スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院2日目・治療の開始

1006月19日(火)
今日から早速治療に入る。といっても治療は今日1日、4時間ばかりで終わる。腕からの点滴静注で行う。中心静脈カテーテルを使用しなくて済むのも助かる。時間は9時半から14時まで、4時間程で薬液を投与する。

オンコビンは点滴管の側管から1分位で注入する。治療自体は外来でも出来るような内容だ。ただ初めて使う薬で副作用が不明であり、また血球の大幅な減少が見られる現状では、外来治療ではどの位血球が減るか分からないということもあり入院治療に越したことはない。

9時半になると看護師が点滴薬を順番にひとつづつ持ってきて、終わった薬を差し替えていく。そうこうしているうちに治療は吐き気や発熱などの副作用も出ず終了した。治療後、血小板の輸血を行った。その後今回の治療に関係してると思われる副作用はなかった。ただ夜の検温で体温が37.2度と少し上がっていた。体調的には特に倦怠感や消耗感が出るということはなかった。

投与スケジュール

9:30~10:00
カイトリル注(3mg3ml)+生理食塩水(50ml)
10:00
オンコビン注(1.4mg)+生理食塩水(20ml)
10:00~11:00
ニドラン注(100mg)+注射用水(20ml)
ブドウ糖注射液5%(80ml)
11:00~14:00
エンドキサン注(500mg)+生理食塩水(500ml)

平行してソルデム(500ml)+メイロン(7%20ml)を10:00~22:00まで点滴。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。