スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜見物・大泉学園通り~栄緑道

3月30日(日)
梅澤充医師のブログ「現在のガン治療の功罪」 より
「私の1年はまさにアット言う間に通り過ぎていきます。ゆっくり、のんびりと流れていく時間、今の私には、とても味わうことができませんが、人として極めて貴重な大切な時間であるように思います。(明日の日曜日も終日仕事です。)

かつて、”ガンになってよかった”と言われた患者さんのことを紹介したことがありますが、今の現代社会では、病気にでもならなければ、この貴重な時間は経験できないのかも知れません。

満開の綺麗な桜を見てフト、現代社会の惨めな味気ない生活を感じました。また、のんびりと美しい満開の桜を眺めていることは、下手な抗癌剤より、余程、ガンに効くのではないかと感じます。」

がん患者の日常
梅澤氏のブログを見たからではないが、今日は朝から桜見物に出掛けた。確かに病気になって、初めて自分の時間を持つことができた気がする。作ろうと思えば仕事をしていた時も時間は作れたかもしれない。しかし、時間とはそういったものではない。仕事に追いまくられている日常の中で、たとえ半日位時間が出来たとしても、それは仕事への待機時間であって、その時間を自由に使うことは出来ない。

精神的に仕事に飼いならされてしまって、そこから脱却する思考回路が機能しなくなってしまっているのだ。だから自由な発想法など出てくるはずがない。時間を自分のものとして、自分の支配下で取り扱うことが出来ない。時間は仕事の従属物でしかなくなってしまっている。病気になり仕事から解放され、時間は始めて自分のものとなることが出来た。

病気になって、入院したり抗がん剤治療の副作用で苦しんだり、体調に問題がない時間は限られているかもしれない。しかし、効果と副作用のバランスの中でと生活の質を維持しながら、少しでも自分の時間を、有意義に過ごせる期間を長く保てるようにしていくほかない。限られた時間を自分のものとして、体調を可能な限り維持しながら、悔いのない人生を送って行くことが問われている。

千川通りの桜
桜が都内至る所満開だ。何処へ行っても咲き誇った桜に出会える。新座のテニスクラブに所属している友人が「クラブに行くついでに新座周辺の桜の名所を案内しよう」と言ってくれたのでドライブに出掛けた。池袋方面から千川通りを下り、西武池袋線の踏切を渡り、目白通りに出る少し前、南長崎6丁目の信号を左に曲がる。

すると突然、道路の両側から桜の枝が張り出しアーチが作られ、それが目の前に飛び出して来るように現れる。そのアーチは所どころ途切れるが、江古田、桜台へと続いている。運転をしているとゆっくり楽しむ暇はないだろうが、助手席でカメラを構えているだけだから、気楽なものだ。

新座桜005_convert_20101125102021 千川通り沿い

この千川通りの桜アーチより、大泉学園通りの桜のアーチの方が凄いと言われた。日曜日の朝、道は空いていた。千川通りから目白通りを行き30分もしないうちに北園のT字路にぶつかる。そこが大泉学園通りだ。

大泉学園通りの桜
西武線の大泉学園駅から、市場坂通りにぶつかるまで道路の両側に途切れることなく密集して桜の木が植えられそれが花のアーチとなって、路上に枝を張り、空をピンクの布で覆っているかのようだ。車は北園のT字路を右に曲がり延々と桜並木の中を走らせていく。大泉学園通りは市場坂通りにT字路でぶつかる。そこまで桜のアーチが3km以上も続いているのだ。

新座桜010_convert_20101125101118 大泉学園通り沿い

栄緑道公園の桜・川べりの桜
市場坂通にぶつかってから2,3分で栄緑道公園に至る。ここは新座市民のお花見の場所だそうだ。入り口に駐車場がある。そこに車を置き歩いて桜見物とする。細長い公園に沿って桜並木がずっと続いている。公園のそこかしこでお花見客がブルーシートを敷きで場所取りをしている。公園を突っ切ると隣が新座市営墓園でここにも桜がある。

新座桜013_convert_20101125102353 栄緑道公園

墓園の前を通り過ぎると川があり、川に沿って第4小学校があって、そこの敷地に植わっている桜が川に向かって伸び、川沿いの桜並木を作っている。川沿いに遊歩道があり人もいない中でゆったりとした気分で桜見物が出来た。川の穏やかに流れ、川面に映る桃色の淡い色彩と、桜の花びらがはらはらと水の上に舞い散る様は絵の中の一こまのように心に焼き付けられる。

もと来た道を引き返し再び桜の洪水を浴びながら大泉学園通りを駅に向かって車を進める。バス通りで若干渋滞していたが桜見物にはかえって都合がいい。西武線の大泉学園駅まで送ってもらい、友人はまた同じ道を引き返し新座のテニスクラブに向かった。当分桜は見なくて済むほど堪能できた。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。