スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん性疲労

11月12日(木)
化学療法と移植の影響で疲労感は恒常的に存在していた。その影響は2年位続いたのかもしれないが、その後も疲労感から開放されない。何故なの分らないがそれも波があって、外出したくなる時もあれば家でグッタリしている時もある。

サリドマイド+MP療法をやって白血球などが減少し、気分的なのかもしれないがこの1、2週間疲れやすくなった気がする。がん性疲労についてネットを検索していたら「シリーズ・がんに伴う症状とその管理・全身倦怠感・疲労感」執筆・古井奈美(癌研有明病院看護部)があった。がんと疲労との関係について直接取り上げた文献が珍しかったので、自分の現状を知る参考にしようと以下引用してみたい。

全身倦怠感・疲労感-原因及び誘発因子
この正確な発生機序は不明ですが,化学療法法や放射線療法,免疫療法による直接的ながん治療によるものや,がんに関連する問題を解決するために使われる薬剤(鎮痛薬,抗うつ薬,睡眠薬など)により生じる場合があります。

また,がんと診断されたことや,治療に伴い長期間にわたり経験する極度のストレスによって多くのエネルギーを消耗し,全身倦怠感・疲労感へとつながること があります。さらに,がん増大に伴う代謝異常,がん細胞から産生される各種サイトカイン,貧血や栄養障害,がん悪液質などの身体的要因によるものなど,いろいろな要因が相互に影響しながら発現していると考えられています。

1)がん治療
全身倦怠感・疲労感は,化学療法,放射線療法,骨髄移植,免疫療法などに伴う共通の症状です。いずれの治療でも細胞が破壊されることによって全身倦怠感・疲労感が生じます。化学療法では貧血によって,化学療法を繰り返すことで症状は徐々に増すことがあります。また,治療による気分の変化や睡眠パターンの崩れ,吐き気や嘔吐,慢性の痛みや体重減少なども原因となります。

2)痛み

慢性的ながんの痛みは,活動性の低下や食欲減退,睡眠障害,うつなどを引き起こし全身倦怠感・疲労感の要因となります。

3)心理的因子

患者様は,がんと診断されたこと,健康でなくなったことに精神的な苦痛を感じます。そして気分や信念,態度,ストレス因子に対する反応により全身倦怠感・疲労感が生じます。

4)睡眠障害および活動低下

夜間の睡眠障害や日中の過眠,あるいは日中の活動性の低下により,全身倦怠感・疲労感を生じます。

5)貧血
貧血により呼吸が浅くなり,労作時の呼吸困難や全身倦怠感・疲労感を生じます。貧血は,疾患そのもの によるものと,治療に伴って生じるものがありますが,と きには別の原因が関係している場合もあり,それらを見分けることは困難です。

6)栄養障害

身体エネルギーの需要が供給を上回る場合に生じます。正常に食物を消化する身体能力の変化(グル コース,脂質,タンパク質代謝の障害などによる),身体 エネルギーの要求増大(腫瘍の成長,感染,発熱,呼吸困 難などによる),食物摂取量の減少(食欲減退,悪心,嘔吐,下痢,腸閉塞などによる)などが関与しています。

7)合併症

感染症や心疾患,呼吸器疾患,腎疾患,神経 疾患,腹水貯留,甲状腺機能低下症などを合併すると全身疲労感・倦怠感を伴います。

8)がん悪液質

がん悪液質とは,体液や電解質の欠乏または不均衡,タンパク質の欠乏,有害な老廃物の 蓄積などによって食欲不振,食物の消化吸収不良,蓄えられた体力の激しい消耗などから著しい栄養不良に なり,やせて衰弱した状態です。末期のがん患者によ くみられ,全身倦怠感・疲労感の原因となっていますが,治療には抵抗性を示すため,他の要因と鑑別する ことが重要です。

この原因に対する分析に続いて「治療及び支援のポイント」が述べられている。
1、休息、2、娯楽・気晴らし、3、運動、4、栄養改善、5、睡眠改善、精神障害改善、6、薬物療法(ステロイド、抗うつ剤)

幾つかの見解
疲労感は、WMの患者では広く見られ、原因は幾つか推定されています。貧血は、原因の一つですが、WM,MMのように連銭形成が見られると酸素交換効率が落ちるので、Hgbの数値以上に症状が出るような気がします。その他、軽度のがん悪液質や腫瘍細胞から出る様々な物質の影響が考えられています。
もちろん、具体的には言えませんが、いろいろな意味での老化や運動不足なども要因の一つだし、これらが複合的に関係していると思います。(ブログへのKaitjn8さんのコメントより)

多発性骨髄腫患者には疲労が非常に多く見られ、その患者の割合は90%~100%に上ると推定されています。多発性骨髄腫患者にがん性疲労が非常に多いと言っても、疲労の原因となる生理学的メカニズムは、正確には解明されていません。
しかし貧血を治療したり、疲労に対処したりするのに有用な方法があることは分かっています。(「貧血と疲労の理解」・骨髄腫患者の会翻訳チーム)

