スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高額な分子標的治療薬

5月11日(火)
日曜日に行われた「4団体共済公開フォーラム」で話された高額な分子標的治療薬の薬価について少し調べてみようと思った。健康保険での3割支払いや高額療養費制度で患者が負担する金額は、実際の薬価とは違う。病院から渡される明細では、注射や投薬はまとめて記載されているので分りづらい。

2009年7月現在、米国で承認されている分子標的治療薬は21薬剤であるが、そのうち日本で薬価収載されているのは15薬剤である。血液がんの治療薬を中心にいくつか取り上げてみた。

分子標的治療薬の有効性について次のように語られている。「がん細胞の増殖や浸潤、転移に関わる分子を標的として、その分子を阻害し、がんの増殖を抑えたり進展を阻害するところに大きな特長がある。より確実にがん細胞を狙い撃つことができると同時に、正常細胞へのダメージを抑え副作用を減らせると期待されてきた。」(埼玉医科大学病院・佐々木康綱)

分子標的治療薬や新規薬剤は、無憎悪期間を延長し、患者のQOLの改善に大いに貢献しているのは事実だ。生存期間の延長に関しては、まだ統計数値が揃わないのでなんともいえない点はあるが、例えば多発性骨髄腫に関しては、治癒不能で、延命治療しかないという病であったのが、慢性病の一つになりつつある、と言われるほどの効果を見せている。新規薬剤のおかげでまだ生きていられるといった実感を覚えざるを得ない。

リツキサン (リツキシマブ) 注射用100mg42,832円。
375mg/m2を静注。1回分の薬の価格は約26万円、4回投与で約105万円、8回投与で約210万円。1ケ月4回投与するとして、月額約105万円。 効能:B細胞性非ホジキンリンパ腫 

グリベック (イマチニブ)
 100mg錠2,749円
1日4錠からの内服で連日服用。月額約33万円。 効能:慢性骨髄性白血病 
                                                     この1瓶で16万円
y10313.jpgベルケイド (ボルテゾテゾミブ) 注射用3mg1瓶164,934円。
1.3mg/m2を週2回ずつ点滴。4回で1クール、8クールで1サイクル。1クール659,736円、8クール5,277,888円。1ケ月1クール行うとして、月額約66万円。 効能:多発性骨髄腫

ゼヴァリン (イブリツモマブチウキセタン) 静注用セット1,787,490円。  
効能:難治性の悪性リンパ腫

マイロターグ (ゲムツズマブ オゾガマイシン)
 注射用5mg1瓶241,096円。
1回量9mg/m2静注、投与回数は2回。月額約50万円。効能:急性骨髄性白血病

アムノレイク (タミバロテン) 2mg1錠3,824円。
1日6mg/m2を朝夕2回、寛解が得られるまで服用。月額約90万円。 効能:急性前骨髄球性白血病

ベサノイド (トレチノイン)
 10mg1カプセル777円。
1日60~80mg(45mg/m2)を2回に分けて食後経口服用。月額約32万円。 効能:急性前骨髄球性白血病

イレッサ (ゲフィチニブ) 250mg錠6,774円。
1日1錠を連日内服。月額約20万円。 効能:肺がん

ハーセプチン (トラスツズマブ) 注射用150mg73,981円。
1日1回初回投与時は8mg/kg、2回目以後は6mg/kgを3週間間隔で点滴静注。月額約37万円。 効能:乳がん

分子標的治療薬ではないが参考までに
サレドカプセル (サリドマイド) 100mg錠6,570円。
1日1錠を連日内服。月額約19万円。  効能:多発性骨髄腫

(対表面積や体重は標準的な数字で計算したので、月額の計算は概算でしかありません)

薬価に関しては、「医薬品情報・検索イーファーマ」を参照(http://www.e-pharma.jp/)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。