スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都立庭園-8 六義園の枝垂桜

4月3日(金)
一昨日定期検診を受け、血液検査、医師の診療、保健適用薬の処方を行った。しかし、同じ日に保険適用薬以外の薬の処方を行うことは出来ないとされている。仕方なくサリドマイドだけを受け取りに病院に行かなければならない。

「一連の医療行為に中で、保険診療と自由診療の医療サービスを併用する混合診療は禁止されている。そのため、保険のきかない治療を受けるときには、検査や診察料など本来は保険がきく部分も含めてすべてが自由診療扱いとなり、全額自己負担しなければならない。」ということでわざわざ別の日に処方してもらう他ないのだ。

薬が処方される時間より少し早めに出て、駒込駅から歩いて病院に向かう。六義園の枝垂桜が満開だということで、寄っていこうと思った。駒込駅前広場のソメイヨシノは花を咲かせ、至る所に「染井よしの桜祭り」といったピンクののぼりが立てかけてある。駒込駅よりの染井門は閉鎖されているので正門に向かう。

六義園004_convert_20090403200034

駅から正門に向かう道には、中高年の人たちが並ぶようにして歩いている。皆六義園に向かうのだろうかと思って、正門に着いたらそこから、50m程の列が出来ている。六義園には病院の帰り、季節ごとに年3、4回は行っているが、入園券を求めるのに列を作っているのを見るのは初めてだ。5分程並んで中に入る。

六義園に何度も行っていながら咲いている枝垂桜を見るのは初めてだ。薄桃色の花が咲き誇りいつも見る2倍位の大きさに見える。桜の木の周りには人だかりが出来ている。札が立っていて、そこに書いてある説明では「エドヒガンの変種で、戦後植栽され50年経っている。高さ約13m、幅約17m。」とあった。

六義園012_convert_20090403200318

六義園の桜は、池を挟んで対岸の吹上茶屋の所にソメイヨシノの古木があり満開に近かった。昨日までソメイヨシノは何処でもまだほとんど花を咲かせていなかったようだが、今日になって急に気温が上がり一斉に花を開き始めた感じだ。

桜の花以上に驚いたのは、モミジが黄緑色の葉を一杯につけ、その瑞々しい新緑の姿を青空を背景に立っている姿だった。12月までは真っ赤な紅葉を楽しませてくれていて、4ケ月も経たないうちに今度は新緑を感じさせてくれる自然の循環の妙に感心するばかりだった。

六義園015_convert_20090403200218

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

見事な枝垂桜ですね。
この季節,ソメイヨシノは珍しくもなんともありませんが,23区内にこんな枝垂桜があるとは,驚きです。わたしの所からは,ちょっとついでというわけにはいかないのが,残念です。
写真で楽しませてもらいます。

六義園に何度か行ったことがあるのに、枝垂桜を見たのは初めてでした。入院する前の何年かは仕事が忙しく、社員旅行以外一切旅行にも行ったこともなく、ましてや都内近郊の散策などした事もありませんでした。病気になったことで全く生き方が変わりました。病気にでもならなければ色々問題を抱えていても生活を変える事はなかなか出来ないものなのかもしれません。今はこれでよかったと思えるようになってきています。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。