貧血は骨髄腫に特有の症状です。 髄中の赤血球前駆細胞の異常は明らかに貧血を引き起こす因子の一つですが、より機能的な面から説明すると、微小環境のサイトカイン および接着分子の影響によって赤血球形成が抑制され、貧血症状を引き起こします。
TNF-α は赤血球形成を阻害する重要なサイトカインですが、進行性の骨髄腫においてはさまざまな因子が相互作用し、貧血のみならず、骨髄中の IL-6 の亢進により 好中球減少と血小板数の増加を引き起こします。同様に、好塩基球、好酸球、単球の増加も起こります。(International Myeloma Foundation Concise Review)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

前回、言い忘れていたことがあります。
それは、疲労と疲労感は違うということです。
緊張している時、必死になっている時、楽しい時、見返りのある時、希望のある時などは、疲労していても疲労感が無いことがあります。一方、落込んでいる時、特にやることがない時などは、疲労しているわけでもないのに、疲労感があったりします。
バリバリ働いている時は余り感じなかったのに、今の方が疲れていると感じるのは、そのせいもあるかもしれません。
ただ、前回言ったように、今の方が物理的に疲れやすくなっているのは間違いないと思います。それに上乗せして、疲れを感じやすくなっているのではないでしょうか。

病気を宣告されてから、疲れ方が増したのは事実です。
疲労は、肉体疲労、神経疲労とか言われますが、私的には体感疲労とか心意疲労とか考えていましたが、こんな言葉は無いですね、kaitjn8さんが言われる疲労感で集約されるのでしょうか。考え過ぎなのか、無知なのか困ったものです。

Kaitjn8さんいつも適確な指摘有難うございます。確かに家にいるとごろごろとしていてすぐ横になりたくなります。机に座って本を読むのではなく、ソファーやベッドに横になって読んでいます。
しかし一旦ウォーキングの目的で外に出かける時は夕方まで歩きまわっていても大丈夫です。本当に人間の体は意識と限りなく連動していることをつくづく思い知らされます。そのためにもなるべく行く場所を探して歩き回って見たいと思っています。

HANAOYAZIさんが疲れているなどといったら、多くの高年齢者は疲労困憊の状態でしょう。思い立ったら早朝に起きて車を飛ばして目的地に向うエネルギーは賞賛に値します。さらにそこそこの高山に登山を出来る体力があるということはうらやましい限りです。
ともかく肉体的疲労において、登りがきついのです。酸素が欠乏したようにちょとした上り坂でも息が切れてしまい休み休みでしか登れません。その状態がなかったらハイキングではなく本格的な山登りをしたいのですが、それは今の所不可能です。

「骨髄中の IL-6 の亢進により 好中球減少と血小板数の増加を引き起こす」とのこと。
私の場合、血小板数が多いのですが、これと関係があるかもしれません。

昨年検査入院していた時に、血液内科の別の先生と雑談していた中で、
「インターロイキン6が増えて、どうのこうの…」と独り言のように話していました。
もう少し突っ込んで質問してみればよかったのですが…残念!

今週は寒い日が続くようです。どうぞご自愛を!

IL-6はマクロファージを刺激して急性反応を誘導すると書いてありましたが、それが何故血小板数の増加を引き起こすのか、そして身体的にどのような影響を及ぼすのか分りません。血液内科の先生に聞いてみる他ないでしょう。
色々病気について調べていくと遺伝子や染色体の問題などにも遭遇します。分らないながら少しずつ解明していくしかないでしょう。

こんばんは。(V)oo(V)
疲労と疲労感の違いについては,ためしてガッテンでやっていました。

http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20091104

情報通のMOTGENさんがこんな所にまで情報ネットを張っているとは驚きました。色々参考にさせていただきました。ところでパソコンが使えるようになったということは、退院したということですね。病院生活の体験をMOTOGENさんの独特の視点でどう感じたか、ブログでの報告を楽しみにしています。

今頃のコメントですが

疲労感の原因等は いろいろな要因があり 特定するのは難しいですが
ホスピスに勤務していた友人が言うには 癌特有の大きな諸症状は(痛みなど)は
投薬でなんとでも軽減できるそうです。しかし だるさ 疲労感だけは 手立てがなく
患者さんの一番辛いところらしいです。

rieeさん、こんばんは。日夜お母さんの世話で苦労していると思います。その献身的な姿には頭が下がる思いです。疲労感を克服する手立てがないと言われても困ってしまいますね。論文で指摘されているように 1、休息、2、娯楽・気晴らし、3、運動、4、栄養改善に心がける外ないでしょう。しかしこれはおいしいものを食べて、よく遊び、よく寝るといった自堕落な生活を推奨しているような気がします。

性格にもよるけれど

自堕落という言葉を使うとイマイチ。自分を労わると考えるとどうでしょう。
現在は週に5日は母の住む実家に行きますが 大変とは思っていない。
母とは今までは することもなかった ゆっくりと流れる時間の中での 何気ない会話。
保険やお金のことの整理もボチボチ始めているははだから 私もメモして把握するよう
心がけで部屋の片付けの手伝い。いろいろ話をしながらの親子水入らずのじかんです。
これが深く濃い時間なのですよね。幸せな時間と言えるのかもしれない
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。