スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権現堂公園・あじさいまつり

6月13日(水)
6月18日から入院だ。それまでに行きたい所に行っておこう。入院治療まで、全く薬を飲まない訳にはいかないので、それまでのつなぎとしてエンドキサンとデキサメタゾンが4日分処方された。それを12日から服用しているが、その影響だろう体力は問題なく日常生活を送れるし、ウォーキングを楽しむまでには回復している。今の時期だと花菖蒲とアジサイが見頃だろう。

幸手に権現堂公園という所がある。桜の季節が終わってからも四季折々に咲く花を、季節ごとの植物の色づきを楽しんでもらおうとアジサイ、曼珠沙華(彼岸花)なども植えられた。今まで桜の花見に行こうと思ったことはあるが行ったことはない。アジサイを見に権現堂に行ってみようと思った。今は時期ではないが権現堂の桜堤というのはどういった所だろうという興味もあった。

権現堂022_convert_20120613211543  権現堂024_convert_20120613211613
 駐車場脇のアナベルの群落

昔から「権現堂の桜堤」として桜の名所としても知られ、桜が満開の同じ時期にナノハナも咲き美しい花畑を見せてくれる。1~2月はスイセン、9~10月はヒガンバナと1年を通じて四季折々の花々が楽しめる。そんな中、6月には約100種9500株のアジサイが色付く。中でも見応えがあるのが白いアナベルのアジサイ。駐車場の傾斜地を利用しての群落が美しい。(花の名所案内)

権現堂公園では12回あじさいまつりが6月2日(土)~7月8日(日)間開催される。アジサイは、開花が順調に進んでおり、見ごろを迎えているアジサイも日々増えてきている。土手一面に咲き誇るアナベルをはじめ、多くのあじさいは今週末には見ごろを迎えるだろうということだった。

権現堂の名の由来は、村の中に「熊野権現社」、「若宮権現社」、「白山権現社」という三つの神社を一緒にまつった旧い神社があったので、「権現堂村」となった。権現堂堤は、天正4年(1576年)頃に築かれたといわれている。権現堂川は暴れ河川としても恐れられ、宝永元年(1704年)に、はじめて権現堂堤が切れてより、幾度も決壊をしてきた。その被害は遠く江戸にまでおよび、大江戸八百八町の半ばは水浸しになると言われ江戸を守る堤として大切に管理されてきた。(幸手市観光協会公式HP)

8時50分の池袋発の湘南新宿ラインで、大宮まで行き東武野田線で9駅も乗り、春日部に到着し、さらに幸手行きに乗りかえる。東武線は北関東に張り巡らされている。ローカル線だったが、今ではツクバエクスプレスや湘南新宿ラインとの乗り入れが進み、周辺地域は通勤圏内として広がっている。

幸手に行くには湘南新宿ラインで久喜あたりまで行って東武線に乗り換えればいいと思っていたが、中々複雑で、大宮-春日部-幸手、大宮―久喜-東武動物公園-幸手、大宮-栗-幸手と3ルートあって乗換えが面倒だった。路線案内に従って乗り換えていったがもっと楽な方法があるだろう。

幸手と地名はよく聞くので大きな駅かと思っていたが、こじんまりしていて、駅から権現堂に向う主要道路も閑散としていて車も殆ど通らない。例によって途中の神社仏閣に寄り道をしていく。

権現堂050_convert_20120613211408  権現堂056_convert_20120613211720
 閑散とした駅前通                     旧日光街道に立つ看板

権現堂047_convert_20120613214022  権現堂048_convert_20120613211648
 正一位一色稲荷大明神                  稲荷神社本殿

権現堂061_convert_20120613211804  権現堂065_convert_20120613211856
 正福寺(真言宗智山派)本堂                 千体観音

権現堂073_convert_20120613211953  権現堂074_convert_20120613212028
 八幡神社参道                       八幡神社本殿

権現堂083_convert_20120613214121  権現堂086ed_convert_20120613212101 
 行幸橋より見た中川                    権現堂桜堤入口

30分位で権現堂公園に着く。川縁の道を行こうとまず中川まで行く。行幸橋がかかってる。川の手前から権現度桜堤が始まる。入口の所に「行幸堤の碑」が建てられている。1876(明治9)年、明治天皇の巡幸の際、堤防工事を視察した。堤の名を行幸堤(みゆきづつみ)と呼ぶことが許され、記念碑を建てるための費用が下賜された。

