スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院1日目・血漿交換法準備

7月19日(木)
入院初日、いつものように10時に受付し、しばらく待っていると病室案内の事務員が迎えに来る。今回は緊急だったせいもあってよほど部屋がなかったのか、2号館の血液内科専用病棟でもなく、同じ館にあるいつもの血液内科・肝臓内科合同病棟でもなく、はるか離れた歩いて10分位かかかりそうな3号館にある内分泌代謝科(糖尿病患者が多い)と脳神経内科の合同病棟だった。病棟には治験用病室もあるという。

看護師さんも血液内科の患者の面倒を見たこともあまりないようだ。今度の病室は窓際ではなかったが5階で窓の前が2号館の壁だったのでそれ程がっかりしなかった。また真夏には冷房が効いているとはいえ、窓からは直射日光が入り暑くなってくる。

検査結果
白血球   2700(7/19)←2100(7/18)←1400(7/11)←1600(7/5)
好中球   1380←370←440←580
赤血球   242←218←251←287
へモグロビン  7.3←7.0←7.7←8.8
血小板   3.2←1.0←1.3←1.6

入院すると必ずやる血液検査をした。昨日やったので今日はやらなくてもいいとは思うが、血小板の値が不安定なのでやることになったようだ。血小板は昨日と同じく3.2だった。もう少し増やしたいところだ。明日午前中に再度血小板の輸血をしてから血漿交換法を行うことにした。動脈にカテーテルを刺すので、血液が噴出すことがあるということだ。その後腎臓内科の医師と話してカテーテルは静脈を使うということにしたといことだ。それでも血小板の輸血は予定通り行う。

その後担当医が「緊急対外循環導入についての説明」「同意書」と「体外循環用カテーテル挿入・留置術の説明」「同意書」が渡され、口頭で10分説明を行い患者または家族の署名を求められた。

「緊急対外循環導入についての説明」
緊急対外循環導入の必要性
・一般に、保存的慮法によっても十分な効果が得られない場合や、全身状況の恒常性を維持できない場合、あるいは積極的医師を補佐する場合など、特定の医療の一貫として行われます。一般に患者さんの全身状態名不良なことが多く、そのためメリットとデメリットとのバランスが問われることが多いです。

緊急対外循環導入の方法
・対外循環の方法-代表例としては血液透析: 持続式赤血球液濾過、血漿交換。自己吸着などがある。
・ブラッドアクセス: 緊急対外循環のため事前に緊急対外循環用のダブルルーメンカテーテルを一時的に大体静脈内、内頚静脈に挿入、留置する。

緊急対外循環の合併症、危険性について、
・出血: ブラッドアクセス部位の終結、止血不良、カテーテルの自己抜去による出血など
・治療中の血圧低下; 不整脈などの循環動態の異常発生
・透析回路からの出血: 感染空気混入などによる異常事故は報告されてる。
・体外循環稠のアレルギー; 体外循環の凝固薬、血液製剤の補充液などに対して発心、王と、0尾新、血小板空き低下を9起こすことがある。

「体外用カテーテル挿入・留置術循環の説明」
・体外循環カテーテル挿入・留置術の必要性: プラッドアクセス確保のため、体外循環カテーテル挿入・留置する
・体外循環カテーテル挿入・留置術の方法について: 局所麻酔の下で大腿静脈か内頸静脈を穿刺し、カテーテルを挿入し、固定化する時間は通常30分から1時間
・体外循環カテーテル挿入・留置術の合併症、危険性について
・出血。感染、閉塞、血栓閉塞症、肺閉塞症。麻酔アレルギー(発疹)(悪心)(嘔吐)など

一通り担当医からの説明が終わった。今日のスケジュールは採血し、血小板の数値を把握することだった。血小板は3.2あり、それに明日追加の輸血をするので、血小板の値は5近くにはなっているだろう。血小板の輸血を午前中やる。体外用静脈カテーテルの挿入・留置は病室のベッドで行い、挿入が完了したら透析室まで運ばれて血漿交換が始まる。大体やり方は以前末梢血幹細胞採取の時行っやった血液浄化療(アフェレーシス)と同じようなものだろうから気は楽だ。

今日から入院・公園の花(キンギョソウ、ビオラ)
DSCF0086_convert_20120722100308.jpg  DSCF0090_convert_20120722102150.jpg
 

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。