スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時検診・ベルケイド5クール4回目

6月16日(水)
今日は、血液検査の結果を見て、ベルケイド5クール4回目をやるかどうか判断するが、IgM値がそれほどの大幅な上昇がなければともかく5クールを最後まではやってしまうだろう。問題はその次どうするかの方針を決めなければならないという頭の痛い問題が残っているということだ。

検査結果 
 IgM   3082(6/16)←2923(6/9)←2558(5/26)←2647(5/12)
 白血球  3100(6/16)←2900(6/9)←2300(6/2)←3100(5/26)
 好中球  1890←2020←930←2080←2760
 血小板  6.2←6.3←8.9←12.1
 赤血球  315←314←313←305
 ヘモグロビン 10.3←10.1←10.3←9.9
 網赤血球   12←14←10←14
 CRP    6.42←1.54←1.01←0.68


ベルケイド療法がもはや限界にきていることは明らかだ。毎週150位ずつ上昇している。IgMの上昇を抑えていることは確かのだがそれにしても遂に3000を越えてしまった。やはり別の療法に変えるしかない。担当医が言い出したシスプラチンはどうかと聞いたが副作用が強く入院が必要だということで迷っていた。サリドマイド+MPでやったみたらどうだろうかとも言ってみた。どうしようか次の23日の診療日までに考えてくると言って、今日はベルケイドを予定通りやる事にした。

診療室に入るなり担当医はCRPが異常に高い事に驚いて質問した。高熱でも発しているのではないかと。その場ですぐ熱をはかったが36.2度だった。CRP上昇について思い当たる事を説明した。

一昨日から体がだるくすぐ横になりたくなる状態だった。熱があるのでもないかと思って何時間かおきに測ってみたが36.5~36.2度の間だった。夕方頃から腰の下の部分が押すと痛みを感じるようになった。

次の朝目が覚めて左腰を下にするとかなり痛かった。その部分を見ると赤く腫れていた。3月に発症した蜂窩織炎の症状だった。鎮痛消炎冷シップを貼った。体のだるさは1日中収まらなかった。しかし熱は数時間おきに測ったが昨日と同じで平熱だった。夜になり急に体調が回復した。腰の腫れも痛みも収まって来た。こういった経過を医者に説明した。

担当医は言う。感染症への対応をが重要だ。免疫力が衰え身体の中の細菌が活動しそれが発熱の原因だろう。今回は熱は出なかったが細菌が活動しているのは確かだ。免疫グロブリン製剤でIgGを強化し、マキシピームという深在性皮膚感染症に効果を発揮する抗生物質を点滴投与する。またメイクアウトMS錠100mgを7日間朝昼夕服用するようにと処方された。

点滴はベルケイド+デキサート(デキサメタゾン)30分、ポリグロビン(免疫グロブリン製剤)2時間、マキシピーム2g(抗生物質製剤)1時間を行った。3時間半の点滴を終了したのが15時だった。

メイクアウトMS錠:経口用セフェム系抗生物質製剤
感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤、痛みや発熱などを生じ、人に苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。 病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれますが、このお薬が有効なのは“細菌”による感染症です。グラム陽性菌をはじめ、グラム陰性菌の多くに有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや痛みがとれ、熱のある場合は解熱します。(おくすり110番)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

大塚・歳勝土遺跡に行ってきた

 とうとう3000越えですか。わたしは5000越えですが,無投薬なので,それとは深刻さが違いますよね。レナリドミドでもベンダムスチンでもいいから,早く,認可されますように。
 ご自分では言及されていませんが,血小板もやばいのではないでしょうか。

 別記事ですが,カメラ破損,ご愁傷様です。
 わたしは,カメラを耐ショックケースに入れたうえで,デイパックに入れています。ケースから出したときは,ストラップで首から下げたうえで,ウェストポーチに入れているので,落としてもセーフです。

No title

血小板の減少はベルケイドの副作用の最も頻繁に起こるものです。2007年の時は1.1まで減少して輸血をした位です。また血小板の減少で治療を延期したり、薬を減らしたり色々調整しましたが、今回は運よく血小板の減少には悩まされませんでした。この間減少してきていますが、今回限りなのでやることにしました。

私のデジカメは10年位前のもので重くてかさばり機能的にも不十分な所がありました。また液晶版のガラスがずれていたり、フラッシュ機能が働かず、暗いところではオートだとシャッターが押せず、マニュアルの発光禁止にして写す他なく、その場合手振れが生ずる可能性がかなりありました。今デジカメが安いのが出ているので買い変えたいと思っていましたが、まだ十分使えるのでそのまま使っていました。

帰り池袋に寄り、山田電器でカメラ売り場に行ったら、丁度「蚤の市」というのをやっていて、恐らく1,2年前のものでしょう、デジカメを通常価格の半額位で売っていました。5,800円からありました。そういったことで、9,800円のものを早速買ってしまいました。これでさらに持ち運びは便利になるでしょう。これからは落とさないようにMOTOGENさんのようにしっかりと持って行くようにします。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。