内炎が出来る→痛みのため十分な歯磨きが出来ない→歯の間に食べ物のかすが詰まり細菌が繁殖し炎症を起こす→歯茎が腫れ痛みが強まる→炎症が進み歯茎から出血する→口内炎は悪化しものを食べることが困難になってくる。こういった悪循環を断ち切ることが必要だ。

口内炎が出来たらむしろ今までの倍位の歯磨きが必要だ。痛くて出来ないまま放っておくと取り返しのつかないことになる。痛み止めを使って丁寧な歯磨きをして口腔の中を清潔にし炎症を防止しなければならない。そしてアズノールでうがいをするという事を繰り返していくことが必要だ。こういった説明をした上、もし歯茎の炎症を起こしてしまったら使うようにと、コンクールFという薬を渡してくれた。

また歯ブラシも入院中使っていた一番柔らかいものから、少し固いものに変えるようにとサンプルの歯ブラシを渡された。口の中の状況に応じて、口内炎ができている時には柔らかい歯ブラシを、通常の時はもう少し硬い歯ブラシを使うという使い分けも必要だということだ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。