FC2ブログ

上高地-乗鞍高原-白骨温泉-安曇野 3日目

6月24日(火)
3日目-安曇野・旅行日程

9:30  白骨温泉発
10:25 新島々着
10:48 新島々発・松本電鉄
11:17 松本着
12:10 松本発・大糸線
12:35 穂高着・駅前で自転車を借りる。
13:00 大王わさび農場
13:30 安曇野スイス村
14:00 穂高川沿いのわさび園、早春賦歌碑
14:15 碌山美術館
15:00 穂高駅
15:23 穂高駅発・あずさ26号
18:36 新宿着

空は一面晴れ渡り、旅館の窓からは遠い山々が眺望できる。緑の山々に囲まれた旅館は客も少ないせいか、風呂も貸切りのように誰も入っていない。静けさが染み渡っているようだ。天気は今日一日持ちそうだ。一時梅雨はどこかに行ってしまったようだ。バスの発車時刻は9時30分。これを逃すと15時10分までない。かなり早くバス停に着き付近を散策する。

上高地から新島々まで通じている2車線の国道158号線に出るまでは、県道白骨温泉線を通る。この道はかなり幅が狭く、さらにヘアピンカーブが多い。車一台通るのがやっとで、バスなど走れるのだろうかと、往きのタクシーで思っていた。車がすれ違うことなど不可能に思えるほどだ。12月から4月まで通行止めになる道だそうだ。

158号線に出る。広く真っ直ぐな道に出るとほっとする。次々と奈川渡、水殿、稲核の3つのダムが現れる。水を満々とたたえたそれぞれのダム湖は、谷底の景観を増している。

安曇野は5地域に分かれている。そのなかで穂高地域に行くことにした。黒沢明の『夢』という映画に出てきた水車小屋があるというのでそれを見てみようと思った。案内には「光と水と緑輝く安曇野穂高-残雪の北アルプスを背景に、のどかな田園風景。日本の原風景がいたるところに残る"穂高"は、豊かな自然と多くの芸術、文化に恵まれ、サイクリングで施設を巡り 日本一の規模を誇る大王わさび農場や歴史を伝える穂高神社と満願寺、芸術の香り高い碌山美術館など見所が多い。」とあった。

大王わさび農園
駅前で貸自転車を借りた。そこの人が親切で、地図を渡し道順を教えてくれ見所を説明してくれた。まず大王わさび農園に向かった。途中穂高神社を突っ切り、東光寺の下駄や、旧家等々力家を見ながら、農場に着く。入口から左に行った所に河が流れていて、木々が川にかぶさるように垂れている。水車小屋が3軒あった。作ったような典型的な田園風景といった感じだ。

わさび園はかなり広く、太陽の光を遮るため黒い網で覆われていた。通常わさびは水がきれいで渓谷の薄暗い所に育っている。この地域は水がきれいなのでわさびの栽培には適しているのかもしれないが、光線の関係で平地で育てるのは難しい点もあるだろう。一部高台になっていてそこからはアルプスの山々が間近に見ることが出来た。

上高地009_convert_20100320194224 『夢』に登場した水車小屋

上高地013_convert_20100320194319 わさび園の畑

わさび園から安曇野スイス村までの田んぼと麦畑の道は、遮るものがなく180度の広さでアルプスの山々が眼前に広がっている情景を堪能することが出来た。スイス村は全く期待はずれで何もなかった。穂高川まで行き川沿いを走る。右に川、左にわさび園が延々と続く。途中この地を歌った早春賦の歌碑が立てられていた。

上高地020_convert_20100320194434 川沿いのわさび園

碌山美術館
この地で生まれ育った荻原守衛の作品を中心に、高村光太郎などの関係者の作品を集めて展示してある。よく知られている「女」という作品の中に、近代日本の彫刻の新たな展開への始まりが記されているように思える。表情に見られるように内的情感がほとばしり出ている彫刻の実現であった。

「この作品は黒光(苦悩の恋の相手)に仮託された荻原の普遍的な女性像の象徴の実現となったが、後ろ手で膝を付き上方を見上げる姿勢は、因習に囚われ解放を望みながら悩む明治の女性像とも読み取れる。」と記されていた。美術館の建物は明治33年に作られたという、尖塔に不死鳥をいただき、外壁に焼きレンガを積み上げた西欧教会風の建物で、ツタが這い建物自体が作品としての価値があるように思える。

上高地026_convert_20100320194556 美術館本館

上高地025_convert_20100320194514 庭に展示されていた荻原守衛の作品 

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード