スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行・4日目 多良間島

7月19日(月)
平良港第2埠頭
9時のフェリーで多良間島に向う。1日一往復のこの船に乗り遅れたら、飛行機を利用する以外今日中に多良間島に行くことは出来ない。民宿からはタクシーを利用する外ない。どんよりと曇った天気だった。今にも雨が降り出しそうだ。

港までは15分位で着いた。大きなフェリーの乗客は数人しかいなかった。コンテナが岸壁にあり荷物を積み込んでいたがほとんどなかった。乗船する車も2台位だったようだ。これで採算が取れるのだろうかと思うが、この船は多良間島の住民にとっては物資を運ぶ命綱のようなものなのだ。

宮古諸島142_convert_20100724220440 フェリー「たらまゆう」

宮古諸島146_convert_20100724221105 平良港第2埠頭

宮古諸島150_convert_20100724221225 港の風景

船は岸壁を離れ沖に進路をとる。海岸線ある高層ビルが見える。平良港マリンターミナルビル、ホテルアトールエメラルド宮古島、ホテルサザンコースト宮古島などがどんどん遠ざかったいく。伊良部島と宮古島の間を通ったが、それぞれの島から橋が作られている来ている様子だった。船の針路の所を除いて橋脚が伸びてきている。

1425mの池間大橋、1690mの来間大橋を作り、池間島と来間島を結び、今度は伊良部島を結ぼうとしているのだろうか。30分ごとに伊良部島に向けて高速艇が出ているが、橋が出来たらどうなってしまうのだろうかと心配になってしまう。

夢パティオたらま
多良間島普天間港の桟橋には、今晩宿泊する「夢パティオたらま」の人が迎えに来ていた。宿泊場所にはフクギの林に囲まれた赤瓦のコテージが5棟ある。洋室の宿泊棟にはベッドルームが3室あり、共有のリビング、トイレ、バスルームがある。キッチンもあり、ちょっとした料理が出来る。リゾート地のコテージを思わせるしゃれた造りになっている。朝食、夕食は管理棟の食堂に行く。

宮古諸島215_convert_20100724221939 「夢パティオたらま」のコテージ

荷物を部屋に置いて、自転車で島内見学に行く事にした。島の西半分を回る位が丁度手ごろだろう。前泊港、ふるさと海浜公園、八重山遠見台、新多良間空港、嶺間御嶽の大アカギなどを見て回った。途中土砂降りの雨が降ってきた。南の島では急に土砂降りの雨が降りすぐに止むスコールのような天候に遭遇する。

八重山遠見台
多良間島は隆起サンゴ礁からなるため、島全体が平坦で山や河川はない。最高点は北部にある八重山遠見台の33m。島の周囲は砂浜に囲まれ、サンゴ礁が発達している。八重山遠見台は島で最も高い場所に位置し、展望台からは多良間島を360度見渡せる。隣には17世紀頃に船舶の往来の見張り台としてつくられた石積みの古い遠見台跡がある。遠見台の周辺は熱帯雨林の森を思わせるほど密集した木々が生い茂っている。

宮古諸島188_edited_convert_20100724221437 八重山遠見台と石垣の遠見台跡

宮古諸島185_edited_convert_20100724223427 八重山高見台から水納島方面

新空港から村の中心地に向う道路は、多良間空港線と名付けられている。なんでこんな道路が作られたのだろうと思うほど立派なものだ。幅広い車線、連なる並木、歩道も十分に取ってある。他の幹線道路の1.5倍位の広さはあるだろう。土地はあるのだろうが贅沢すぎる気がする。この道を20分ばかり行く間に車は2台しか通らなかった。

宮古諸島190_convert_20100725160328 多良間空港ターミナル入口

宮古諸島192_convert_20100724221715 道路脇に放牧されている

嶺間御嶽の大アカギと夕焼け

村に戻ってきて、ふと見ると案内のパンフレットで見かけた木があった。嶺間御嶽の大アカギだった。このアカギは御嶽の神木で、樹高13m幹周3.8mで沖縄の銘木百選に認定されている。アカギの横に鳥居があり、それを潜って、嶺間御嶽に行ってみると何と真新しいプレハブが立っている。通常神社の社殿だとそれなりの風格があるが、全くの普通の住居だ。建物の中には祭壇とかがあるのだろうが、外観は全くこだわらないということなのだろう。

宮古諸島197_convert_20100724223639 嶺間御嶽の大アカギ

夕食を終え散歩にでた。このあたりは日没が遅く19時30分頃だ。前泊港の突堤で夕焼けを眺めた。刻々と形を変える雲、それに合わせて夕焼けの光も輝きを変えていく。いつまで見てても飽きない自然の営みだ。

宮古諸島226_convert_20100724222048 前泊港から西の空

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。