スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾納涼船

8月26日(木)
友人から東京湾の納涼船に、何人かで行こうと思っているが行かないかと誘われた。昔職場で、そんな話が出た事があるが行ったことはない。ものは試し、行ってみる事にした。浜松町の新橋寄り改札口で18時30分に待ち合わせた。船は19時15分に出港する。

改札口周辺には待ち合わせをしている何人もの浴衣姿の若い女性の姿が見受けられた。友人に聞くと、通常乗船料は飲み放題込みで大人2500円だが、浴衣着用の場合は料金が1000円割引になる。だから浴衣を持っている人は着てくることになる。

浜松町から浴衣姿の若者たちと一緒にぞろぞろと竹芝桟橋に向う。かなりの人出だ。東海汽船の旅客ターミナルの前の広場には、既に300~400人が列を作っている。チケット売り場で予約番号を言って、乗船券を買い求める。船は満席で当日売りはないということだ。

納涼船003_convert_20100827002219 旅客ターミナル正面のオブジェ

納涼船は東海汽船のさるびあ丸という船だった。この船は昨年春神津島にいった時乗ったかめりあ丸と共に大島、式根島、神津島などの伊豆諸島への路線を運行している。納涼船が21時に帰港すると、短い時間で船内清掃、寝具の用意をして、今度は23時発の離島航路として出港していく。納涼船は7/1~9/23まで営業している。夏は書き入れ時だ。

最近は1等や特1等の部屋も個室プランとして使用している。13,000円のオードブルを注文すると利用できる。昨年乗船した時は、大島への団体の釣り客がいたので100名位の乗客はいたが、通常はもっと少ないだろう。夏に稼いで置くしかない。

東京湾納涼船は19時15分に竹芝桟橋を出航し、21時に戻ってくる。涼しい海風を受けて、生ビール飲み放題という納涼船は、ビルの屋上のビアガーデンよりもよっぽど気が利いている。ただかなりの混雑と騒音に悩まされることになる。騒ぐのが大好きな若者達がかなりの数を占める納涼船ではやむを得ないだろう。

納涼船043_convert_20100827002735 レインボーブリッジ

Bデッキの中央部分に、ビールのつまみといった様々な食物が売られている。縁日の屋台といった感じだ。焼きそば、鳥のからあげ、焼き鳥、フランクフルト、フライドポテトなどが並べられている。またクレープ、かき氷、ソフトクリームなどアルコールと無縁な人用の甘味も揃っている。

Bデッキは中央に舞台があり、そこで何グループかのミュージシャンが演奏している。後半は「ゆかたダンサーズ」が舞台で踊り、ディスコ場のような雰囲気になる。Bデッキの船尾の部分には丸テーブルと椅子が置かれていて飲食が出来る。Cデッキの船尾にも長椅子が並べられている。デッキの至る所にテーブルがあって、立っての飲食の場所には事欠かない。

納涼船034_convert_20100827110249 最上階Aデッキ

納涼船040_convert_20100827003559 Bデッキ中央の舞台とその周辺

乗客が乗船し終わる。どこのデッキも満員だ。旅客定員は816名というがそれ以上乗っているのではないか。満員の乗客を乗せて船は出航する。レインボーブリッジを潜り、羽田空港沖を通り、東京湾を1周して戻ってくる。2時間弱のクルージングだ。

夜でも気温が30度近くの都会の中で、さすがに海の上は涼しい。東京湾の夜景を眺めながら、適当につまみを買ってきて、飲み放題のビールを飲み続けるのが納涼船での楽しみである。

東京湾の夜景
納涼船024_convert_20100827002323  納涼船037_convert_20100827002604

納涼船029_convert_20100827111150  納涼船051_convert_20100827003801

納涼船050_convert_20100827003701  納涼船052_convert_20100827003930

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。