スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液内科診療日 ・赤血球

8月2日(木)
昨日からの続きの輸血だった。血小板、赤血球の輸血が1日では間に合わない。一日分の輸血では基準値に到達しない。今日やっても基準値には及ばないだろう。何年も血球が基準値であったためしはない。だからといっ低量のまま放置しておくというわけとはにはいかないい。日常生活を営める能力を維持することが出来ない。

この猛暑炎天下を病院通いをするということは、残酷なことだ、それで病状が悪化しまうほどの暑さだが。今日も運のいいことに連れ合いが夏休みなので、病院に送ってもらった。本当に血液というものは体をを動かす原動力なのだなとつづく感じる。

特に赤血球は体の動きにもろ影響が出る。かなり低くなると、体がだるく動くこともままならない。寝たきり老人といった感じでほとんど1日中寝ていなければならない。階段などは両手を使ってよじ上ったら医、ずり落ちたりして移動しなければならない。平地でも5分も行かないうちに息切れがして。いつめまいがし部や路上で倒れでもしないかこと心配する。今だったら熱中症で救急車で搬送されるだろう。

血液中の酸素を体に循環させるということが体を動かすためにどれほど大きなエネルギー源なんだろう、経験して初めて分かった。血小板や白血球への直接体への影響はかなり低くならなければ感じられないし、感染症になっ時に否が応でも思い知らされる性格のものだ。赤血球場合は直接影響する。白血病で赤血球が急に足りなくなり1(g/dl)位になって、倒れて救急車で運ばれた例を幾つか聞くが、赤血球はまさに体を動かす原動力である。

輸血の後にデキサート(デキサメタゾン)33mgを点滴した。これがどこまで影響するのか定かではないが、抗がん剤としての作用よりは元気を出すための薬だと思う。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。