スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYOウオーク2009「浅草エリア」

6月20日(土)
金龍山 浅草寺 (聖観音宗総本山) 
ももの木の掲示板でTOKYOウオーク2009「浅草エリア」への参加が呼びかけられた。今回は浅草周辺を巡るコースとなっている。Aコース20km、Bコース10km、Cコース6kmとなっている。体力に合わせてコースを選択する。ももの木としてはCコースで行く事になっている。

豬・拷繧ィ繝ェ繧「003_convert_20090620192200 仲見世通り

今回のCコースは6.9kmということだ。このコースは集合場所の隅田公園を出発して、三ツ目通りを総武線の線路に方面に行き、京葉道路を右折して、両国駅方面に行く。両国駅に向かう所を右折し、厩橋を渡り、江戸通りを雷門方面に向かい、吾妻橋を渡り隅田公園に戻るというものだ。

豬・拷繧ィ繝ェ繧「006_convert_20090620192244 浅草寺・宝蔵門

早めに行って仲見世通りや浅草寺の境内を散策してみようと思った。9時頃銀座線の浅草駅に着いた。仲見世通りは、まだ朝9時だというのにかなり賑わっていた。学生服を着た修学旅行のグループや外国人観光客も多く見られた。

豬・拷繧ィ繝ェ繧「007_convert_20090620192323 浅草寺五重塔

五重の塔を眺めながら境内をしばらく散策し、隅田公園に向かったが、伝法院通りを逆方向に進んで行き、国際通りまで出てしまった。気がついたので、そこから雷門通りを吾妻橋方面に戻っていった。おかげで浅草寺周辺を歩き回ったという感じになった。

隅田公園
豬・拷繧ィ繝ェ繧「071_convert_20090620192722

吾妻橋を渡ればすぐ目的地の公園だと思っていたが、TOKYOウオークの集合場所までは結構あった。アサヒビールの本社ビルや、墨田区役所の高層ビルを右手に見ながら進み橋を渡ってやっと公園に着く。隅田川河岸に続く隅田公園は桜の名所として知られている。屋形船に乗って両岸の桜見物をするという風情を楽しむのが最近流行っているらしい。

集合時間9時30分に大分遅れて、公園に着いた。結局今日のももの木からの参加は、3人だけだった。陸上部の部長が、ももの木のマークを付けた黄緑色のTシャツを用意してくれていて、それを着て出発する。

隅田公園を出発し、三ツ目通りを京葉道路に向かって進む。何の変哲もない面白みのない道だが、連れがいるのでお喋りをしながら歩けば退屈はしない。この道路の周辺を見て感じたのだが、この本所近辺の道は碁盤目に作られている。戦後、焼け跡の再開発できっちと区画整理されたのだろう。

旧安田庭園
京葉道路のだだっ広い道の歩道をてくてくと両国方面に歩いていく。やっと両国駅に着く。国技館を見ながら、旧安田庭園に辿り着く。コンクリートの道ばかり歩いてきたので気分転換に入ってみる事にする。

豬・拷繧ィ繝ェ繧「039_convert_20090620192611 旧安田庭園

この庭園は本庄因幡守宗資の築造といわれ、隅田川の水を導いた潮入り回遊式庭園で、規模は小さいが江戸名園の一つに数えられていたというものだ。ここで気分一新、再び歩き始める。

東京都慰霊堂
庭園を後にして横網町公園に向かう。横網町公園は元陸軍被服廠があった場所である。この地にあった被服廠は大正8年に赤羽に移転し、その後公園予定地として更地になっていた。

1923年の関東大震災の時、この場所は多くの罹災者の避難場所になった。多くの家財道具が持ち込まれた。周囲からの火災が家財道具に燃え移り、また火災旋風が起こったため、この地だけで(推定)東京市全体の死亡者の半数以上の3万8000人程度が死亡したとされる。その死者を慰霊し、このような災害が二度と起こらないように祈念するための慰霊堂は1930年(昭和5年)に、復興記念館は1931年(昭和6年)に完成した。
その後、第二次世界大戦での東京大空襲で7万7000人あまりが死亡した。戦後各地に仮埋葬された身元不明の遺骨を納骨堂に改葬した。戦災者整葬事業が完了した1951年に「東京都慰霊堂」と改称した。

豬・拷繧ィ繝ェ繧「051_convert_20090620192516 東京都慰霊堂・本堂と三重塔

横網町公園の一角には東京大空襲における焼夷弾の攻撃によって溶けた大砲や、鉄の塊が幾つか展示されていた。この展示品は、人々を襲った火災の規模がいかに凄まじいものであるかを示している。

「超巨大な火災旋風が至る所で発生し、橋や建物に炎が火龍の如く流れ込み、焼死する人や、炎に酸素を奪われ窒息死する人も多かった。また、川に逃げ込んだものの、水温が低く凍死する人も多く、翌朝の隅田川は凍死・溺死者で川面が溢れていたという。」と記されている。

厩橋から雷門
公園を出て清澄通りを厩橋方面進む。厩橋を渡る。隅田川には遊覧船がひっきりなしに行き来する。浅草から浜離宮、日の出桟橋を巡る隅田川の川下りの船だ。浅草駅の近くの船着場は人で溢れていた。天気もよく、海風は気持ちよさそうだ。

途中で昼食をとり、雷門の前で記念撮影をして、スタート地点であり、ゴールでもある隅田公園には、到着の受付開始時間である13時丁度に到着した。今日は気温が28度位まで上がったようだが、川沿いを歩いていたということもあるのだろうか、それ程暑さを感ぜずに歩くことが出来た。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。