スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎 『死神の精度』

4月23日(金)
伊坂幸太郎の『死神の精度』を読んだ。主人公は死神である。死神が関わる6人の人生を6つの短編小説として展開している。雨とともに現れ、彼の7日間の調査で対象者の生死が決まる。6人の人生を1週間調査した後、対象者に死の可否の判断をくだし、可の場合、翌8日目に死は実行される。

000.jpg6つの短編は、死神が関わった6つの人間模様として、ある物語は恋愛小説風に展開され、別のものはロード・ノベル風に書かれ、ある時は本格推理風、あるいはハードボイルド風に、様々なバリエーションで語られる。この幅の広さが物語の奥行きを深くし、飽きさせない物語進行を作り上げている。

結局、死神が死の判断を下そうが、それを回避しようが、自分がいつ死ぬのかを前もって知ることはできないのだから、何歳で死ぬことになっても、結局死に対する心構えは変わらないということだろう。

「自分は平均寿命あたりで死ぬ」と多くの人は思っている。しかし人は死と隣り合わせに生きている存在でしかない。明日死を迎えるかも知れない。そう思った時どう生きたらいいのか、命が尽きた後、強い後悔が残らない程度には日々の生活のあり方を顧みる必要があるのだろう。

人は死を意識した時から、新しい生を始める事になる。死と生は切り離せないものなのだ。

『死神の精度』の小説の中には伊坂幸太郎の死に対する考え方が様々な形で表現されている。中々面白い視点で書かれているので、人生そして死を考える上で一つの見方を示唆してくれるだろう。

『死神の精度』からの引用
床屋の主人は「死ぬのが怖い」と漏らしたこともあった。私はそれに対して「生まれてくる前のことを覚えているのか?」と質問をした。「生まれてくる前、怖かったか?痛かったか?死ぬというのはそういうことだろ。生まれる前の状態に戻るだけだ。怖くないし、痛くもない」人の死には意味がなく、価値もない。つまり逆に考えれば、誰の死も等価値だということになる。(文春文庫 P10)

寿命はあるさ。ただ、誰もが寿命で死ぬとは限らないんだろうが、寿命の前に死ぬ場合もある。突発的な事故とか、思いもよらない事件とか、そういうのは寿命とは別に後から決まる。(P22)

幸せか不幸かなんてね、死ぬまで分らないんだってさ。
生きていると何が起きるか、本当に分からないからね。
一喜一憂しても仕方がない。棺桶の釘を打たれるまで、何が起こるかなんて分からないよ。(p299)

それゃ、死ぬのは怖いけどさ、もっとつらいのは、まわりの人間が死ぬことでしょ。それに比べれば自分が死ぬのはまだ、大丈夫だってば、自分の場合は、悲しいと思う暇もないしね。だから、一番最悪なのは死なないことでしょ、長生きすればするほど回りが死んでいくんだよね。(P316)

俺の人生がここで終わっちまっても、変わらねえよな。十年延長したって、人生ってのは有意義じゃないんだろ。
人が生きているうちの大半は、人生じゃなくて、ただの時間、だ。(P213)

「われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。短い人生を受けているのではなく、それを短くしているのである。人生は使い方を知れば長い。詩人が書のなかで神託風に語っている“われらが生きる人生は束の間なるぞ”つまり、そのほかの期間はすべて人生ではなくて時間にすぎない。」(セネカ『人生の短さについて』岩波文庫)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

今 読みかけの本でした

息子が買ってきて おもしろいよ!という事で
読みはじめてみた。長い病院の待ち時間には
「読書」しかないでしょう。これ映画もあったね。

偶然ですね

うちも息子が買ってきて面白いよと言って薦められ読みました。普通は、伊坂幸太郎や石田衣良など若い人向けの本には自分からはなかなか手を付けないのですが、息子から進められてこの手の本を読むようになり、結構面白いということを知った次第です。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。