スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康サプリメント 『皇潤』

4月16日(金)
お昼頃のテレビを見ていると大部分のコマーシャルが、健康サプリメントかアンチ・エイジングの化粧品だ。昼間のテレビを見ているのが主婦か年寄りなのだから、その層を対象とした商品のコマーシャルをするのは当然だ。

健康をサプリメントで補おうとする多くの人がいるということは国民生活の貧困さを感じざるを得ない。最もコマーシャルというのは買わなくていいものを買わせるのが目的だから、効果が曖昧なサプリメントはその意味で絶好の商品だろう。

年寄りの健康維持を推進しようと思ったら、サプリメントを毎日飲むより、様々な社会活動、ボランティア活動や仲間とのウォーキングなど社会参加、新たな人間関係の形成を促すような宣伝が必要なはずだ。

また中高年の女性が加齢と共に肌にトラブルを抱える事も少なくないのかもしれない。それに対しては皮膚科に行ってそれを治療する薬を処方してもらえばいいだけである。アンチ・エージングの化粧品は肌に何のトラブルのない人に商品を売るものである。それがコマーシャルの目的だ。

高い化粧品はその高額故効果を期待させ、女性に夢を与えるものなのだ。しかしアンチ・エージングのために色々なものを顔につけるより、自分の人生に目的を持ち生き生きとした毎日を演出していくそういった生活こそが必要なのだろう。自らの若さの衰退は精神の衰えに影響している事が多分にあるように思われる。

okai.jpg 健康サプリメントの中に盛んに宣伝しているエバーライフの『皇潤』というのがある。他の健康関連商品の2、3倍の宣伝量で、三国連太朗や八千草薫を中心に「健康は素晴らしい」と訴え、「がばいばあちゃん」の島田洋七が、「ばあちゃんにも飲ませてやりたかった」なんて事を言っている。

その『皇潤』が500万箱売れているという。価格は100粒8190円、180粒1万2600円、1日の摂取量が4~8粒だ。これだけ宣伝費を使っているのだから薬の原価が幾らか想像は出来るのだが、何故「飲むヒアルロン酸」が健康にいいのか明らかにされているとは思えない。

健康サプリメントには色々ある。青汁、ゴマ(セサミン)、黒酢、ニンニク、プルーンなど実際にサプリメントにした場合どの程度効果があるかどうかは不明だが、それでも体によさそうな気がする。しかし「ヒアルロン酸」が健康にいいなどとは何処から出た話なのだろう。

ヒアルロン酸は人間の体内で合成される。目の硝子体、関節液、へその緒、脳、皮膚の多く存在し、潤滑油の役割をしている。最大の特徴はその保水力にある。しかし加齢と共に減ってしまう。仮にうまく体内に吸収されたとしても膝の関節の痛みを和らげたりする効果は期待できるかもしれないが、だからといって体全体の健康維持に役に立つという事にはならないはずだ。

「人体の水分維持に大いに貢献しているヒアルロン酸だが、それを補うとして、健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品が存在するが、ヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については信頼できるデータは見当たらないとされ疑似科学の可能性がある、とも言われている。

ヒアルロン酸の基本構造はヘキスロン酸 (GlcUA) とヘキソサミン (GlcNAc) の連続であり、それぞれのグリコシド結合はα1→3結合が大半であり、アミラーゼによって分解される。そのため、経口摂取によって軟骨やマトリックス組織に補充されるという考えは生化学者の大半が否定する。」(Wikipedia)

『皇潤』の原材料名は次のように書かれている。「ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物、デキストリン、セルロース、乳頭カルシウム・・・」と10数種類が並べられている。肝心のヒアルロン酸の含有量は全く記載されていない。

『皇潤』の場合「鶏冠(鶏のとさか)に含まれるヒアルロン酸を独自の技術で低分子かする事に成功しました」(同社パンフレット)とあるが、「低分子ヒアルロン酸」は人間の腸からどの位吸収されるのか。エバーライフから医学的証明が発表されたことはない。

国立健康・栄養研究所の「健康食品の安全性・有効性情報」によるとヒアルロン酸は「経口摂取によりヒトでの有効性については信頼できるデータは見当たらない」という。さらに「経口摂取の安全性については信頼できる十分なデータがない」と言っている。

膨大な宣伝費を使って、商品を売っていく手法は視聴者を洗脳していくやり方でしかない。本当に効果があるかどうかなどもはや考えることができず、毎日毎日叩き込まれる、効くぞ効くぞという宣伝の波に溺れ、本当に効いていると思い込まされてしまう。

