スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張らない生き方も一つの選択

5月24日(日)
人生が限られている状態で、時間があるとしてもその時間をどう使うのかは、自分でも分からない点があるのは確かだ。朝晩の家事以外、残りの時間は全て自由に使える。全て自分で組み立て選ぶ事ができ、何処からも強制されるものはない。悠々自適の生活をしているといえば言える。

誰でもこういった生活を一般的には望むだろう。だがこれもなかなか難しい。一般的に人は何故仕事をするのか。もちろん経済的な必要性が大きいのは確かだ。そしてそれが主要な目的だ。しかしやはりどうやって時間を使うかを考えるという困難さを回避するという面もあるような気がする。休日が待ち遠しく楽しみなのは日々の仕事があるからで、毎日休日だったらどうやって過ごそうかと考えなければならない。

レーモン・クノーの『人生の日曜日』という本がある。仕事が忙しかった頃、この言葉の響きが好きで、憧れに近いような気持ちで、こういった日々を思い描いていた。内容は別として純粋に言葉の響きが気に入っていた。

彼の主張は「人生の日曜日は人間が休息している状態、生存のための闘争や競争が一時的に放棄された状態を象徴する」「人生において生きるためにあくせくする週日を無視するやり方を意味する」といったものだ。

そして今、毎日が日曜日なわけだがどのように過ごすかは、思っていたより難しい事に気がついた。限りある人生を自覚した時、悔いのない人生を送りたいとは誰でも思う。しかしそれが自分にとってどのようなものかの答えは直ぐには見付かるものではない。へたをすれば、何もしないで日々が過ぎ去っていくような気もする。

だが、よく考えれば、それはそれでいいのかもしれない。片意地張って、がむしゃらに生きていくのも疲れるものだ。時の流れのままに生きていくのも一つの生き方だとも一方で思ったりもする。多くの老人がそうであるように。

フランスの田舎町で見た光景を聞いた。「ひなびた町(村)のあちこちで目にしたのは、ペタンク(ゲートボールのようなゲーム)に興じる老人の姿。それと、広場のベンチで話をしたり道行く人を穏やかに見ている老人たちです。」若い頃見れば他にやることがないのかと思うだろう。

ヨーロッパの町で見かけるただたむろし何もしていない老人たちの姿、ニューヨークのセントラルパークで、一日中チェスをやっていたり、日向ぼっこをしている老人たちの姿はよくテレビでも見ることがある。フランス人の場合は年金暮らしが可能だろが、ニューヨークの公園にいる人たちは失業者なのかもしれない。

家の傍に、買い物に行く時とか、散歩とかで通る公園がある。その公園にいつも居る老人がいる。何回か見ているうちに分かったが、彼は雨の日以外毎日13時頃から17時頃までいる。家にいづらいのか、公園が好きなのか理由は分からない。70歳前後で、杖をついている。4時間ばかり公園の決まったベンチに腰掛けているだけで、何もしているわけではない。

柳田邦男の書いた『ガン50人の勇気』という本がある。ここでは、死の直前まで仕事に情熱を傾け、仕事を全うして死んでいった人への評価が書かれている。がんで余命を宣告された人たちが残りの人生を精一杯生きてきた多くの例が載っている。確かに余命宣告されているがん患者にとって残りの限られた時間をどう生きるかはきわめて深刻な問題だと思う。命が限られていれば残りの人生を充実したものとして生きようと思うのはいわば必然的なものだろう。

しかしそれは生き方の一つなのだ。限られた人生をどうしていくかは人それぞれ全く違ってくる。時間がないとあせって、追われる様に人生を送る衝動に駆られることもあるかもしれない。しかしそれでは、世のサラーリーマンが仕事に追われているのと変わりないのではないか。

4時間何もしないで座っている老人の姿を見て、「何もしないでいられる時間を持つことの幸せ」といったことを考えた。「何もしない事を受容できる」生活もまた一つの生き方だと思う。

全ての人は限られた時間を生きている。余命を宣告されたがん患者も全くそれと変わりない。ただ長さの違いなのだ。それだったらもっと気楽に余命について考えてみようとある時、思った。

もちろんこれは余命を宣告された人の性格にもよるだろうが、何時死ぬと言われて、必死になって自分の足跡を残そうという人もいるかもしれない。しかしそれは歴史の中でどの道、やがて藻屑として消えるものでしかない。

