スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川岳・天神平

6月1日(金)
峰旅館から谷川岳ロープウェイ駅へ
旅館のチェックアウトが10時だ。今日は谷川岳に行ってみる事にした。谷川岳といっても、頂上まで登る体力はない。ヘモグロビンが7.6しかないのだから体力的にはとても無理だろう。しかし高い山には登りたい。昔南アルプスや北アルプスに登った時の気分を味わってみたいとは思うが、それはもはや不可能だ。せめてロープウェイを利用して高山の雰囲気を堪能したい。

谷川岳に行くといっても天神平までロープウェイで行き、そこからリフトで天神峠に行く。そこまでは決めてある。そこからどうするか。コース案内があった。谷川岳山頂登山コースは5時間で天神峠から山頂を往復する。次に天神尾根ウォーキングコースというのがあって、尾根を歩いて熊穴沢避難小屋を往復する2時間のコースだ。他に一の倉沢岩壁トレッキングコースという1時間50分のコースがある。天神平に登るので一の倉沢出合のコースは別だ。

谷川岳ロープウェイに乗るには、旅館から水上駅まで出なければならない。タクシーに乗る外ない。10時に頼んでおいたタクシーが来た。水上駅10時45分発のバスで谷川岳のロープウェイ駅に向うつもりだったが、タクシーの運転手が今日は暇だからとロープウェイの駅までバス代より安くして送っていってくれるというので好意に甘んじて、駅まで行ってもらうことにした。

土台口ロープウエィ駅
ロープウェイといってもゴンドラの形式で待つ必要がない。それに待っている人がいるわけではないのですぐ乗ることが出来た。2005年9月、老朽化した旧ロープウェイに変わり、複式単線自動循環式(俗に言うフニテル)のロープウェイが出来た。これにより、混雑時の待ち時間が大幅に改善されたということだ。また強風による運行中止の回数も大幅に削減された。

ロープウェイの駅はかなり広い。冬の時期には天神平スキー場はスキーヤーで賑わう。5月13日までスキー場は営業していたそうだ。ロープウェイの駅は7階建てになっていて、各階とも駐車場になっている。2000台の車の駐車スペースがある。

ロープウェイは6階のベースプラザという所で切符を買って7階から乗る。乗り場までかなり歩くが、スキーのシーズン中の混み合った時期にはかなり広いスペースが必要なのだろう。

八ヶ岳057_convert_20120603221242  八ヶ岳006_convert_20120603222236
 土合口駅                          ゴンドラ(フニテル)

八ヶ岳007_convert_20120603221156  八ヶ岳073_convert_20120603221403
 天神平駅                           天神峠行きリフト

天神平峠展望台
746mの土合口駅から10分で1319mの天神平駅まで行く。そこから1502mの天神峠駅まではペアリフトで登ることができる。この高さまで、乗り物で行けるようになったのだなとつくづくと思う。天神平峠には展望台があり、周辺の山並みがせまってくるような眺望を楽しめる。

目の前には残雪に覆われた谷川岳がそびえ、谷川岳連峰山頂はトマノ耳(1963m)とオキノ耳(1977m)という頂になっている。谷川岳の右側には奥利根連山の朝日岳をはじめ、笠ケ岳、白毛門山などの峰々が白と青のコントラストを作りながら、連綿と連なる山並みを晴れた大気の中にくっきりと表している。

八ヶ岳079_convert_20120603224915 谷川岳連峰山頂

八ヶ岳085_convert_20120603231228 天神峠展望台より谷川岳

八ヶ岳095_convert_20120603225026 天神尾根

天神平峠の展望台で周辺の景色を満喫しながら、結局天神尾根方面には行かず、「貴重な高山植物のお花畑をのんびりウォーキング」というコースを行くことにした。天神峠のペアリフトの降りた所に神社が祀られていた。その周辺にはミズバショウが花を付けていた。ここにある神社の奥院が谷川岳山頂にある。薬師如来が祀られていて富士山浅間大菩薩奥院という。

八ヶ岳114_convert_20120605222451  八ヶ岳111_convert_20120603222906
 富士山浅間大菩薩表院                  天神峠頂上のミズバショウ

八ヶ岳112_convert_20120603223002  八ヶ岳002_convert_20120603221741
 諸天善神獄(中院)に咲くミズバショウ          芽を出し始めたフキノトウ
   