桜は一年中見る人を楽しませてくれる、春の華やかで一方寂しげなのもいい。初夏新緑の季節、萌葱色から深緑にかわりながら、光を跳ね返しながら深い影を投げかける並木道を提供してくれる。秋は紅葉、一枚の葉に朱色から黄色まで色彩のバリエーションを作り上げる奇跡の色使い。冬枯れの木々は水墨画の世界。無骨で黒く、雪が降ればそのコントラストは芸術の世界。こんな事を考えながら新緑の桜のトンネルを作っている権現堂桜堤を進んで行く。

権現堂090_convert_20120613214252 権現堂088ed_convert_20120613212417
 権現堂桜堤入口の看板                        行幸堤の碑(明治天皇が立ち寄った記念)

権現堂092_convert_20120613234808

権現堂039_convert_20120613212216

DSCF_convert_20120614005328.jpg

権現堂040_convert_20120613220757

10分位桜堤を進んで行くと、色鮮やかなアジサイが一斉に周辺を包み込んでいく。峠の茶屋を中心に、堤の左右と駐車場の周辺にアジサイが咲き乱れている。時期的には丁度よかった。祭りの期間だということで、茶屋も営業していて、展示即売会も開かれ、観光協会のテントが設置され、地元の食材の物産展も開かれていた。そういった催し物を眺めながらゆっくりアジサイを楽しむことが出来た。

権現堂003_convert_20120613221343 駐車場横のアナベル

権現堂005_convert_20120613221413

権現堂015_convert_20120613221524

権現堂017_convert_20120613221610 峠の茶屋周辺のアジサイ

権現堂018_convert_20120613221642 峠の茶屋周辺のアジサイ

権現堂019_convert_20120613221739 峠の茶屋周辺のアジサイ

権現堂026_convert_20120613221850 駐車場横のアナベル

権現堂034_convert_20120613221916


様々なアジサイ

権現堂115_convert_20120613222053  権現堂117_convert_20120613222255

権現堂118_convert_20120613222335  権現堂116_convert_20120613222129

権現堂123_convert_20120613222503  権現堂119_convert_20120613222415 
 
権現堂033_convert_20120613224242  権現堂130_convert_20120613222639  

DSCF9884_convert_20120624163529.jpg  権現堂126_convert_20120613222548

アジサイの植えてある場所が終ると、再び権現堂桜堤が始まる。行幸橋から始まって数キロに渡って桜並木が続いている。それも桜が一列ではなく、場所によって土手の斜面に2列3列と植えてあるから立体的でボリュームがある。新緑の並木道を歩いていても緑の深さはそこから来ているのだろう。

それ程歩いた訳ではないが、帰りは路線バスで帰ることにした。権現堂公園が終わり、出口の傍にお堂が建っていた。清保堂という。この辺りには徳の高い清保善士という僧が住んでいて、ここに本尊が祀られている。昔から耳の病には御利益があると言われていて、全快のお礼として大工道具の錐を奉納する習慣があるという。

4号線のバイパスから来ている道に出ると、路線バスの停留場がある。バスは1時間に一本しか出ていない。20分ばかり待ってバスが来た。駅までは10分位なものだ。

権現堂044_convert_20120614090032  DSCF9630_convert_20120614000735.jpg
 清保堂                             外野橋(権現堂公園の中央で中川を渡る橋)     

幸手駅で都心に向う列車を探した。直ぐに出る便は幸手から東武伊勢崎線で北千住方面に向かう急行だ。池袋に向う湘南新宿ラインや宇都宮線を使うよりずっと便利だ。帰りは東武伊勢崎線を利用した。又スカイツリーが出来たので、急行東武スカイツリーラインが増発され沿線から都心に向う便が便利になった。

往きは幸手に着いたのが10時6分で池袋から1時間15分かかった。帰りは幸手を13時57分に乗り北千住と西日暮里を経由して池袋に着いたのが15時10分だった。全く同じ時間だった。しかし帰りは北千住方面行きの東武伊勢崎線は殆ど待たなかった。久喜まで行って宇都宮線乗ったらどの位で池袋に付けるかわからない。東武線もかなり便利になったという事を実感した。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。