スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木睦写真展

3月6日(金)
激しい風雨の中を、サリドマイドを取りに病院に行かなければならない。保険診療と自由診療の請求を同一日に行なえないということで、サリドマイドだけは別の日に取りにいくことになっている。最初のうちは保険適用薬とサリドマイドを同一日に処方してもらっていたが、事務がうるさく言ってきているということで医者は止むを得ず別の日に処方することにした。おかげで薬を受け取るためだけに病院に行かなければならない。近くだからいいようなものの、病院から遠くに住んでいる人はどうするのだろうと思ってしまう。

夜、佐々木睦写真展のイベントで息子が友人とアコースティックギターの演奏をするというので見に行った。夜遅く出かけることはめったにない。渋谷までは副都心線が出来て便利になったものだ、千川駅から一本でいける。渋谷駅から文化村通りを通って東急本店をNHKの方にいくと会場のアップリンクXがある。

6B12-170.jpgUplink Galleryで3月4日から16日まで写真展が開かれ、併設するスペースFactoryで今日の19時30分から,写真のプロジェクションと音楽によるセッッションが行われるイベントが開催される。このFactoryはマイクロ・カフェシアターで映画の上映をメインにライヴ、DJ、トークショー、パフォーマンス、写真展シンポジウムなど様々なイベントが行なわれるスペースだ。

しばらく前のある時、写真家の佐々木さんとの話で写真や動画に曲をつけるという話が持ち上がった。そこで息子はnumbというバンドのM君と二人でmoltalというユニットを作った。佐々木さんの映像を編集したものに「round trip」という曲をつけたDVDが既に完成している。

そういった経過で、佐々木睦さんの写真展のレセプションパーティーで、ライブをやる事となった。マーチンのアコギ二本を使って、佐々木さんの写真をイメージして作ったオリジナル曲を5曲やる。佐々木さんの写真に写っていた文字を曲のタイトルにしている。

佐々木睦さんという写真家はグラフィティ、フォトグラフ、メタルワークを作り続けるアーティスト集団「ESCAVAL」のメンバーで、3年ぶりの個展の開催だという。世界各国で写真を撮り続けて、それを3冊の写真集にまとめ、ギャラリーの壁面に所せましと写真が張られ展示されている。最近撮影されたものだという。全てモノクロ写真だ。

写真に関してはマリオ・ジャコメリや森山大道などのモノトーンの写真に魅せられた事はあるが、自分で撮るのは旅行などの風景写真でしかない。写真の芸術性への探求までには至らない。佐々木さんのモノトーンの写真は、街の風景とそこに暮らす人々の様子を深く捉えているように思う。写真は瞬間を切り取る方法なのだろう。一瞬の中に世界が凝縮するその時を逃さず印画紙に固定するその醍醐味は素晴らしいものがあるに違いない。そこまで時間と空間を認識する能力を持てればの話だが。

ここのギャラリーはバーが併設され、酒を飲みながら写真を見るという趣向なのだろう。イベント会場のFactoryへの入場料は無料。ただし、500円のドリンクチケット2枚購入が必要で、要するに1000円2ドリンク付きということだ。

イベントは19時30分からで、ライブは20時か21時くらいからはじめる予定だと聞いていたので、20時前に着くように出かけた。結局、始まったのは21時からだった。

当日、ユニットmoltalのメンバーの一人M君が体調を崩して出演出来なくなってしまった。それが2時間前に分って、息子は2人でやる曲を急遽一人用に直して演奏せざるをえなかった。会場は30人位いただろうか、人前で一人で、伴奏もなく初めての曲を演奏するというのはなかなか度胸があるなと思った。佐々木さんの撮った動画のプロジェクション映像を背景にしながら無事5曲を弾き終わった。演奏が終わったので会場を後にした。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。