スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行・6日目 多良間島、伊良部島

7月21日(水)
サンゴの群生している場所
宿泊場所の責任者に相談してみた。「どこに行ったらサンゴを見る事ができるのか」と。彼は言った「サンゴはリーフの外側に群生している。西側の海岸はサンゴ礁が狭くなっているので、干潮時であればほとんど歩いてリーフの外側まで行かれる」「リーフの外側は急に深くなっていたり海流が激しく危険ではないか」「リーフの外側に沿ってサンゴが群生しているのでそれ程沖に出ることはないし、急に深くなったりしていない。また海流が激しいということもない」

こういった話を聞いて、早速西側の海岸に出かけていった。リーフの外側に出るのが目的だからどこの海岸から入ってもいいということだ。最初は砂浜を歩き、その後岩盤の上を5分ほど歩くとリーフに近付く。そのあたりから岩盤が終わり、膝下位の水位になりサンゴが見えてくる。

西海岸のサンゴ礁

サンゴを踏まないように泳いでいこうと思うが泳ぐには浅すぎてサンゴでお腹をこすりそうだ。苦労してやっとリーフの外側に辿り着いた。リーフの外側の岸壁には全く荒らされていない豊富なサンゴの群生が魚の群れと共に目に入った。今まで八重山諸島や慶良間諸島のサンゴを見たがそれとは比較にならないものだ。

このような場所があったとは、聞いてよかったとつくづくと思った。多良間島ではろくなサンゴしか見られなかったと言う所だった。水中カメラがないので海の中を紹介できないが、写真でしか見たことのないサンゴと魚が目の前で見られるということは、この島に来たかいがあったと言うものだ。

宮古諸島056_convert_20100726090427 西海岸の様子

宮古諸島060_convert_20100726090924

ダイビングショップなどが企画しているシュノーケリング・ボートツアーなどでサンゴの群生場所に案内するが、この催行ポイントというのが恐らくリーフの外側なのだろう。こういった有料の企画に参加すればそれなりの所に案内してもらえるだろうが、自力でいけるのがいいのだ。

後で宿泊場所の責任者に「あんないい所があるなら“歩いて行けるサンゴ絶景ポイント”などと名をうってもっと宣伝すればいいのに」と言ったところ「宣伝すると観光客が集まってサンゴが荒らされてしまう」と答えた。宿泊者だということで教えてくれたらしい。

何時間でも見飽きずサンゴと魚の群れの間を泳ぎ回っていたかったが、次の目的地の伊良部島に向うフェリーの出発時間が14時なので海岸を後にした。

伊良部島へ

13時半に「夢パティオたらま」の職員がフェリーの出る普天間港まで送ってくれた。快晴の中で見るフェリーは行きの雨が降りそうな中で見た姿とは趣を異にしていた。船が出発し甲板には涼しい風が横切る。真っ青な空を反映してか、海はあくまでも紺碧に、雲は真っ白で、この色の取り合わせは抜群のハーモニーを奏でていた。

宮古諸島066_convert_20100726091044 フェリーたらまゆう

宮古諸島075_convert_20100726091213 普天間港埠頭

宮古諸島082_convert_20100726091321 

フェリーの出発予定時間は14時だったが、出発したのは14時30分だった。平良港に着いたのが16時45分で、平良港から伊良部島の佐良浜港に向う17時10分高速艇に乗った。佐良浜港から民宿のある市街地に向う最終バスの出発時間が17時25分と聞いていたのでそれには間に合わない。佐良浜港から宿泊場所「民宿まるよし」までタクシーを利用せざるを得ない。伊良部島の玄関口としての港は東端にあるが、市役所など町の中心は西端にある。宿泊場所の民宿も西側にあり、島を横断する事になる。

「民宿まるよし」は1階で郷土料理の飲食店を営んでいて、夕食はそこで好きなものを注文する事になっている。かえってこういった方がいいかもしれない。この店は「九州・沖縄味の100選」に選ばれたと書かれたのぼりが入口に立っていた。確かに料理の味付けや盛り合わせ、刺身の鮮度など申し分のない味だった。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。