スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋西口公園とその周辺の彫像・オブジェ

11月30日(火)
明日病院に行くので渡したいと思って、豊島区役所の健康保険課に委任払申請の用紙を取りにいった。毎月申請書を区役所に取りに行き、病院の医事課に持っていかなければならない。以前は高額療養費制度を利用していて、医療費負担額が限度額を超えると健康保険課から通知が来た。その通知を持って区役所の窓口で手続きをすると、翌月には指定口座に限度額を越えた金額が高額療養費として振り込まれていた。その手続きのため毎月区役所に行っていたのだから変わりはないが、病状が重い人は毎月通うのは大変だろう。

昨日千早彫刻公園の所を検索していたら、豊島区の彫刻といったサイトがあって、それを見ると池袋西口公園には15の彫像・オブジェがあり、芸術劇場の周りや中にも幾つかある。池袋駅西口周辺にもかなりある。今まで西口公園にいったことは何度かあるが、公園の装飾物として見過ごしていて、じっくり見たことはなかった。

芸術作品は至る所に存在している。箱根彫刻の森美術館に行ったことがあるが、そこにあるような名の知られた作品は周辺にはないが、それでも十分に作品を鑑賞し味わう事が出来る。区役所の帰りにゆっくりと西口公園とその周辺の彫像・オブジェを見て回ろう。

公園の紅葉
都内の公園の紅葉がかなり進んでいるという事に改めて気がついた。区役所に行く時、西池袋公園や池袋西口公園を通るが、いつの間にか公園の木々はすっかり色づいていた。

池袋西口彫刻060_convert_20101130184155 池袋西口彫刻047_convert_20101130154900
 西池袋公園                        池袋西口公園

元池袋史跡公園
区役所を出て最初に元池袋史跡公園に行った。この公園はメトロポリタンプラザに面している。かっては元池袋公園として弦巻川の水源の池である丸池(袋池とも呼ばれた)を擁していた。それが「池袋」という地名のもととなった。下水道工事のため土地を交換し、平成10年に新しい公園として生まれ変わった。園内は夜間ライトアップされるので公園というより装飾建築に近い。夜になると広場の舗装が水面のように光り、水の中にいるような気分になるという。

4_convert_20101130232536.jpg 3_convert_20101130231740.jpg 5_convert_20101130231825.jpg
 梟の樹・佐々木実           梟の樹・佐々木実            梟・佐々木実 

メトロポリタンプラザ南西入口
池袋西口彫刻004_convert_20101130232147 2_convert_20101130225324.jpg
         
池袋西口公園‐南側沿い
西口公園の南側のフェンスに沿って、8つのオブジェが並んでステンレスの柱の上に造られている。大きさはほぼ同じだが、作者の個性がそれぞれに表現されてその多様さを味わうことが出来る。

池袋西口彫刻009_convert_20101130155453 bbb_convert_20101204205534.jpg 池袋西口彫刻011_convert_20101130155935 池袋西口彫刻012ed_convert_20101130160145 
 飛ぶ男・高田大    INSIDE OUT T-3・菅原二郎  生息する魚・山崎隆  双・斉藤智

池袋西口彫刻013ed_convert_20101130160239 池袋西口彫刻014ed_convert_20101130160401 池袋西口彫刻015ed_convert_20101130160445 池袋西口彫刻016_convert_20101130160539
 空に遊ぶ・中井延也   風の中で・湯村光   FLYING OBJECT・岡本敦生  円の均衡・若林功
 
池袋西口公園‐中央・南東入口

池袋西口彫刻017_convert_20101130160652 池袋西口彫刻029_convert_20101130160838 池袋西口彫刻030_convert_20101130161002
 平和の像・竹内不忘          AI・麻生秀穂              KEI・麻生秀穂

池袋西口公園‐北東側・田園交響楽
駅から一番近い入口の一画に、高さ違いの柱が10本ほど立てられていて、その上にデフォルメされた動植物の彫像が作られている。人、亀、梟、カタツムリ、バッタ、白鳥、ゆりの花だろうと思われる。その他は不明だ。10種類の彫像が空に突き出したように立てられていて、それぞれの距離と高さとがバランスをとりながら、相互に共鳴しあい、ハーモニーを奏でながら一つのまとまりを構成している。そういった意味で、田園に生息する様々な生物を一体のものとして息づかせていく事は、まさに一つの交響楽を演奏するようなものだろう。

池袋西口彫刻033_convert_20101130180322 池袋西口彫刻035_convert_20101130180438
 田園交響楽・掛井五郎、加藤昭男

池袋西口彫刻019_convert_20101130170547 池袋西口彫刻023_convert_20101130170641 池袋西口彫刻024_convert_20101130170735 池袋西口彫刻025_convert_20101130170827池袋西口彫刻026_convert_20101130180220

芸術劇場‐周辺・1階・5階、池袋駅メトロポリタン口

芸術劇場が完成した時に、交響曲の演奏会の招待券が手に入って行った事がある。ドボルザークの『新世界』を聴いた事はよく覚えている。それ以来一度も入ったことがない。劇場の周りにはオブジェと彫像が3種類ある。マリーとシェリーは若い女性が道で立話をしている様子がリアルに表現されていて、街の情景に溶け込み今にもしゃべりだしそうな雰囲気を漂わせている。

劇場内に入るとロビーがかなり広い。5階まで吹き抜けになっているせいでより広く感ずる。エスカレーターが5階まで一直線に上っている。天井には金色の小さなパネルを幾つも吊り下げたオブジェがあり、エスカレータの裏には滝を表現したオブジェもある。1階の案内ポスターに囲まれるようにしてマーメードという彫像が立っている。大ホールがある5階に上がるとリトル・プリンセスの彫像があり、また「海の幸」というレリーフが飾られていた。

池袋西口彫刻036_convert_20101130160745 池袋西口彫刻037_convert_20101130165353 池袋西口彫刻051_convert_20101130165453
CRESCEND・CLEMENT MEADMORE   WAVING FIGURE・建畠覚造    マリーとシェリー・朝倉響子

池袋西口彫刻040_convert_20101130165558 池袋西口彫刻042_convert_20101130165658 ccc_convert_20101204205652.jpg
 マーメード・佐藤忠良        リトルプリンセス・マルトン・ラースロー  PROGRES・松阪節三(池袋駅)

東京都豊島合同庁舎
池袋西口彫刻058ed_convert_20101130182811 66.jpg
 REFLECTION・逢坂卓郎                椅子の振舞・金沢健一

(参考資料:「彫刻天国~東京パブリックアートガイド~豊島区の彫刻」HP)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。