FC2ブログ

定期検診の日

6月11日(水)
2週間の一度の定期検診。IgM値がどうなっているか。上がっているか下がっているか。ともかく急激に上がっていないことを期待するしかない。
検査結果
  I gM      1189 ←1130←1192
 白血球      2.9←2.8
 ヘモグロビン  10.9←10.9
 血小板      15.6←14.8


IgMは若干上昇しているが、許容範囲だろう。5月14日に1192だったことを考えると、元に戻ったということだ。数十の単位での上下は問題ないが、百単位で上昇することになったら対策を考えなければならない。

サリドマイドの副作用
白血球とヘモグロビンはほとんど上下がない。サリドマイドの副作用の項目に白血球減少もまれにあるとか書かれているが、100mgということもあって今のところ正常細胞に影響はない。ただ、白血球は正常値からいうとかなり低くいが、なかなか回復しない。

それに比べ血小板はベルケード療法の時、4.5まで下がったこともあるが、ベルケード停止以降順調に回復し正常値の範囲に収まっている。今の所、サリドマイドの副作用としては、夜ぐっすり寝られること、これはいいことなのだが、日中の若干の倦怠感といった所だ。今までの抗がん剤と比べて副作用は究めて少ない。ステロイドも副腎の機能が十分回復していないので、すぐにやめられないということで弱いのを使用している。そのため副作用の心配をしなくてもいい。

しかし、まだ大量の薬を飲んでいる。確かに白血球値も低いし、IgM、IgG、IgAなどの免疫グロブリンの機能も十分とはいえない。総体的に免疫機能が衰えているということはあるが、多過ぎるような気がする。薬漬けになってしまう。

今服用している薬
 サリドマイド (抗がん剤) 100mg 毎日寝る前。
 バクタ (カリニ肺炎予防薬・細菌による感染症予防) 400mg 毎朝食後。
 ボナロン (骨粗しょう症予防薬) 35mg 週1回。
 コートリル (ステロイド) 10mg 毎朝食後。
 ガバペン (末梢神経障害・手足のしびれを抑える) 200mg 毎朝食後。
 フルゴナゾール (抗真菌剤) 100mg 毎朝食後。
 ベザトールSR (高脂血症薬・中性脂肪増加を抑える) 200mg 朝晩食後。
 オメプラール (胃薬)20mg 毎朝食後。 

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード