スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動坂下・ラーメン探訪

8月6日(木)
2週間一度定期検診で通院しているが、帰りには大体病院の近くの評判のラーメン屋で遅い昼食をとる。昼食時間に行っても行列が出来ているので、診療が終わるのが2時か3時頃なので、その頃行くのが丁度いい。ただスープが終わると店を閉めてしまうのでありつけるかどうかは行ってみないと分らない。

病院から動坂を下り、不忍通りを道灌山下方面に歩いていくと幾つかのラーメン屋がある。「TETSU」と「神名備」という店が目的の店だ。その外に、「ラーメン鈴政」や「ラーメン一番」という180円ラーメンの店があったが両方とも潰れてしまった。札幌ラーメンのチェーン店「えぞ菊」や「大島ラーメン」、鶏白湯魚介のスープを売りにしている「いっとく」の千駄木店などあるが、どうしても食べてなってしまうラーメンがある。

「TETSU」はまさに行列の出来るラーメン屋の典型だ。昼の時間は常時20人位の客が列を作っている。待ち時間は30分以上だろう。待って食べるのがまたより一層おいしさのスパイスともなるのだろう。

108.jpgこの店は昨年のラーメンランキングのつけ麺部門で1位となっている。また通算ランキングで4位の位置を保っている。そういったことで人気店となっている。西日暮里や千駄木、田端からそれぞれ10分位かかる場所にありながら、わざわざ食べに来る人がいるという今日のラーメン人気を物語っているようだ。

最近のラーメン屋は魚介系のスープを使う所が多い。「TETSU」のつけ麺のスープはゲンコツ・鶏から取った動物系スープと鰹・鯖・煮干しで取った魚系スープをミックスした濃厚スープだ。そこに自家製太麺が絡み合う。削り節の粉末がつけ麺のスープの底に溜まっている位たっぷりと入っている。

つけ麺を食べ終えた後、その濃いスープにだし汁を入れ、さらにそこに焼き石を投入するという斬新な方法でつけ麺のスープを温めて飲むことが出来るというアイデアは、その気配りだけでファンが出来てもおかしくはない。

「TETSU」の斜め向かいに「神名備」というラーメン屋がある。この店は、ランキングなどには登場しないが、口コミでおいしさが宣伝されているのだろう、隠れた名店として知られている。昼時は外に行列は出来ないが、中のベンチには待っている客でいつも一杯だ。

0405g-mise2-l_convert_20090806233805.jpg「神名備」のラーメンは塩と醤油の2種類が基本だ。まずそのスープの味に感心する。様々な材料を煮込んであるのだろうが、濁りがなく雑味を取り除き、極めて丹念にクリアな旨味だけを上手に引き出している印象だ。

トッピングの肩ロースのチャーシューはボリューム感たっぷりで、しっとりとした肉質と香辛料を使った味付けはスープにマッチし、もやしと万能ネギは、コッテリとした味一辺倒にならないため山盛りになるほど多めに入っている。中細の縮れ麺は、玉子麺だという。スルスルとした啜り心地の良さとシコシコとした食感がスープともやしや万能ねぎと全体の味をさらに高めあっている。

病院に行った帰り道、遅い昼食をこのどちらかの店のラーメンを食べて行くことがほとんどだ。これをずっと続けている。こういった楽しみもあっていいのではないかと思う。

昔からラーメン好きで、外に出かけて昼食に何を食べようかと考える時まずラーメン屋が思い浮かぶ。チェーン店のラーメン屋ではなく、ラーメン専門店を探して入る。ラーメンだけで店を出すからにはそれだけのラーメンに対する考え方、確信を持っているのだろうから味は間違いないだろうと思って入店する。めったに外れたためしはない。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

うぉ~

ラーメン食べたい(✪ฺД✪ฺ)
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。