天神峠から天神平へ
天神峠の頂上から、お花畑に沿って天神平駅の方に下っていく。正面には奥利根連山の朝日岳(1945m)をはじめ、笠ケ岳(1852m)、白毛門山(1720m)が連なっている。尾瀬方面に視線を向けると至仏山(2228m)、笠ケ谷(2057m)、武尊山(2158m)などの高山が霞んで見える。

真下には天神平駅がはるか彼方に見える。この周辺が天神平スキー場となっている。スキーの季節には、天神平駅までロープウェイで上がりそこから、4基のリフトに乗ってそれぞれのコースを滑る。天神峠リフト、天神平リフトと右側にある高倉山(1449m)の斜面に沿って第1、第2リフトがあり、今は天神峠リフトが観光用リフトとして営業しているが、外のリフトは停止している。スキーの時期には活躍したことだろう。

スキーに行ったのは30年も前の話だ。子供が小学校低学年で、家族や友人仲間、学童クラブの保護者会などでひと冬3,4回は行っていた。それ以降全く行く機会がない。ゲレンデの雪の斜面を見ると無性にスキーをしていた時の事が懐かしく思い出される。

ロープウェイ駅の隣にはビューテラスてんじんレストランがあり、欧風の建物で大きな窓からは谷川連峰が見渡すことができる。セルフサービス式になっている。スキーの時期に合わせてあるのだろう、300~400人の収容は可能なようだ。さらにその隣に天神平観光センターがある。

天神平に向うコースにはお花畑があるといっても全てが咲いているわけではない。カタクリは既に終ってしまっているし、ニッコウキスゲやクルマユリが咲くまではまだ間がある。殆どの高山植物は6月末から8月にかけて咲く。高山植物を楽しむ時期にはしばらく時間が必要だ。

結局天神峠からスキーコースを下ってロープウェイの天神平の駅に降りてきた。ミズバショウ以外にはフキノトウを見ることが出来ただけだったが、谷川岳を始め奥利根の連山を眺めながら雪道を下っていくコースは気分を限りなく爽快にするものだった。

八ヶ岳067_convert_20120603224837 笠ケ岳、朝日岳、白毛門山方面

八ヶ岳094_convert_20120603224952

八ヶ岳075_convert_20120603230744

八ヶ岳116_convert_20120605213755 至仏山、笠ケ岳、武尊山方面、右高倉山

八ヶ岳100_convert_20120603221912

八ヶ岳127_convert_20120603221620 天神平駅とビューテラスてんじん

ビューテラスてんじんから水上駅、上毛高原駅へ
ロープウェイの天神平駅に隣接する「ビューテラスてんじん」で食事をした。ロープウェイの土合口駅から上毛高原行きのバスが出るのは1時間1本ほどだ。時間調節をしながらロープウェイに乗った。丁度その時雷が鳴った。乗ったゴンドラは出発したが、土合口駅ではロープウェイは運休となってしまった。ぎりぎり間に合ったという感じだ。バスに乗った途端今まで晴れていたのに大粒の雨が降り始めてきた。

八ヶ岳012_convert_20120603221020  八ヶ岳014_convert_20120603221053
 水上駅                           水上駅前の繁華街

13時15分発のバスに乗って、谷川岳を後にした。バスは14時05分に上毛高原に着く。そこから大宮までは1時間もかからない。なんと早くついてしまうのだ。早いということはいいことだが、旅行気分という点では若干物足りない気もしないわけではない。もっとも上越線の普通列車に乗ればいいだけのことなのだが、やはりスピードに慣れてしまった現代人の心情が邪魔しているのかもしれない。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お帰りなさい、ブログ読みながらドキドキしていました。
Hgbが低いのに登山何て・・・お天気も味方してくれましたね。

温泉旅行

ヘモグロビンが低いなりに無理しないで行って来ました。あっちこっちと色々なところを巡る観光旅行は無理なので、温泉に入り、ロープウェイを利用した登山で満足するほかありません。ともかく気持ちをゆったりとして先行きの心配を軽減させることが目的なので、そういったルートを設定して行きました。治療でステロイド剤を使ったので、旅行中体調はよかったので助かりました。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。