スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルザック 『知られざる傑作』

2月16日(月)
本の整理をしていて、岩波文庫の昭和42年発行の本があった。今から40年前のものだ。バルザックの『知られざる傑作・他5編』の短編集だった。昔読んでどんな感想を持ったかも全く覚えていない。これも読んでみる事にした。

51_.jpgSTORY:マビューズの唯一の弟子であり、たぐい稀なる才能を持った老画家が、自らの畢生の大作として、十年の歳月を傾けて日々修正に修正を重ながら一枚の絵を制作し続けてきた。しかし、結局は理想としての美に人間の力量はどこまでも届くことは叶わず、ついに自分の無力を痛感してこれまで描き上げた多くの作品とともに、炎の中に自らも身を投げていく。

実在の人物を登場させているので時代の雰囲気が伝わってくる。マビューズ(Mabuse / Jan Gossaert, Gossart 1478?-1533/36)、ポルビュス(Frans Pourbus 1577-1622)、ニコラ・プーサン(Nicolas Poussin 1594-1665)の3人が登場する。若き日のプーサンに対し老天才画家フレンホーフェルが、芸術とは何か、絵画とは何を表現するのかと次々と問題を投げかける。

フレンホーフェルは語る。
「芸術の使命は自然を模写することではない、自然を表現することだ。君はいやしい筆耕ではない、詩人なんだ。
彫刻家はその(人の)手を正確に写しとることはしないが、その動きと生命を、君に彫り上げてみせるだろう。われわれは事物の精神を、魂を、特徴をつかまえなくてはならない。」(岩波文庫・水野喬訳)

理想と現実、自然と人間。そのどこまでも遠く離れた隔たりに、一人の天才は絶望の呻きをあげる。それは美に限りなく近づくことはかなうけれど、でも美そのものに至りつくことはゆるされない人の限界への嘆息。そして美のイデアに魅了されつくして、ついには人間性の極限にぶつかって、感情も理性も失ってしまう。芸術を自然の模倣という呪縛から解き放とうとしているその信念の下、彼は一枚の女性の絵を描いているのだが、それは他人の目から 見れば凡そ女性の姿をしていなかった。結局、理想を達成できなかったことが分かった画家は、自殺してしまう。(ブログ「隠れ蓑」Penseurより)

芸術が単なる自然の模倣ではないことは誰の目にも明らかだろう。20世紀の芸術家たちの格闘はそこから始まった。だがそれはバルザック(フレンホーフェル)が本の中で語り主張し、想定した芸術かというと必ずしもそうではない。自然をどのようにとらえるのか。その格闘はセザンヌによって切り開かれた。

セザンヌ以前、画家は山や、木やリンゴや人体を、いかにも眼前にそれがあるごとくカンヴァスというスクリーンに映し出す映写技師であった。自然を模倣し、自然に従属する絵画であった。しかしセザンヌの画面は、そういう自然の"模写〃ではない。自然は「人問にとって、その表面にあらわれているものよりずっと奥深」く、いっぽう絵画は「彩色された平面」にすぎない。自然を見、自然から感じとったものを、どう画面に定着させるか。がセザンヌの終生のテーマであった。( BLUE HEAVEより)

セザンヌは語る。
「自然を円筒形と球形と円錐形によって扱いなさい。自然は平面よりも深さにおいて存在します。そのため、赤と黄で示される光の震動の中に空気を感じさせる青系統を入れる必要性があるのです。」

セザンヌの考えは多くの画家に影響を与えた。ジャコメティは言う。
「対象を忠実に眼に見えるとおりに描く仕事は、何の基準も持たず、人間の理解を超えた巨大な自然に向うことであり、不条理な状態に留まることだ。こんな不条理な仕事は果たして試みるに値するだろうか」

バルザックが『知られざる傑作』を書いたのが1832年だ。この頃はまだ写実主義を掲げる宮廷画家が主流だった頃だろう。そういった時代にこの小説に出てくるような芸術論を展開するとは大したものだと驚いてしまう。恐らく当時、写実主義に飽き足らず様々な試みが既に始まっていたのだろう。それが潮流となり、芸術運動として開花するのは20世紀になってからなのだが、19世紀の試行錯誤が20世紀の芸術を生み出す原動力になったのだろう。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。