スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝の公園散散

3月22日(土)
昨日、ベルケード療法第5サイクル第3回目を、血小板は7.2と下がっていたが、許容量だということで予定通り行った。同時にデカドロン(ステロイ剤)も投与する。その影響からか、昨晩は覚醒作用が強く、なかなか眠れず早く目が覚めてしまった。いつもデカドロン投与の当日は、なかなか眠れず何回も目を覚ましてしまうので、入院中は睡眠導入剤の世話になっていたが自宅では服用していない。

今日は6時前に目が覚めた。快晴で、昨日の雨のせいか空気は瑞々しくすがすがしい。久しぶりに近くの公園で町内会の老人たちが中心となって、雨の日以外、正月もやっているラジオ体操に出掛けることにした。10月24日にベルケード療法で入院するまで毎日行っていたが、12月28日退院以降体調が十分でないのと寒さのため全く足を運んでいなかった。

体調の浮き沈みの中で、一日中家から出ない日も何日もあった。家事万端をやっていればそれなりに運動になっているだろうと思うが、ウォーキングもコンスタントに行くことは出来ない。運動不足は否めないだろう。体重も58kgと入院時の54kgから上昇しているし胴回りも増えている。定期的な運動が必要だとは思っていた。

6時30分に外に出て見た。気温はかなり上昇していてオーバーはいらない。公園に出掛けた。去年の10月頃は120名位集まっていたが、まだ寒いせいか人数は70名位だった。体を動かすのは気持ちいい。運動してなかったので体がぎしぎしいう感じだ。歩くことはしたとしても他の体の動きは全くしていない。体がじわじわとほぐれていく感じだ。これから毎日続けていこう。

長崎村009朝一つ決まったことをやると一日がメリハリを持って進行して行く感じがする。スケージュールをもって生きている訳でないので、生活の核を作っていく必要がある。そうでないとただ流される日々を無駄に過ごしてしまうことになるだろう。

折角自分で自由に使える有り余った時間があるのだから一瞬、一瞬を大事にしていこう。体調と相談しながらというのが大きなネックであるのは確かだが。

早朝の公園は、日中の公園と雰囲気が違う。花や木が生き生きとしている感じだ。シデコブシ(写真左)が白い花を満開に咲かせている。紅梅、白梅は共に9割がた花を散らせている。カンピ桜が濃いピンクの花を咲かせこれも満開だ。花壇にはパンジーが何色もの色を競いながら鮮やかに咲いている。

薔薇の葉が一斉に出てきており、こげ茶と黄緑で春の到来を告げているようだ。既に赤い薔薇の蕾が2つだが出ている。桜(オオシマザクラ、サトザクラ、ヤマザクラ、ソメイヨシノなど)が小さな蕾を所狭しとつけていて、やがて来る日を待っているようだ。他の木も黄緑色の葉が芽を出している。早朝の公園は一日を始めるのにふさわしい場所だと思った。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。