スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ももの木」患者交流会

10月25日(土)
娘の白血病について
患者交流会で、初めて来たという婦人と話す機会があった。自己紹介の時、「自分の17歳の娘が白血病で、脳内出血を起こしている」と言っていた。

娘さんが白血病で厳しい状況にあると思っていた。しかし現実は、娘さんは、脳内出血で既に死亡しているとの事だった。彼女は自己紹介の時もなかなか発言しなかった。何といっていいのか迷っているようだった。そして自己紹介では、娘さんの死は隠していた。病気と闘い頑張っている人たちを見ると言い出せなかったと言った。

17歳の娘が彼女にとってどれ程大切な存在だったか、一言一言に滲み出ていた。2月のある日、娘が頭が痛いと言っていた。風邪でも引いたのかもしれないと思っていた。だが次の日は元気に学校に行った。毎日毎日が楽しくて充実していて、一日が我々の何日分にも当たるような日々を送っていた。来年高校を卒業したらこうしたいああしたいといった大きな夢を持って毎日生きていた。

学校から帰って、少しだるいといっていたが、急に意識を失ってしまった。救急車を呼んで病院に担ぎ込まれた。そこで白血病による脳内出血だということだった。すぐ手術をしたが、もはや手遅れで回復は不可能だった。意識は戻らず、生命維持装置で呼吸をしているだけだった。医者はもう無理だと言ったが、彼女は生命維持装置をはずさせなかった。娘につきっきりで傍にいても、手を握り締めている事位しか出来なった。それでも13日間娘は生き続けた。

恐らく白血病がかなり進行していたのだろう。白血病細胞が増殖し、血小板を減少させることで出血傾向が増加し、重症な場合は脳出血や消化管の出血(胃、十二指腸などからの出血)が起こる。しかし脳内出血とは白血病がかなり重篤になってからのことなのだ。何の自覚症状も無かったのだろうか。

娘の死をどう受け止めるのか

娘が死んでから、ある時は半狂乱になり、ある時は呆けたように何も手がつかず座り込んだままで何時間も過ごしていった。自殺を考えた事もあった。娘の兆候にもっと早く気がついていれば救えたかもしれないのにといった後悔にさいなまれ、娘の夢と可能性に満ちた未来を考えると居ても立ってもいられなくなる。何ケ月はそのように過ぎていった。

最近になってようやく少し外出したりするようになった。娘の死という心の傷は癒える事はないがどうにか普通の生活のリズムを回復しつつある。それまでに9ケ月の歳月がかかった。そして、今日は娘を奪った白血病の事を知りたくてここに来たと言った。ここに来るのもどうしようかと迷ったらしいが、何かに一歩踏み出さなければという思いだったという。

母親と娘の関係の親密さについては分からない所があるし、人によっても違うだろう。しかし、彼女の娘に対する深い愛情と、娘を奪った病気に対する恨みは、人を驚愕されるほどの強烈さで迫ってきた。

病気と死

病気=死という式を我々は否定し、頭脳から払いのけようとしているし、考えないようにしている。余命何年という言い方を平気でしているが、それは決してその時期に死ぬ事は無いと高をくくっているからだ。

急性骨髄性白血病の場合、化学療法で20~50%、移植で40~70%の治癒が期待できる。急性リンパ性白血病の場合、治癒率は化学療法で15~35%、移植では45~55%である。(gooヘルスケアより)

確かに白血病は今では不治の病ではない。しかしそれでもこの病気に罹ったら半数近くが命を落とす事になる。多くの白血病で社会復帰した人たちの姿を見ているから、治るもんだと信じている節もあるのかもしれないが、実際にはかなり深刻な病気だ。

確かにがんなどの病気になったら、日々「死」と隣合わせに生きているようなものだ。それを娘さんを亡くした婦人から、嫌というほど突きつけられた感じがした。娘の死をあそこまで考え、思いつめ、煩悶し、しかし何ら回答など見当たらない。何故死んだのかの答えなどどこにも無い。それでも思い惑い続けざるを得ない心の葛藤について、一体どういう言葉をかける事ができるのだろうか。「死んだ人の分まで頑張って生きる」などといっても死んだ人は帰って来ることはない。

「死」それは回答のない泥沼のようなものだ。「死」は誰も経験できない。人は「死」を知る事はできない。「語りえぬことには、沈黙を守らなければならない。」

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。