スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院11日目・好中球がまた下がった

6月28日(木)
検査結果

白血球   900(6/28)←700(6/25)←500(6/21)←900(6/18)
好中球   290←410←210←610
赤血球   221←210←243←208
へモグロビン  7.0←6.6←7.7←6.4
血小板   3.2←1.0←2.9←1.4


今日の血液検査ではIgMも総蛋白も検査項目には入っていない。IgMはともかくも総蛋白位は測ってくれてもよさそうだと思う。入院患者の血液検査項目をどのように規制しているか分からないが、それが病院の医事科の指示であったとしても、結局は厚生労働省の指導によるものであるのは確かだ。。もう少し現場の医師の判断を重んじてもらいたいものだ。来週の月曜日の血液検査ではIgMを測るという。。

好中球が290と下がってしまった。25日には410になりこのまま上がると思っていたら再び下がってしまった。今までこんなことはなかった。G-CSFを止めれば下がるが、一般的には時間がたつにつれ、抗がん剤の骨髄抑制が薄れ、一方造血幹細胞が新たな血球を生み出していくので増えていくはずだ。しかし再び減るということは、まだ抗がん剤が力をもっていて、骨髄抑制を強めているのだろうと判断するほかない。

実際には白血球が900に上昇している。採血の場所によって好中球の割合が異なるということを聞いたことがある。確かに好中球は下がってはいるだろうが、そんなに極端に下がっていない可能性もあるということだ。どちらにしても気長に待つほかない。

担当医はニトロソウレア系の抗がん剤は骨髄抑制がだらだらと長く続くという。血小板は3.2と安心領域に入った。赤血球は、輸血をしても中々上昇しない。今日午後赤血球の輸血をし。土曜日に駄目押しの意味で血小板の輸血を行うということだった。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。