FC2ブログ

定期検診の日

1月9日(水)
定期外来の日だ。今日は正月明け最初の血液内科関連の外来診察日だということもあってかなり混んでいた。病院には9時に着いたが、採血で1時間以上待たされ、10時30分予約の診察が1時近くになってしまった。そして診断が10分位で終わった。採血結果で血小板が9.1まで上がっているのでベルケード療法第3サイクルを開始することになった。11日、15日、18日、22日にベルケードを点滴静注する。

会計、薬の処方など結局病院を出たのが1時30分だった。4時間半もかかってしまった。医者が不足しているのだろうか。町医者で間に合う病気でも大病院にかかりたがる人が多いのだろうか。何処の病院でもこのような混雑はあたりまえとなっている。一方、街の古くからの病院はつぶれたり、経営がかなり厳しい状況になっている。

椎名町の駅前の橋本病院が、ある日張り紙を出して、管財人の管理になったと表示してあった。患者はいつの間にか外の病院に移動したのだろう。また5,6階建てのかなり大きな病院で、救急病院でもあった敬愛病院がある日突然取り壊され、その跡地の建物は「共同住宅」と建築確認表に記載されていた。つまり病院を改築したのではなくやはりつぶれたのだろう。

病院経営は難しい、評判のいい病院には人が集まり一般的病院はすたれていく。情報化社会の中で名医のいる病院や、評判のいい病院ランキングなどの情報に振り回されてどどっとそちらの方に人が流れていくのだろう。医者が不足している中で、町に根付いた病院が活性化していく方策はないのだろうか。

「2007年1月から12月までに発生した病院・診療所・歯科診療所など医療機関の倒産が計48件に達することが1月17日、帝国データバンクの集計で分かった。前年の30件と比較すると、1.5倍以上増えたことになる。」(1月17日 医療介護情報CBニュース)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード