スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行・2日目 伊那覇前浜、来間島

7月17日(土)
ホテルから民宿へ
今晩泊まる民宿は伊那覇というバス亭の近くにある。この方面に行くバスは平日は7時30分があり、次が11時となっている。土日祭日は7時30分の通学用のバスはない。ホテルから歩いて15分位の共栄バスターミナルから出ている。急ぐ旅ではないので11時のバスで行く事にした。タクシーばかりでなく、バスは旅の雰囲気を与えてくれるからなうべくバスを利用したい。

11時にバスターミナルから丁度4台のバスが出発した。その時の乗客は我々2人と、隣のバスに乗った恐らく病院にいくおばあさん2人だけだった。ほとんどマイカーで動くので、バスの利用者は、朝夕の学生と病院に行く年寄りだけと民宿の人が話していた。学生も大部分は自転車で通っているので利用者は本当に少ない。利用者が少ないと、バスの本数が減る。するとますます利用者は減って行く。

結局与那覇に着くまで、一人も乗客は乗らなかった。ノンストップで走り20分位で与那覇に着いた。民宿の名前を言っておいたので、与那覇の停留所の大分手前で下ろしてくれた。民宿で宿泊手続きをして、予定の前浜に出かけた。歩くと30分位かかるというので自転車を借りて出発した。真昼間の炎天下を30分歩くのは辛い。

与那覇前浜
途中東急リゾートとの分かれ道がある。海岸は海水浴場として整備されている。食堂、シャワー、更衣室、トイレなど完備されてる。ビーチパラソル、ビーチチェアー、マットなどの貸出も行っている。

与那覇前浜は7kmも真っ白な砂浜が続き、東洋一の美しさと言われている。青い海の向こうには来間大橋や来間島も望める。浜辺に立つとその美しさに見とれるほどだ。土曜日だということとと、宮古島で1番人気のビーチということでかなりの人手が予想されたが、10数人が食堂の前の浜にいるだけで、少し外れると誰もいない、静かな海だ。

宮古諸島286_convert_20100723223541 来間島方面

宮古諸島297_convert_20100723223820

宮古諸島300_convert_20100723230215 来間大橋方面

暑いのでともかく海に入った。最初からシュノーケリングをしようとは思ってはいなかった。ゆったりと静かな海で泳ぐのもいいだろう。しかし泳ぐのと昼寝をするだけだとどうしても時間が限られてしまう。2時間ばかり浜にいて、シャワーを浴び、食堂でビールとつまみで腹ごしらえをしてまだ時間が早かったので、来間大橋まで行ってみようという事になった。

来間島(くりまじま)
宮古諸島328_convert_20100723224021

大橋のたもとまで来ると今度は渡ってみようということで渡り、次は前浜から見えた展望台に行こうという事になった。結局前浜から30分以上の自転車の旅となってしまった。展望台は竜宮城展望台という名が付いていた。来間島の全景が見渡せる。また前浜、東急リゾート、来間大橋などの眺望が広がっている。

宮古諸島330_convert_20100723225249 竜宮城展望台

宮古諸島337_convert_20100723224412 前浜、東急リゾート方面

宮古諸島338_convert_20100723224221 来間大橋方面

展望台の下は茶店と休憩所になっていて、茶店ではマンゴー、ドラゴン、パッションフルーツなどがカットされ売られている。果物として食べるだけでなくそのジュースも販売されていた。珍しいのでドラゴンジュースを飲んでみた。赤ワインの色をして、カクテルのような雰囲気がした。

民宿津嘉山荘
「サトウキビ畑に囲まれたスローライフ・スローフードの宿です。自家製の無農薬野菜、島産の元気な食材をふんだんに使った郷土料理と、知る人ぞ知る宮古の有名人、千代ちゃんの「あの」笑い声で、心も体も栄養満点。じっくりと時間をかけて作る特製のラフティー(豚三枚肉の煮込み)は、農林水産大臣賞を受賞した本物の味。」とホームページに紹介されいる。

素朴でアットホームな民宿らしい民宿だ。千代ちゃんという女将さんが人懐っこく誰にでも話しかけてくる。夕食はテーブルが一杯になるほどの人数だった。20人近くいた。泊り客はそれ程多くない。ここの郷土料理を食べに来た食事だけの客なのだろう。

ともかく夕食のメニューがすごい。10数種類がテーブルに並ぶのだ。食事前にビールを飲んでしまったので結局全てを食べ切れなくて残念な事をした。ほとんど野菜なので健康にはいい。ちなみに夕食の料理を紹介しておこう。

黒小豆あずきのゆで汁とシークヮーサーの食前酒(ノンアルコール) ・ゴーヤサラダ ・アロエのお刺身 ・もずく酢 ・ラフティー ・島野菜の天ぷら ・ジーマミ(ピーナッツ)豆腐 ・パパイヤチャンプルー ・島らっきょう ・芋くず(紅芋のペースト)その外2、3品、そしてこれにご飯と味噌汁が付く。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。