スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『沈まぬ太陽』

12月9日(水)
通常は2週間一度定例の検診があるが、担当医がアメリカでの学会に出かけるので次が24日となった。1ケ月一度の検診は気が楽なのは確かだが、2週間前から服用している薬の効果を知りたいという気もある。今日は病院に行かなくてもいいので、映画に行く事にした。『沈まぬ太陽』を見たかった。

沈まぬ太陽_convert_20100507204450 映画はアフリカのサバンナの草原から始まる。巨大企業・国民航空の労働組合委員長を務める恩地は、職場環境の改善を目指し会社側と闘う。その要求は例えば、整備士の過重労働は航空機の安全にとって重大な危機であるといった企業の倫理を突きつけるものであった。

組合の要求は従業員の労働条件や航空機の安全管理には金を出し惜しみする経営陣への闘いであった。この闘いを中心的に担った恩地は報復人事で海外赴任を命じられてしまう。2年間だけという約束でパキスタン(カラチ)に行ったが、その後イラン(テヘラン)、ケニア(ナイロビ)へと次々と転勤を強いられる。

会社側は恩地に本社勤務と引き換えに組合からの脱退と謝罪を迫る。家族との葛藤の中で苦しみながらも彼はそれを拒否し信念を貫き、任地での職務を全うする。本社の組合員に対しても組合分裂工作・経営側の第2組合設立、不当配転、昇格差別、いじめなどの攻撃が行われていた。

恩地は10年後に本社復帰を果たすが、帰国後間もなく自社のジャンボ機が御巣鷹山に墜落するという事故に直面する。会社は運輸官僚や族議員には湯水のごとく裏金をばら撒き、外国の高級ホテルを買収する金はあるのに、遺族補償額に関しては誠意を見せない。恩地は遺族との補償交渉の窓口になる。彼は誠心誠意その役割を果たしていく。

 この映画を見て、あらゆる要素を網羅しているその幅の広さに圧倒される。航空機墜落事故をベースとしながら、遺族と恩地とのやり取りの中で生命の尊さ、様々な死の受け止め方を表現しながら、航空会社の企業倫理を問う問題提起がある。

労働組合と経営側の確執、大企業とそれに群がる官僚や議員の動向がかなりわかり易く描かれている。総理、副総理が国民航空の経営陣の腐敗と運輸官僚、族議員への接待と裏金の出所になっている事に対して、その現状を改革するために新たな経営者を招致する。その新しい経営者を会長として国民航空は再生の道を歩み始める。恩地は会長に抜擢され会長の片腕となって働く。

しかし副総理の為替にまつわる疑惑を追及され、結局総理は自己保身のために、その有能な経営者を辞めさせることになる。こういった政治的な駆け引きも物語の背景を形作っている。

また恩地の赴任するカラチ、テヘラン、ナイロビの風景も印象に残る。特にナイロビのサバンナの草原の風景描写は、それが雄大であればあるほど企業の不条理に翻弄されるサラリーマンの運命の空しさを浮かび上がらせる。

 会長辞任後再びナイロビに飛ばされた恩地は、遺族の一人坂口に宛てた手紙を送る。坂口は妻を5年前に亡くし、長男夫婦に孫の顔を見せに来いといって航空券を送ったという取り返しのないことをしたという苦悩を抱えている。坂口は一切の親族を喪ってしまったのだ。その坂口がお遍路さんになって四国を回るという。

その手紙には次のように書かれていた「貴方の絶望と苦悩を思うと私の迷いや苛立ちや苦しみなど千分の1にも当たりません。そう思うと今の状況に不満など言えるはずはありません。今の巡礼が終ったならば一度アフリ
カに来てください。サバンナの太陽は沈まない。」

人命をあずかる企業でありながらその経営陣は、航空機の安全性には露ほどの関心も見せず、保身と出世に汲々としている。企業の非情、その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命を描いているが、決してヒーローとしてではなく仕事、人生、家族の問題に悩み迷いながら自己を貫こうとした人間として描かれていて、人はどう生きるのかを問うドラマだといえるだろう。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。