スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももバー・ トータルケアプラン

1月21日(金)
 ももバーは大体毎回参加している。前回は10月29日に行われたが、発熱し微熱だったが、次の日に西武文理大学での講演があったので行くのを止めにした。その前が7月2日だったから、半年振りだという事になる。

今回の参加者は8名だった。いつもより多い。初めての人も何人か来ていた。二つの話が印象に残った。田中医師が「今までは入れなかった人のための保険-そんな人のための共済制度」トータルケアプランという保険会社を友人とともに設立した。その話がかなり中心的に行なわれた。

よくテレビドラマや小説で、子どもを抱えたシングルマザーの苦悩が語られることが多い。多くの悩みは子どもを抱えて働くことの難しさである。保育園がなかなか見つからない状態もある。保育園が見つかっても残業や休日出勤が出来ないので、それでなくても狭きも門である正社員の口が見つからないのが現状だ。

結局低賃金劣悪な労働条件の派遣やパートで働かざるを得ない。毎月家賃を払い将来展望のないぎりぎりの生活を強いられることになる。中には水商売で働かざるを得なくなる。

▼ ましてや障害児を抱えたシングルマザーの苦悩は計り知れない。生活保護を受けたとしても生活は苦しい。保育園で預かってくれる所は皆無といっていいほどだ。仕事も自宅での手内職位しかなく、子どもと向き合うだけの生活をせざるを得ず社会性が剥奪されていく。

病院の待合室に積み上げられていて無料で医療情報を提供していれる『ロハスメディカル』というパンフレットがあるが、ここで『救児の人々-医療にどこまで求めますか』という叢書を出版した。

そこに書かれたプロローグが障害児を抱えたシングルマザーの苦悩を端的に表現しているので引用してみたい。
「軽蔑していいですよ。子供が助からない方が、よかったのかもしれないと思うことがあるんですよ…。あの子は私みたいな親の元で障害を持って生まれちゃって、かわいそうですよね…。でも、私が思うのは、『産んでしまって、ごめんなさい』なんです。」

これは、31歳の時に妊娠25週で570グラムほどの男の子を出産したあるシングルマザーの言葉だ。その男の子、翔太君は、新生児集中治療管理室(NICU)に搬送され命を取り留め、今は3歳だ。しかし早産のためか、生まれつき脳に障害があり、母親と意思疎通することすらできない。世界有数の新生児医療があったからこそ、翔太君は生きている。一方でこのお母さんはキャリアを絶たれ、いつ終わるとしれない介護生活の中、「翔太を殺そうとしたことが何度もある」と言う。

 話は脇道にそれたが、田中医師の会社の「トータルケアプランⅢ」の内容は次のように書かれている。障害を持っている人の親は自分が亡くなったら、メンタルのサポートや経済的サポートが出来なくなる、という不安を持っている。このうち「一定のお金を遺して、それをも元手に施設なりに預かってもらって生きていく」事が出来るような共済保険に入りたい。

そのための、求められる共済は、死亡共済金がメインとなる。そして災害の時に倍額支払う」災害割増特約をつける。共済金額500万円、災害割増特約1000万円。保護者死亡の場合成人後見人制度を組み込む。

確かに毎月の保険料の支払いは生じてくるが、それが障害者として生きていかなければならない子どものためになるという安心を買うというのが保険の目的だ。

ともかく田中医師が友人と共に進めているのは、共済保険の会社は今までの保険会社で対象外になった人達をフォローするものだ。「持病があっても入れます」といったコマーシャルが流れているが、それでも多くの人達がそこから排除されている。

 トータルケアプラン
1、障害(身体、知的、精神)をお持ちの方々も加入できます。
2、持病のある方。ただし、持病と関係の無い病気やけがの場合も保証されます。
3、がんの既往症のある方。ただし、がんにかかった場合は、完治したと医者によって診断があっても5年以上経過後に再発入院した場合にがんの入院共済金が(50%)支払われます。
4、うつ病の方。

連絡先 
トータルケアプログラム事務局
〒101-0021 千代田区外神田1-1-5 昌平橋ビル2階
TEL:3526=8814 フリ-ダイヤル:0120-69-0059
http://www.mentalcare.co.jp          (つづく)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。