そういった意味で大量の宣伝は、サプリメントを飲んでいる人の心理に影響し、健康になったと思い込ませるための効果を高めているのかもしれない。「鰯の頭も信心から」をそのままいっているようなものだ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

リテラシー

資本主義・自由主義の社会においては、リテラシーのない人が搾取されることになっています。
原因の一つは、言論の自由との関係です。
もう一つ難しいのは、純科学的には、効かないと証明されていないものは、効果がないといえないことです。従って、効果があるという証明はないと言うような曖昧な表現しか出来ず、業者につけこまれる隙を作っています。
また、例えば公営ギャンブル(てら銭が競輪・競馬は3割、宝くじは6割)は愚か者に課された税金とも言われています。このことを理解せずに、担税能力を上回って払ってくれる人々を愛国者(愛地方自治体者)として表彰すべきでしょう? (^_^;)
こういった事柄は世の中に沢山あり、最近他のブログで話題となった、ゲルソン療法などの代替補完療法や多くの金融商品などもその一部です。
では、こういったことを全て規制すればよいかと言うと、それはそれで大きな副作用(例えば言論・選択の自由の阻害・新しい事業--考えの実行阻害など)を伴い、簡単なことではありません。
取り敢えず、医療・金融・社会的リテラシーをつけて自己防衛するしかないように思います。

グルコサミン飲んでみました

母の病院へ付き添う日々 母が「階段をのぼる!」というのに 私は膝が
「痛たっ!」と言う感じ(恥)コンビニなどで売っている安い物でも 効果は絶大。
3日ぐらい服用すれば しばらくは膝の痛みはなくなります。ただし3日以上の
服用は要注意。大変な下痢になります。これも人により違うのでしょうけれど。


No title

kaitjnさん、リテラシーという捉え方は適確にサプリメントに群がる人達の状態を表していると思います。人間の心理を巧みに操り、その欲求を引きだし、罠に落とし入れて全財産を奪い取っていく詐欺が後を絶たないのも、新興宗教が流行るのも、リテラシーがない人達が対象なのでしょう。思いも寄らない仕掛けに足元をすくわれないようにせいぜい様々な面でのリテラシーをしっかりと身につけて行きたいと思います。

グルコサミン

グルコサミンの効果と安全性については、独立行政法人 国立健康・栄養研究所の「健康食品等の素材情報データベース・グルコサミン」に詳しいのでそれを参考にして下さい。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail24.html
本来体の不調が生じた場合、医者に行って治療します。確かに医者では長い待ち時間の後、診察しやっと薬が処方されます。サプリメントならドラッグストアーですぐ買えます。そういった便利さはあるものの例えば膝の関節が痛い場合、対処療法的に痛みを抑えても原因が解決していないのだからまた痛みます。
膝の関節の何処が悪いのか、へたをすれば手術しなければならないのか、そういった根本治療が必要な場合もあります。安易にサプリメントに頼るのではなくきちっと原因を突き詰めた方がいいと思います。

コラーゲンだのヒアルロン酸だの

こんにちニャ。(=^_^=)

いやぁー,いま,トリックSPの再放送を見ているのですが,皇潤のCMが連発でうざいですなぁ。
やっと終わったと思ったら,次はサントリー・セサミンだと。
そりゃ,少しはからだにいいだろうけど,適正価格というものがある。

サプリメントのコマーシャル

最近、景気が悪くなって、色々な企業がテレビコマーシャルから撤退し、テレビ会社がスポンサー探しに躍起になっているということです。昔は健康サプリメントや、アンチエージング商品はケーブルテレビでのコマーシャルの中心だったような気がします。しかし今では民放のゴールデンタイムに堂々と登場しています。
何処のチャンネルを見て「健康、健康、健康」の大合唱。うんざりしますね。そのための健康サプリメントの宣伝が巷にあふれかえっています。
確かに健康で老後を過ごせればそれに越したことはないのですが、病気を抱えて生きていかなければならない人も沢山います。それに健康はサプリメントなどで維持できるものではないのは当たり前のことですが、あたかも催眠術にかかったかのようにサプリメントに頼る人が後を絶ちません。それで収益が上がりさらに過剰な宣伝が行われ、ますます健康がブームのようにもてはやされてきます。
困ったことですが、これが日本の現状なのです。福祉の貧困によって、病気になったら生活の困窮を生み出してしまう、だからこそ健康が求められるのでしょう。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。