そう思うと余命何年などと言われて気張って日々を送るより、そんなことは気にせずに静かに思うがままに残りの人生を生きればいいと思う。何もしない時間、無駄に費やされる時間そういった所がある人生こそが恐らく意味があるのではないかと思う。

何もしなくていい時間を持つという贅沢をしばし味わってみてもいいのではないか。何かをしなければという思いと、何もしない時間を楽しむ余裕といった間で心情は揺れ動くしかないが、それが人生というものだろう。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

夫がタイへ単身赴任していたとき、家族で観光したいというので、わたしは泳げないから海以外だったら、と言ったのに、結局海辺のリゾートへ行くことになりました。
みんなが泳いでいる間浜辺で荷物の番をしているのですが、その退屈なことったらありません。周りを見ると欧米人はのんびりと寝そべったり本を広げたりして日光浴しています。
聞くところによると、何にもしないですごすのが、彼らの休暇なのだとか。貧乏性でなにかしていないと時間がもったいない気がするわたしには、考えられないことでした。
今は少し無理をしたり、精神的なストレスがかかると体の中に重い石を抱えているようで、動きたくても動けないことが時々あります。自分に腹を立ててみてもどうにもならず、このごろは、何もしないことも長い人生の中では在りなんだ!と割り切ることにしました。

こんばんは。
私は、ブログのコメントや掲示板で、
「どれだけ生きるかではなく、どう生きるかが問題なのだ」
と書いてきました。
具体的な生き方については、人生色々なのですが、私個人としては、yosimineさんの今回のお話に近いです。
「お金持ちではないけれど、時間持ち」
特にどうということでもない時間、または、何もしない時間を湯水のように使って、贅沢三昧しています。
ある程度年をとらないと、こういう贅沢は、理解できないでしょうね。

今までは、治療中心に、
「がんばらない、がんばらないけど諦めない、まっ、いいか」
というのがよいと思っていました。
最近は、生き方として、
「その時まで、淡々と生きる」
というのにも、結構、魅力を感じています。

 わたしの好きなことばに,「百年たてばみな同じ」というのがあります。(以下略)

 続きは,ブログに書こう。^^;
 最近,ネタ切れなので。
 血液内科の通院間隔は長くなったかわりに歯医者に通いだした。日帰り旅行に出かけたいと計画は立てるけど,多忙のため,果たせない。

色々と意見を寄せてもらって有難うございます。こういった結び付きがあるというのは今の社会の中で限りなく貴重なもののような気がします。

テンニースは、人間社会が近代化すると共に、地縁や血縁、友情で深く結びついた伝統的社会形態であるゲマインシャフト(共同体)から近代社会の特徴である利害関係に基づいて人為的に作られた社会ゲゼルシャフト(利益社会)へと変遷していったと言います。

ゲゼルシャフトでは人間関係は疎遠になっていきます。大都市では人の結びつぎがますます希薄になって来ています。色々な関係を大切にしていきたいと想います。

「何もしないで過ごすのが休暇」というのは示唆にとむ言葉ですね。追いまくられるように働き続けている日本人にはなかなか浸透しない発想法です。旅行に行っても名所旧跡を見放題見て回る傾向があります。これも休暇が短いということも理由の一つでしょう。

オーストラリアにい行った時、ガイドの説明にあったオーストラリア人の休暇の量に驚いたくらいです。病気のときにシック休暇なるものまであるし、休暇は強制的に取らされます。また休暇を過ごすためのスポーツ施設も完備しています。そして休みの時には将来高く売るために家の改造をするそうです。

だが、目の前に海があれば泳ぎたくなり、山があれば登りたくなる。それは、貧乏性というより人間の本性のような気もします。衝動に逆らわず気のむくままに過ごしたいと思います。

「どれだけ生きるかではなく、どう生きるかが問題なのだ」 は含蓄のある言葉ですね。また、「ある程度年をとらないと、こういう贅沢は、理解できないでしょうね。」といった言葉も改めてその意味するところの重要さを認識している所です。年齢を重ねる事によって見えてくるものを大切にしたいと思います。

「百年たてばみな同じ」という言葉がどういった展開になるか、ブログを楽しみにしています。休薬が続けばいいですね。


プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。