スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院27日目(近所の散歩)

3月1日(火)
2月7日から治療を始めてから、全く体を動かすことはなかった。トイレと洗面台までは5歩、シャワー室と採尿室まででも20歩で行ける。病棟から外に出られないので歩く距離は自ずと限られる。熱が出ていた時はもっと動きが限られていた。20日ほとんど動かないと人間の筋力は著しく低下する。脚の筋肉だけでなく全身の筋肉が退化する。

寝たきりだとどの位筋力が低下するか、「キル・ビル」というタランティーノの映画が印象に残っている。映画は毒蛇暗殺団の最強のエージェントであった主人公が自分の結婚式の最中に、かってのボスとその手下に襲われ頭を撃ち抜かれるが、4年間の昏睡状態から奇跡的に目を覚ます。

目を覚ました彼女は、自分が覚醒したことを知ったら組織はまた殺しにくるにではないかと病院を必死で抜け出そうとする。しかし体は4年間全く動かすことはなかったので、最初は指1本動かすことが出来なかった、何時もかけて少しづつ指から手、手から上半身が動かせるようになって来た。動き始めた手でツボを刺激しながら徐々に機能回復を図る。

しかし脚はどうしても動かせない。体全体を支える足の筋肉が一番回復に時間がかかる。彼女は這って駐車場まで行き、車を奪い手でクラッチとブレーキを操作しながら逃亡する。これは4年間体を動かさなかった例だが、ともかく体を動かさないとどれ程筋力が退化するかを表している。

今までの、体調もすぐれずベッド体操もやっていなかった。病院によってはリハビリ科が、ベッド体操のビデオを持って患者の指導に当たっている所もあるし、ベッド体操のパンフレットを配っている所もあるが、ここの病院ではそういったことは全くしていないので、自分でネットで調べて組み立ててやっていく他ない。起床前10分位やっている。始めたのは先週土曜日からだ。もっと早く始めればよかったと思う。

体にとって最高に良いのは当然ウォーキングだ。昨日白血球が上がった。ベッドを覆っていたビニールもはずれ、生物禁止食も解除された。今日からは少しづつ歩き始めよう。以前は病院の周りに遊歩道がありそこを回ったのだが病院の改築、改装工事で通れない。また周辺は工事現場で、黴や有害化学物質で極めて危険だ。人混みと工事現場は血液がん患者にとって、避けるべき場所だ。

最初のウオーキングは、天祖神社と吉祥寺を回って30分位のコースを歩くことにした。外の大気に触れるのは何日ぶりだろう。いつに間にか雨が降ったらしくコンクリートに濡れた跡がある。どんよりと曇り寒々とした情景だが、久しぶりなので新鮮な清々しい感じがする。天祖神社の境内には奉納されたという、赤梅、白梅、蝋梅がまだ小ぶりだが花を咲かせていた。途中古い民家に桃色の梅がこれはなかなか見事に咲いていた。

吉祥寺には鐘の前に蝋梅が咲いているだけで、本堂の前の大きな白梅は既に花を散らせてしまっていた。そこからまた病院にもどる。40分近くの散策だったが、まだ地に足がつかない感じだった。歩くことによって足腰の筋肉を鍛えるだけでなく臀筋や腹筋、また歩く時手を降れば胸や肩の筋肉まで鍛えられる。すっかり衰えてしまった筋肉を日常生活が可能になるまで元に戻さなければ。

梅002_convert_20110302153531 梅006_convert_20110302153846
 天祖神社の赤梅と蝋梅

梅013_convert_20110302153641 梅009_convert_20110302153915
 吉祥寺の鐘の前の蝋梅 ・ 民家の梅

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。