スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレーフォーライフ・ジャパンin新横浜2010

9月18日(土)
昨年に引き続き今年もリレーフォーライフに参加した。ももの木として団体参加しテントを確保してある。

リレーフォーライフ024_convert_20100919121316 ももの木のテント

リレーフォーライフ(命のリレー)は、がん患者や家族、その支援者らが公園やグラウンドを会場に、交代で24時間にわたって歩き、地域社会全体でがん征圧を願い、がんと闘うための絆を育むための、啓発サポートキャンペーンである。

思ったより会場に着くまでに時間がかかり、着いた時には開会の挨拶が始まっていた。実行委員長より開会宣言が行われ、神奈川県知事、横浜市長からの挨拶があった。会場に着いて、閑散とした雰囲気を感じた。昨年の半分位の人しか集まっていなかった。

2006年に日本で始めて「RFL inつくば」が開催された。その後各地に広がっていた。2008年新横浜で開催された時には、ここが関東で最初であった。その時はかなりの人が集まった。

その後、茨城、埼玉、千葉、東京と開催され、新横浜の会場に来ていた人達はそれぞれの地域でのRFLに参加するようになり、その分新横浜の会場に来る人達も少なくなって来るのは当然だ。会場の日産フィールド小机は400mのトラックを持っているかなり広い会場なので、人が少ない感じが強調されてしまう。

今年の関東のリレーフォーライフ
茨城(5月22日~23日・2回目) 埼玉(9月11日~12日・2回目) 川越(9月18日~19日・2回目) 千葉(9月18日~19日・初開催) 東京(10月9日~10日・2回目)

リレーフォーライフ027_convert_20100919121420 サバイバーズウオークのももの木のメンバー

RFLの新横浜会場では、12:55にリレーウォークがスタートし、それ以降ひたすら、参加者はトラックを回る。15:00にはサバイバーのみによるウォークが行われ会場を1周する。19:00キャンドルに灯が灯され、ルミナリエが始まる。21:00には全てのイベントが終わり、夜間タイムになり、ナイトウオークとなる。

ルミナリエとはメッセージを託したキャンドルに火を灯して、がんで亡くなった人たちを偲び、またがんと闘っている人たちへの思いをキャンドルに託し祈りを捧げるというものだ。

会場正面のステージでは最初に華やかなよさこいの踊りが披露される。その後、次々とボランティアの演奏家たちが、様々な曲を聞かせてくれる。KeStar with T(歌と演奏)、横浜市消防音楽隊演奏、馬頭琴(モンゴル伝統楽器のソロ演奏)、para-e-sola N.U.(歌と演奏)、自由が丘ゴスペル(合唱)、AFROPIEA(歌と演奏)、ハープ演奏といったグループだ。

リレーフォーライフ001_convert_20100919120945 よさこいの踊り

リレーフォーライフ015_convert_20100919121112

会場脇のテントが講演会場になっていて、そこでは、紙芝居、福さんの読み聞かせ、がんとお金(講演)、「今増えている大腸がん」(講演・昭和大学横浜市北部病院消化器センター教授 工藤進英先生)が行われた。

リレーフォーライフ018_convert_20100919121213 大腸がん撲滅キャンペーン(大腸の模型)

ももの木のテントには新しい横断幕が張ってあった。これはある患者家族の寄付によって作られたものだ。今回かなり前からももの木のホームページでRFLへの参加を呼びかけたかいがあってか、延べ20人ほどのメンバーの参加があった。知らなかったメンバーもいて、一緒に歩きながら色々話をし交流を深める事が出来た。

リレーフォーライフ041_convert_20100919121523 ルミナリエ・暗くなりキャンドルに灯が入る

リレーフォーライフ058_convert_20100919121647  リレーフォーライフ060_convert_20100919121850

20時頃になって田中先生が食事をしに行こうと皆を誘った。最初に3人ほど偵察に行き、場所が決まったら連絡するということだった。場所は新横浜の駅の傍だというので、21時には帰るつもりだったので荷物を持って会場を後にした。

行ったのは居酒屋で13名が集まった。結局飲み会であった。ももの木の交流会の後でも、あまり飲む人がいないので飲み会はめったにやらない。珍しい機会だ。1時間半ばかり歓談し、何人かは新横浜駅から帰り、2人の女性は近くのホテルに泊まってまた明日会場に行くという。残りのメンバーは会場に戻り、今晩は会場のブルーシートの上で野宿になる。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。