スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期検診の予定だったが

2月18日(水)
通常2週間に一度の定期検診の日なのだが、診察予約表を見てみると次の検診日が3月4日となっていた。1ケ月に一度になったのならそれはそれでいいのだが、そうなると月1度行なっているゾメタの点滴が出来なくなってしまう。通常飲んでいる薬は2月4日の時1ケ月分もらっているのだが、エンドキサンは2週間分しか処方されていなく、デカドロンもなかった。折角3種併用療法で効果を発揮しているのだから、ここで中断したくはなかった。ということで主治医に連絡して18日午後の診察の予約をした。

こういった経過があったので、この日は血液検査は行なわれず、20分位待って医者の診察を受けた、と言っても診断の材料となる血液検査の結果がないので、エンドキサンとデカドロンの処方と、ゾメタ点滴の用意をしただけだ。

ゾメタの点滴は、腎臓に負担をかけるということで15分以上かけて行なう事とされている。これを1時間かけて点滴した。ゾメタの点滴を始めてから、血液検査で今まで全く注意を払わなかった、クレアチニンと尿素窒素の数値に注目するようにしている。ゾメタは腎臓にかなり負担をかけると言われている。

ゾメタを行なっている時は腎臓機能を絶えずチェックしなければならない。クレアチニンと尿素窒素はその指標となる。腎臓の機能の低下は早いうちであれば回復可能だが、手遅れになると透析を行なわなければならなくなり、移殖以外腎機能の回復の見込みがない。そういった意味で早期発見が必要だ。そのためにゾメタ使用中は定期的な腎機能検査が不可欠だと言われている。

またゾメタなどを使用している患者の抜歯を行うと、顎骨壊死があるので注意しなければならないと書かれている。歯科治療の際には、必ず歯科医にゾメタ使用の事を伝え、治療中はゾメタの使用を中止しなければならない。また口腔内の汚れも、顎骨壊死に関連することもあるらしい。

製造販売元のノバルティスのHPには、ゾメタの投与前は患者の口腔内の状態を注意深く観察し、歯及び歯の周囲の感染を調べる為に、レントゲン撮影を含めた臨床検査の定期的な実施が推奨されるとあった。

私がゾメタを使用し始めた時は、主治医から一切歯のことについて言われなかった。退院後、半年に一度、歯の定期点検を受けて、歯垢の除去などをやってもらっている。たまたまゾメタを始める前に点検を行なったばかりだった。良く効く薬はそれだけ副作用も強烈なので十分注意が必要だと言う事だ。そういったことにも頭を悩まさなければならないのもしんどい話だ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

最近、クレアチニン検査値の傍に、GFR推算が、併記される血液検査結果表が増えてきたと聞きます。きっとも百もご存知のことと思いますが、触れておきます。CKD(慢性腎臓病)患者の増加で、透析治療が満杯になりつつあることや医療費の抑制?もあって、2007年に日本腎臓学会が、クレアチニン値から算定するGFR値とCKDの進行状態の診断
一覧表を、日本人向けに修正したものを公表しています。国際基準では、ステージ3になる場合も、日本人向け推算式で算定すると、ステージ2に止まりうる可能性も見られるようです。GFR推算値が検査データにあれば、学会公表の年齢~GFR表から、自分の腎臓の機能状態が判定できそうです。クレアチニン値からの計算式もその表などにありますので、自分で計算も出来ます。クレアチニン値の上限を目安にするよりも、腎機能の判定には有用でしょう。ゾメタも大変でしょうが、頑張ってください。

肝臓については、酒飲みだったので注意はしてましたが、腎臓については今まで全く何の興味も感心もありませんでした。ゾメタを使用し始めたからには、腎臓の状態のチェックは怠り無く行なわなければならないと思います。今の所クレアチニンも、尿素窒素も基準値内に収まっています。GFR値に関しては血液検査表には記載されていませんでした。次回医者に聞いて見ます。色々ご教示有難うございます。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。