スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭り

3月4日(木)
今日1日熱が上がることはなかった。また痛みも軽減し腫れも引き始めた。このまま快方に向かうものと思われる。大事をとって一歩も家から出ず終日静かに過ごした。

2、3日前妹の家に行った。雛壇が飾られていた。妹が生まれた翌年から父親が毎年日本橋の白木屋から買い求め1組ずつ増やしていった。7段飾りとなっていて6年で揃えたということだ。それ以降欠かすことなく毎年すでに50年以上飾り続けている。何処かに出かける時は、早めに飾ったりして今まで欠かした事がない。よく続いたものだと感心する。

桃の節句の後に、5月5日の端午の節句があるが、親はあまり関心がなかったらしく、鍾馗人形が一つ有っただけで、小さい頃は男と女の差に憤慨していたものだ。鯉のぼりも手製のものだし、新聞紙で兜を折って被り、剣を作って遊んだ記憶がある。

雛人形006_convert_20100305212341 妹の所の雛人形

ひな祭りの起源:300年頃の古代中国で起こった「上巳節」にさかのぼる。(「上巳(じょうし/じょうみ)」とは3月上旬の巳の日)季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この日に水辺で穢れを祓う習慣があった。その後人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流すようになった。江戸時代になり人形作りの技術が発展し高級化してくるにつれ、人形は流すものから飾るものへと変化し、内裏雛を雛壇に飾る「ひな人形」が流行した。(All About)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。