スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常性の意義

7月9日(月)
 病院生活から元の日常生活に戻った。どこかに出かけるということでもなければ、毎日同じことの繰り返しだ。病院の延長線上で6時には起きる。病院では毎朝検温の後、早朝散歩をやっていた。ある時気がついた。病院の外壁の内側を、毎日全く同じコースを歩いている。

以前は色々コースを変えて歩いていたが、今回は歩き始めて3日目位から全く同じ道を歩くということが習慣になってしまったようだ。昨日歩いた道の足跡をなぞるように同じ道なのだ。同じコースだと何も考えなくても進んでいける。体が覚えているといった感じだ。以前は同じコースというと毎日同じでは退屈するだろうと思っていたが、実際にやってみると全く退屈しない。

 日常生活というものも同じようなものだと思う。われわれにとって当たり前のように来る明日は、多くの重病人にとって来るかどうか分からない時間なのである。ひたすら続く時間の連続性は、日常生活を限りなく尊いものとして自覚させてくれる。

「いのちの授業」で生徒たちに、余命を宣告されたら残された時間何をしたいか、といった質問の中で、大部分を占めた回答は「普通の生活を送りたい」であり、次が「家族や友人と一緒に過ごしたい」であった。自覚しないと何となく過ぎ去ってしまう普通の生活がどれ程意味があるのか、小学校6年の生徒たちがそれを自覚している。

「最高の人生の見つけ方」の中で、同じ病室にいた2人が同時に余命半年を宣告された。生きている時にやりたことを「棺おけリスト」に書き出した。大富豪の誘いでそのリストに書いてあることを次々実現していく。世界を回り、色々珍しい経験をしたが、結局最後に行き着いたのは家族との何の変哲もない日常生活だったのだ。何でもないように思えることの中に本当の幸せを見出したのだ。

DSCF0081_convert_20120710103609.jpg 公園の木槿(むくげ)

 家にいると、毎日献立を考え、買い物に行き、料理をしなければならない。これは手間かも知れない。病院では3度の食事が出る。確かにそれは楽かもしれない。しかし日々の煩わしさの中にこそ本当の生きている意味が見出せる。料理をするということはもはや生活の一部である。それは日常生活に欠かせないパズルのピースのようなものだ。

「思うに人間ひとたび死と直面し、死を正視し、そののち生きなおすと、当たり前のことだが、生ある喜びがひとしおで、何にでも感謝したくなる。」(ワット隆子)

日常生活とは何の代わり映えもすることなく平々凡々と過ぎ去っていく、しかしその中でも今生きているということを実感しながら送っていく時、その平凡さの中にも意義を見出していけるだろう。日常性とは人間の生活の持続的・反復的なあり方をいう。そしてそれは美的・創造的な行為との対比で言われること事もある。しかし平板で一元的に見える日常性の安定の中に自らの生命の維持を確認できる。

限られた生を抱える時、どうしたら無駄なく、後悔しない人生を送ることが出来るのか。このことは、余命宣告されたがん患者にとって日常生活を送る上いつも心にひっかかってくる言葉だろう。しかし生きているということに意味を感じる時、この世の中の全て無駄のないものはない。後悔しない人生とは、何かをやり遂げるといったことを意味しない。今を精一杯生きるということこそが最も重要なのだ。

まぶしいほどの太陽に光、溢れる緑、流れる雲。・・・さわやかな風を頬に感じ、とめどなく涙が溢れ出てきました。この気持ちは生きてこそ味わえるもの。人生に生きる意味や価値を求めてきた私ですが、すべての前に生きるということに意味の深さを知りました。(小林茂登子)

 どのような人生を生きていくのか。人は生きる意味や価値を絶えず追求しながら日々仕事をし、生活していっているだろう。しかしがんになって普通の生活が難しくなり今までの価値観が根底的に崩されていく時、どのような生き方選択できるだろうか。確かに否認、迷い、落ち込み、諦めなどにさいなまれる日々が続くだろう。

しかし最後には「がんである」という現実を受け入れその中で生きていく道を探さなければならない。それは日常性の再構築の過程だろう。かって日常的であった風景は、病気になって失われ、新たに自らの寄って立つ日常性を周りの人間関係の再構築も含めて作り上げ、その世界を安定的世界として認識する。

治らないがんであればまさにがんと共生し、QOLを維持しながら治療を続けるしかない。それには緩和ケアなども含めた総合的な医療が必要だろう。QOLの維持こそがむしろ治療の中心にならなければならない。生きていることを実感できる日常生活の遂行実現こそ、がん治療の最も重要な柱だろう。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日常性の意義】

7月9日(月)◆ 病院生活から元の日常生活に戻った。どこかに出かけるということでもなければ、毎日同じことの繰り返しだ。病院の延長線上で6時には起きる。病院では毎

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ももの木などでお世話になっております、最近読者になった元ナース患者です。
私は、40代半ばになろうとしている今、人生において何も成し遂げていないことにもがいております。
それは、私の年齢やシングルであることを前提に、病状がとりあえず落ち着いているからこそなのだろうと思いかえしております。
もっと大切なことへの気づきを得ました。
私の周りの医療者(がん専門医系)にも読んで頂きたいと思いました。
…自然に涙が出ました。何の涙か分かりません。
見失っていたことの大きさを実感しております。
ありがとうございます。

No title

ALLさん、自分が書いたものに感動してくれる人がいるということは、どんなに書くことに励みを与えてくれるでしょう。わざわざコメントありがとうございます。自分の治療生活の中で、感じたままを素直に表現していきたいと思います。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。