スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地周辺探訪

7月1日(木)
昼過ぎ、妹から電話があった。魚好きの友人が何人か夜食事に来るというのだ。魚にうるさい連中だということだ。どの道飲み会なのだろう。飲んでしまえばどんな肴だって同じだと思うが、女性同士の場合どちらかというとおしゃべりと食べる方がメインになるのでそうも言ってられないらしい。

築地の場外市場に買出しに行きたいから付き合ってくれということだ。活きのいい魚さえ買っておけばそれでメニューの半分以上は完成する。築地で買ってきたということに意味がある。時間はないわけではない。築地場外市場はよくテレビで放映されるのを見るが、実の所行ったことはないので一度は行きたいと思っていた。朝早く行かないと意味がないとは考えたが、昼過ぎでもやっている所はあるだろうと予想して出かけた。

家を出たら隣の家の屋根の上の雲の形が気に入って写真を撮りたくなった。真夏の空といった感じだった。今まで目的地の対象物にしか関心を持たなかったが、散歩写真の本を読んで、日常生活の様々な所に被写体があるという事に気がつき、そういった目で回りを見ると色々な光景が生き生きと立ち上がってくる。

松本楼002_edited_convert_20100701095227 ひつじ雲(高積雲)

築地本願寺
日比谷線の築地駅で降りると、目の前が築地本願寺だ。この寺院の正式名称は「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」というものだ。東本願寺と西本願寺が対立している事を聞いた事がある。

しかし最初の分裂は、家康が、かなりの勢力を持つ本願寺の力を二分し東西に分かつことによって、幕府の基礎を打ち固めようとしたことからのもので、浄土真宗の法義に食い違いが生じて東西に分かれたのではなかった。むしろ昭和になって大谷派を中心とした教義の違いから分裂が始まったといえるだろう。浄土真宗には浄土真宗本願寺派(西本願寺)、真宗大谷派(東本願寺)など10派に分かれているということだ。

松本楼011_edited_convert_20100701001108 築地本願寺本堂

松本楼013_edited_convert_20100701001235

築地場外市場

築地本願寺の境内を横切って築地場外市場に行く。修学旅行の中学生の団体とすれ違う。彼らは中央卸売市場の見学に来たのだろう。やはり昼をかなり回っているので多くの店は閉まっていた。まだやっている魚屋もあったので、今日のお勧め品を何品か買って妹の役割は終った。

松本楼015_convert_20100701001402 築地場外市場の入口

松本楼021_edited_convert_20100701001625

松本楼018_edited_convert_20100701001459 場外市場の商店街、寿司屋が多い

松本楼019_edited_convert_20100701095338

妹と別れて築地場外市場をぐるりと回ってみた。市場の端に波除神社があった。市場の建物や倉庫に囲まれた中で、ここだけが木々に囲まれ静かな雰囲気だ。

波除神社

波除神社縁起:明暦の大火の後に4代将軍家綱が手がけた江戸東南海面埋立の最後の工事、築地海面の埋立は困難を極めた。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまう。
或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあった。それは立派な稲荷大神の御神体で、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をした。それ以来波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も萬治2年(1659)終了した。

松本楼027_edited_convert_20100701001736 波除神社本殿 

「お歯黒獅子」
は江戸時代に東都名物の雌の大獅子を祭礼で担ぐ様に、総漆塗り一木造で木彫。加賀獅子頭の名工と加賀の職人達の技により、紅色の肌地にお歯黒を施し金箔押しの巻き毛で腰高の姿に平成14年再興された。この雌を表す頭の宝珠の中に弁財天・市杵島姫命の御神像が収められている。

松本楼026_convert_20100701001846 お歯黒獅子の神輿 

月島、佃の高層マンション
波除神社から晴海通りの出ると右側の先に勝鬨橋がある。橋の向こうには右側に高級賃貸マンション「ブラザータワー勝どき」があり、左側の建設中の高層ビルも恐らくマンションだろう。その後ろに見えるのが再開発エリア・トリトンスクエアーで、ホール、イベント会場、商業施設、住宅で構成され、超高層オフィスが3棟も建てられている。

松本楼028_edited_convert_20100701001933 勝どき橋とブラザータワー

勝どき橋を渡って清澄通りを左に曲がると「大川端リバーシティ21」の高層ビル群が見えてくる。ここは31階~54階の超高層マンション8棟を中心とする大規模住宅群で、都心回帰の促進を図るため、石川島播磨重工業跡地の再開発事業として住宅市街地総合整備事業の整備計画に基づいて建築が進められたものである。

ひたすら超高層マンションができるが、超高層だけではなく超高額というのもおまけについてくる。買取だったら億の金が必要だし、賃貸だったら月100万円以上はかかるだろう。再開発というと聞こえはいいが、誰のための再開発なのか。大金持ちのためだけでしかないのではないかと思ってしまう。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。